.
スポンサーリンク
These search terms have been highlighted:糖尿病

Return to 糖尿病
  • B型肝炎 (1217d) [ 概要 ]
    ...怠感、関節痛、筋肉痛が起こります。但しこれらの副作用は、IFNを継続して投与していくと徐々に落ち着き、数週後には現れなくなる場合が多いです。 また白血球、赤血球、血小板の減少が起こります。これはIFNが血球を作る骨髄の働きを抑えるためです。糖尿病の人、膠原病の人は、症状が悪化することがあります。また、稀に間質性肺炎を起こす場合もあります。その他、眼底出血、脱毛、タンパク尿などが現れることがあります。 核酸アナログ製剤 核酸アナログ製剤は、直接薬の力でHBVの増殖を抑えて肝炎を沈静化させます。薬...
  • GOT・GPT (4062d) [ GOT(AST)・GPT(ALT) ]
    ...は、100~500IUくらいの軽度ないし中等度の上昇をみせます。 慢性の肝障害では、一般にGOTのほうが高くなりますが、慢性肝炎でも活動期に入るとGPTが高くなります。 肝硬変ではGOTが高くなってGPTの2倍の数値を示します。 大酒飲み、糖尿病、脂肪肝では100IU以内の軽度の上昇がみられます。 心筋梗塞の場合は、GOTだけが上昇してGPTと比が5を超えます。 異常な場合に疑われる病気 ウイルス肝炎、劇症肝炎、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がん、アルコール性肝障害、薬剤性肝障害、脂肪肝、肝...
  • HbA1c (3043d) [ ヘモグロビンA1c ]
    ...したものがグリコヘモグロビンです。このグリコヘモグロビンには何種類かあり、糖尿病と密接な関係を有するものが、HbA1cです。 基準値 総ヘモグロビン中に含まれる割合 4.3~5.8%(NGSP値) 糖尿病診断基準 HbA1c値≧6.5%(NGSP値)国際標準 HbA1c値≧6.1%(JDS値) NGSP値...の注意 前日の夕食後は絶食します。 検査結果の判定 HbA1c値(NGSP値)が6.5%以上の場合、糖尿病型と判定し、糖尿病が強く疑われます。 異常な場合に疑われる病気 高値 糖尿病、腎...
  • IgG4関連疾患 (1208d) [ 概要 ]
    ...れることもあります。症状は無症状のこともありますが、冒される臓器により多少異なります。 症状 冒される臓器により異なります。 肺では喘息症状、涙腺・唾液腺では眼瞼や下顎部・耳下部の腫れ(時にドライアイや口腔乾燥を伴う)、胆管や膵臓では黄疸や糖尿病、腎臓・後腹膜では腎機能障害、尿管狭窄(水腎症)などが起こります。 原因 原因は不明ですが、何らかの免疫異常が関系していると考えられています。 免疫に関係する遺伝子が発症に関与する可能性がありますが、家族発症はほとんどなく、遺伝性疾患ではありません。 ...
  • Seebri Neohaler (1712d) [ グリコピロニウム臭化物 ]
    ...注意 副作用 アレルギー反応を示唆する徴候、特に血管浮腫(呼吸困難や嚥下障害、舌、唇、顔面の腫脹など)、じんま疹、皮膚発疹などがあらわれる場合がある。 発疹、掻痒、胃腸炎、過敏症、心房細動、不眠症、四肢の痛み、排尿障害、嘔吐、生産性咳および糖尿病を含む高血糖。 上気道感染、咽頭痛および鼻水 重大な副作用 狭角緑内障の悪化 急性狭角緑内障 目の痛みまたは不快感、吐き気または嘔吐、ぼやけた視界、ライト周辺のハローや明るい色を見る、赤い目 尿貯留 前立腺肥大または膀胱頚部閉塞を有する患者において、尿...
  • iPS細胞 (3123d) [ 人工多能性幹細胞 概要 ]
    ...S細胞から血小板を作って、遺伝子操作で拒絶反応を起こさないようにしたマウスに輸血し、止血効果が確認されている。 1型糖尿病 iPS細胞から膵臓の細胞をつくる技術が未完成である。 2009年にハーバード大学の研究グループが、1型糖尿病の患者の皮膚細胞からiPS細胞を樹立し、実際に培養皿の上でインスリン産生細胞に分化誘導できた報告がある。 腎臓 妊娠3カ月ごろの胎児にある尿を作り始める前の立体的な腎臓の組織を作ることに成功したことを、熊本大の西中村隆一教授と大学院生の太口敦博さんらが2013年12...
  • アイセントレス錠 (1509d) [ ラルテグラビルカリウム(Raltegravir potassium) ]
    ...皮下組織系--発疹、多汗症、紅斑、寝汗、乾皮症、痒疹、ざ瘡、脱毛症、そう痒症、蕁麻疹-過敏症下垂体・副腎皮質系免疫系代謝及び栄養体脂肪の再分布/蓄積(後天性リポジストロフィー、脂肪組織萎縮症、脂肪肥大症、顔のやせ、中心性肥満、異脂肪血症)-糖尿病、食欲亢進、食欲減退、過食、多飲症-内分泌筋骨格系及び結合組織障害--関節痛、筋痛、背部痛、筋骨格痛、筋萎縮症、骨粗鬆症、関節炎、頚部痛、多発性関節炎、側腹部痛、骨減少症、四肢痛-全身疲労-無力症、発熱、悪寒、熱感、顔面浮腫、末梢性浮腫、顎下腫瘤、疼痛...
  • アクテムラ皮下注 (1137d) [ トシリズマブ(tocilizumab) ]
    ...癬、角化症、脱毛症、皮下出血、皮膚乾燥嵌入爪、水疱、皮膚潰瘍皮膚嚢腫、ざ瘡代謝及び栄養コレステロール増加(18.3%)、LDL増加、トリグリセリド増加、高脂血症、HDL増加、高コレステロール血症、CK(CPK)上昇、LDH上昇血中尿酸増加、糖尿病増悪、血清フェリチン減少、血中リン減少高トリグリセリド血症、総蛋白減少、血中カリウム減少、血糖増加、血中リン増加、血中カルシウム減少筋骨格系及び結合組織障害-背部痛関節痛、筋痛〔筋痛、肩こり〕、骨粗鬆症、頚部痛、骨密度減少四肢痛、若年性関節炎増悪抵抗機...
  • アドバフェロン皮下注 (616d) [ インターフェロンアルファコン-1(遺伝子組換え)注射液(Interferon Alfacon-1(Genetical Recombination)) ]
    ...頭痛、関節痛などのインフルエンザ様症状、脱毛、不眠、胃不快感などが報告されています。 稀な副作用 間質性肺炎 発熱、から咳がでる、呼吸困難 抑うつ、自殺観念、自殺企図、躁状態、攻撃的行動 ゆううつ、全身倦怠感、気分が高ぶる、興奮、いらいら 糖尿病(インスリン依存型(IDDM)およびインスリン非依存型(NIDDM)) 口渇、多飲・多尿、疲れやすい 甲状腺機能亢進並びに低下の発症または悪化 (亢進)発汗、体重減少、脈が速くなる、(低下)寒気がする、顔がむくむ、倦怠感 重篤な肝障害、自己免疫性肝炎の...
  • アフィニトール錠 (923d) [ エベロリムス(Everolimus) ]
    ...、真菌、ウイルスあるいは原虫による重篤な感染症(ニューモシスチス肺炎を含む肺炎、アスペルギルス症、カンジダ症、敗血症等)や日和見感染 B型肝炎ウイルスの再活性化により、肝不全に至る場合がある。 腎不全 尿量減少、むくみ、のどの渇き 高血糖、糖尿病 易疲労感、体重減少、のどの渇き 血小板減少などの血液障害 貧血症状、発熱、出血傾向 ヘモグロビン減少、白血球減少、リンパ球減少、好中球減少、血小板減少 口内炎 口腔粘膜炎及び口腔内潰瘍等があらわれることがある。 アナフィラキシー様症状 全身のかゆみを...
  • アプルウェイ錠 (2950d) [ トホグリフロジン水和物(Tofogliflozin Hydlate) ]
    ...ェネリック医薬品 トホグリフロジン水和物(Tofogliflozin Hydlate) 選択的SGLT2阻害剤・2型糖尿病治療剤 アプルウェイ錠 (製薬会社:サノフィ株式会社) 作用と効果 腎臓に作用し、尿中へのグルコース排泄を促進することで、血糖を低下させます。 通常、2型糖尿病の治療に用いられます。 用法・用量 通常、成人はトホグリフロジンとして20mgを1日1回朝食前または朝食後に服用します。必ず指示された服用方法に従ってください。 飲み忘れた場合はけっして2日分を一度に飲まないで下さい...
  • アベマイド錠 (1131d) [ クロルプロパミド (Chlorpropamide) ]
    ...分泌を促進させて血糖(血液中の糖分)を下げます。通常、食事療法、運動療法で十分な結果が得られない、インスリン非依存型糖尿病(成人型糖尿病)の治療に用いられます。 用法・用量 通常、成人は1日1回主成分として100~125mgを朝食前または後に服用しますが、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。本剤は1錠中に主成分250mgを含有します。1日最高投与量は2錠(500mg)です。必ず指示された服用方法に従ってください。 飲み忘れた場合は、1回とばして次に飲む時間から飲んでください。絶...
  • アーチスト錠 (2367d) [ カルベジロール(Carvedilol) ]
    ...投与する場合には、頻脈性心房細動の用法及び用量は1日1回5mg投与から開始することに留意した上で、各疾患の指標となる血圧や心拍数、症状等に応じ、開始用量を設定すること。 副作用 主な副作用として、めまい、心不全の悪化、動悸、徐脈、血圧低下、糖尿病悪化、全身倦怠感、発疹などが報告されています。 稀な副作用 高度な徐脈、完全房室ブロック、心不全、心停止 息切れ、めまい、失神 ショック 顔面蒼白、冷汗、ふらつき 肝機能障害、黄疸 全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる 急性腎不全 全身倦怠感、...
  • イクセロンパッチ (1206d) [ リバスチグミン (Rivastigmine) ]
    ...痛傾眠、振戦-循環器 心臓--上室性期外収縮、頻脈、心房細動-血管-高血圧--消化器嘔吐、悪心下痢、腹痛、胃炎消化不良膵炎皮膚・皮下組織系接触性皮膚炎-発疹、湿疹、紅斑、そう痒症、多汗症、アレルギー性皮膚炎蕁麻疹、水疱代謝及び栄養食欲減退-糖尿病-全身疲労、無力症、けん怠感適用部位適用部位紅斑、適用部位そう痒感、適用部位浮腫適用部位皮膚剥脱、適用部位疼痛、適用部位亀裂、適用部位皮膚炎適用部位反応、適用部位腫脹、適用部位刺激感適用部位過敏反応感染症--尿路感染-その他--転倒・転落、末梢性浮腫縮...
  • ウェルナー症候群 (1161d) [ WS 概要 ]
    ...ts WS 概要 原因 WRN 症状 診療科 検査 診断基準 合併症 薬 糖尿病 脂質異常症、高LDLコレステロール血症 治療法 WS 概要 ウェルナー症候群...裂能の低下 線維芽細胞の染色体に転座(モザイク)を、高頻度に認める。 合併症 糖尿病 インスリン抵抗性を伴った糖尿病を高率に合併します。 脂質異常症、高LDLコレステロール血症 動脈硬化 四肢末端の難治性皮膚潰 皮膚の潰瘍が発生しやすく、難治性です。 悪性腫瘍 甲状腺がん、悪性線維性組織球腫、悪性黒色腫 骨粗鬆症 薬 糖尿病 (例)...
  • エビリファイ内用液 (3861d) [ アリピプラゾール (Aripiprazole) ]
    ...ムズムズする感じがする)、振戦(手足の震え)、不安、体重減少、筋強剛、食欲不振などが報告されています。 稀な副作用 糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡 口渇、多飲(よく水を飲む)、多尿 悪性症候群 動かずだまっている、筋肉のこわばり、急激な発熱 遅発性ジスキネジア 口周部などの不随意運動(舌を動かし、絶えず噛むような口の動き) 麻痺性イレウス 吐き気・嘔吐、著しい便秘、激しい腹痛 横紋筋融解症 脱力感、筋肉の痛み、赤褐色尿 ジェネリック医薬品  (製薬会社:)
  • エビリファイ錠 (383d) [ アリピプラゾール(Aripiprazole) ]
    ...イレウスに移行することがある。 アナフィラキシー 横紋筋融解症 CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇等 糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡 口渇、多飲、多尿、頻尿、多食、脱力感 等の症状があらわれる。 低血糖 脱力感、倦怠感、冷汗、振戦、傾眠、意識障害等の低血糖症状 痙攣 無顆粒球症、白血球減少 肺塞栓症、深部静脈血栓症 肺塞栓症、静脈血栓症等の血栓塞栓症 息切れ、胸痛、四肢の疼痛、浮腫 等があらわれる。 肝機能障害 AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、Al-Pの上...
  • オイグルコン錠 (1182d) [ グリベンクラミド(Glibenclamide) ]
    ...ネリック医薬品 グリベンクラミド(Glibenclamide) 経口血糖降下剤 オイグルコン錠 (製薬会社:中外製薬株式会社) 作用と効果 すい臓に作用し、インスリン分泌を促進して、血糖(血液中の糖分)を下げます。 通常、インスリン非依存型糖尿病(ただし、食事療法・運動療法のみで十分な効果が得られない場合に限る。)の治療に用いられます。 用法・用量 通常、1回主成分として1.25〜2.5mgを1日1回(朝食前または食後)、または1回0.625〜1.25mgを1日2回...
  • カナグル錠 (2823d) [ カナグリフロジン水和物(Canagliflozin hydrate) ]
    ...用 ジェネリック医薬品 カナグリフロジン水和物(Canagliflozin hydrate) SGLT2阻害剤・2型糖尿病治療剤 カナグル錠 (製薬会社:田辺三菱製薬株式会社) 作用と効果 腎臓で糖を再吸収する役割を持つたんぱく質(SGLT2)を阻害し、血中に過剰に存在する糖を尿中へ排せつすることで血糖値を下げます。 通常、2型糖尿病の治療に用いられます。 用法・用量 通常、成人は1回1錠(カナグリフロジンとして100mg)を1日1回朝食前または朝食後に服用します。必ず指示された服用方法に従っ...
  • グラクティブ錠 (380d) [ シタグリプチンリン酸塩水和物 (Sitagliptin phosphate hydrate) ]
    ...iptin phosphate hydrate) 選択的DPP-4阻害剤 糖尿病用剤 グラクティブ錠 (製薬会社:製造販売 小野薬品工業株式会社) 作用と効果...用並びにグルカゴン濃度低下作用を増強し血糖コントロールを改善します。通常、2型糖尿病の治療に用いられます。 用法・用量 腎機能が正常あるいは低下していても軽度な方...%未満頻度不明肝胆道系-肝機能異常--神経系-浮動性めまい、感覚鈍麻-頭痛眼-糖尿病網膜症の悪化--耳-回転性めまい--循環器・心臓-上室性期外収縮、心室性期外収縮、...
  • グラセプターカプセル (3853d) [ タクロリムス水和物 (Tacrolimus hydrate) ]
    ...経系障害 けいれん、麻痺、言語障害 血栓性微小血管障害 出血傾向、疲れやすい、むくみ 皮膚粘膜眼症候群 発熱、紅斑、水疱・びらん 呼吸困難 呼吸困難、息苦しい 感染症 発熱、全身倦怠感、かぜのような症状 膵炎 激しい上腹部痛、発熱、吐き気 糖尿病、高血糖 口渇、多飲・多尿、疲れやすい ジェネリック医薬品  (製薬会社:)
  • グリコヘモグロビン (3043d) [ HbA1c ]
    ...したものがグリコヘモグロビンです。このグリコヘモグロビンには何種類かあり、糖尿病と密接な関係を有するものが、HbA1cです。 赤血球に含まれ、酸素を運ぶ働きを...いたものがグリコヘモグロビンといいます。これには、いくつかの種類がありますが、糖尿病と密接な関係を有するものが、HbA1cです。 基準値 総ヘモグロビン中に含まれる割合 4.3~5.8%(NGSP値) 糖尿病診断基準 HbA1c値≧6.5%(NGSP値)国際標準 HbA1c値≧6.1%(JDS値) NGSP値では、JDS値よりおよそ...
  • グリミクロン錠 (1124d) [ グリクラジド(Gliclazide) ]
    ...) 作用と効果 すい臓に作用し、インスリン分泌を促進させて血糖(血液中の糖分)を下げます。 通常、インスリン非依存型糖尿病(成人型糖尿病)の治療に用いられます。 用法・用量 グリミクロン錠 通常、成人は1日1錠(主成分として40mg)より開始し、1日1~2回(朝または朝夕)食前または食後に服用します。維持量は通常1日1~3錠(40~120mg)ですが、最大1日4錠(160mg)です。必ず指示された服用方法に従ってください。 グリミクロンHA錠 通常、成人は1日2錠(主成分として40mg)より開...
  • グロウジェクト注射用 (2569d) [ ソマトロピン(遺伝子組み換え)(Somatropin genetical recombination) ]
    ...ください。   副作用 主な副作用として、関節痛、浮腫、四肢痛、めまいなどが報告されています。 稀な副作用 けいれん 筋肉が発作的に収縮する 甲状腺機能亢進症 発汗、体重減少、頻脈 ネフローゼ症候群 尿量減少、全身の著明なむくみ、呼吸困難 糖尿病 口渇、多飲、多尿 ジェネリック医薬品
  • コペガス錠 (3862d) [ リバビリン (Ribavirin) ]
    ...る、考えがまとまらない、判断力の低下、筋肉のつっぱりやけいれん、発作前の記憶がない、自分のいる場所や時間、自分や人の名前などがわからなくなる、実際にはない物が見えたり聞こえたりするように感じる、物忘れがひどい、覚えられない、計算ができない 糖尿病 水を多く飲む、尿の量が増える、からだがだるい、体重が減る、のどの渇き 甲状腺機能異常 甲状腺のはれ、不眠、体重が減る、汗をかきやすい、眼球突出、胸がドキドキする、手のふるえ、からだがだるい、動作やしゃべり方が遅い、むくみ、寒がりになる 皮膚粘膜眼症候...
  • コリンエステラーゼ (4041d) [ ChE ]
    ...変重要な検査となっています。 脂肪肝やネフローゼ症候群、甲状腺機能亢進症、糖尿病、高脂血症、原発性肝がんなどの場合には、数値が上昇することが分っています。 ど...くられる量が増えていることになりますが、その場合には甲状腺機能亢進症、脂肪肝、糖尿病、高脂血症、原発性肝がんなどが考えられます。 また、ネフローゼ症候群でも高値に...、農業中毒、劇症肝炎など。 高値 ネフローゼ症候群、甲状腺機能亢進症、脂肪肝、糖尿病、高脂血症、原発性肝がんなど。
  • コートン錠 (385d) [ コルチゾン酢酸エステル (Cortisone acetate) ]
    ...。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。 副作用 主な副作用として、満月様顔貌、食欲亢進、体重増加、むくみ、不眠などが報告されています。 重大な副作用 誘発感染症、感染症の増悪 発熱、咽頭痛、咳 続発性副腎皮質機能不全、糖尿病 全身倦怠感、吐き気・嘔吐、口渇 消化性潰瘍、膵炎 みぞおちの痛みや圧痛、胸やけ、嘔吐 精神変調、うつ状態、痙攣 骨粗鬆症、大腿骨および上腕骨などの骨頭無菌性壊死、ミオパシー 腰背部痛、股関節痛 緑内障、後嚢白内障 激しい眼痛、頭痛、吐き気 血栓症 そ...
  • サインバルタカプセル (1227d) [ デュロキセチン塩酸塩(Duloxetine hydrochloride) ]
    ...系の痛みを抑制する経路に作用し、痛みを和らげます。通常、うつ病、うつ状態や糖尿病性神経障害にともなう疼痛の治療に用いられます。 糖尿病性神経障害、線維筋痛症、慢性腰痛症、変形性関節症 に伴う疼痛 用法・用量 うつ病・うつ状態,糖尿病性神経障害に伴う疼痛 通常、成人には1日1回朝食後、デュロキセチンとして40mgを経口投与する。投与は1日20mgより開始し、1週間以上の間隔を空けて1日用量として20mgずつ増量する。 なお、効果不十分な場合には、1日60mgまで増量することができる。 線維筋痛症...
  • サムスカ錠 (236d) [ トルバプタン(Tolvaptan) ]
    ...口唇炎、口内炎、口の感覚鈍麻、臍ヘルニア、食欲亢進、呼気臭、痔核過敏性腸症候群皮膚・皮下組織系-皮膚乾燥脱毛、ざ瘡、皮膚炎、色素沈着障害、爪の障害、多汗、乏汗、寝汗-過敏症-発疹、そう痒蕁麻疹-代謝及び栄養血中尿酸上昇脱水、高カリウム血症、糖尿病、高血糖、脂質異常症、痛風血液浸透圧上昇、血液量減少症、低カリウム血症、高カルシウム血症、低ナトリウム血症、低血糖、低リン酸血症、CK(CPK)上昇血中抗利尿ホルモン増加その他疲労、多飲症体重変動(増加、減少)、無力症、倦怠感、浮腫、筋骨格痛、筋痙縮、...
  • ザファテック錠 (1240d) [ トレラグリプチンコハク酸塩(Trelagliptin Succinate) ]
    ...cinate) 作用と効果 用法・用量 生活上の注意 副作用 重大な副作用 重大な副作用(類薬) その他の副作用 その他の副作用 トレラグリプチンコハク酸塩(Trelagliptin Succinate) 持続性選択的DPP-4阻害剤 2型糖尿病治療剤 ザファテック錠 (製薬会社:武田薬品工業株式会社) 作用と効果 ザファテックは、週1回投与で良好な血糖コントロールをもたらすDPP-4(ジペプチジルペプチダーゼ)阻害剤です。 本剤は、血糖調節において重要な役割を担うインクレチンホルモンであるグ...
  • ジェノトロピンゴークイック注用 (1206d) [ ソマトロピン(Somatropin)遺伝子組換え(genetical recombination) ]
    ...、浮腫、筋脱力、感情不安定、無気力・集中力低下、関節痛、湿疹、発疹などが報告されています。 稀な副作用 痙攣 筋肉が発作的に収縮する 甲状腺機能亢進症 発汗、体重減少、脈拍数の増加 ネフローゼ症候群 全身の著明なむくみ、尿量減少、呼吸困難 糖尿病 口渇、多量の水を飲む、疲れやすい
  • ジプレキサザイディス錠 (3329d) [ オランザピン(olanzapine) ]
    ...る事ができない)、食欲亢進、口渇、倦怠感、鎮静(心が落ちつく)、過眠症などが報告されています。 稀な副作用 高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡 口渇、多飲、多尿 低血糖 脱力感、倦怠感、冷汗 悪性症候群 急激な発熱、脈が早くなる、筋肉のこわばり 横紋筋融解症 筋肉痛、脱力感、赤褐色尿 無顆粒球症、白血球減少 発熱、咽頭痛、筋肉痛 ジェネリック医薬品
  • ジャヌビア錠 (380d) [ シタグリプチンリン酸塩水和物 (Sitagliptin phosphate hydrate) ]
    ...iptin phosphate hydrate) 選択的DPP-4阻害剤 糖尿病用剤 ジャヌビア錠 (製薬会社:製造販売元 MSD株式会社) 作用と効果 血糖...並びにグルカゴン濃度低下作用を増強し血糖コントロールを改善します。 通常、2型糖尿病の治療に用いられます。 用法・用量 腎機能が正常あるいは低下していても軽度な方...%未満頻度不明肝胆道系-肝機能異常--神経系-浮動性めまい、感覚鈍麻-頭痛眼-糖尿病網膜症の悪化--耳-回転性めまい--循環器・心臓-上室性期外収縮、心室性期外収縮、...
  • スプレキュア点鼻液 (88d) [ ブセレリン酢酸塩(Buserelin acetate) ]
    ...正出血があらわれることがある。 卵巣のう胞破裂 膨満感、下腹部痛(圧痛等)等があらわれることがある。 腹がはる、下腹部の激しい痛み 肝機能障害、黄疸 AST(GOT)、ALT(GPT)の上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがある。 糖尿病の発症又は増悪 その他の副作用 副作用3%以上0.1~3%未満0.1%未満頻度不明肝臓-AST(GOT)、ALT(GPT)、LDH、ビリルビン上昇Al‐P、γ‐GTP上昇-低エストロゲン症状ほてり、腟炎、性交痛、視力異常、眼精疲労-リビドー減退、外陰部...
  • スーグラ錠 (1287d) [ イプラグリフロジンL-プロリン(Ipragliflozin L-Proline) ]
    ...ragliflozin L-Proline) 選択的SGLT2阻害剤 2型糖尿病治療剤 スーグラ錠 (製薬会社:アステラス製薬株式会社) 作用と効果 腎臓で糖...を阻害することで、過剰な糖を尿と一緒に排出させて血糖値を下げます。 通常、2型糖尿病の治療に用いられます。 2型糖尿病 1型糖尿病 2018年12月21日、アステラス製薬は、日本において「1型糖尿病」の効能・効果および用法・用量追加の承認を取得した。 効能又は効果に関連する使用上の注意 効能共通 重度の腎機能障害のある患者又は透析中...
  • セイブル錠 (3043d) [ ミグリトール(Miglitol) ]
    ...iglitol) 作用と効果 用法・用量 副作用 稀な副作用 ジェネリック医薬品 ミグリトール(Miglitol) 糖尿病食後過血糖改善剤 セイブル錠 (製薬会社:株式会社三和化学研究所) 作用と効果 炭水化物をブドウ糖に分解する酵素を阻害し、糖の消化吸収を遅延させることにより食後の過血糖を改善します。 通常、糖尿病の食後過血糖の改善に用いられます。 用法・用量 通常、成人は1回1錠(主成分として50mg)を1日3回食直前に服用します。効果が不十分な場合には、1回量を1.5錠(75mg)まで増...
  • セルセプトカプセル (106d) [ ミコフェノール酸 モフェチル(Mycophenolate mofetil) ]
    ...・排ガスの停止 重度の下痢 汗をかく、泥状の便、水のような便、激しい腹痛、吐き気 アシドーシス 考えがまとまらない、手足のふるえ、深く大きい呼吸、判断力の低下、意識の低下 低酸素症 頭が重い、息苦しい、短時間呼吸が停止する、めまい、脱力感 糖尿病 水を多く飲む、尿の量が増える、からだがだるい、体重が減る、のどの渇き 症脱水 意識がうすれる、深く大きい呼吸、手指のふるえ、考えがまとまらない、判断力の低下、からだがだるい、尿量が減る、のどが渇く 血栓症 脳梗塞、網膜静脈血栓症、動脈血栓症があらわれ...
  • セロクエル錠 (1234d) [ クエチアピンフマル酸塩(Quetiapine fumarate) ]
    ...)、構音障害(はっきり言えない)、頻脈、便秘、食欲不振、倦怠感、無力症などが報告されています。 稀な副作用 高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡 口渇、多飲・多尿、頻尿 [] 低血糖 脱力感、冷汗、手足の震え 悪性症候群 筋肉のこわばり、嚥下(飲み下し)困難、発汗 横紋筋融解症 筋肉痛、脱力感、赤褐色尿 痙攣 けいれん
  • ソル・メドロール静注用 (1197d) [ メチルプレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム(Methylprednisolone Sodium Succinate) ]
    ...ります。使い始める前に医師または薬剤師に告げてください。 消化性潰瘍、憩室炎のある人 最近、腸の吻合手術を受けた人 糖尿病 の人 感染症にかかっている人 結核にかかっている人 単純疱疹性角膜炎の人 骨粗鬆症 の人 精神病の人 後のう白内障の人...、どうしたらよいかわからない、やる気がおきない、気分がふさぎ込む、上機嫌、情緒不安、不眠、眠りが浅い、夜中に目がさめる 糖尿病 とうにょうびょう からだがだるい、体重が減る、のどの渇き、水を多く飲む、尿の量が増える 緑内障 頭痛、眼の痛み、視力の低下...
  • タシグナカプセル (1207d) [ ニロチニブ塩酸塩水和物 (Nilotinib hydrochloride hydrate) ]
    ...角化蕁麻疹、挫傷、皮膚乳頭腫、皮膚疼痛、ざ瘡斑状出血、光線過敏、水疱、結節性紅斑、皮膚嚢腫、皮膚萎縮、脂腺過形成、皮膚肥厚、皮膚変色、顔面腫脹、剥脱性発疹、多形紅斑手足症候群、点状出血、皮膚潰瘍代謝及び栄養高コレステロール血症(5.4%)、糖尿病、食欲不振、高尿酸血症、脂質異常症、高トリグリセリド血症-痛風、低血糖脱水、食欲亢進内分泌--甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、続発性副甲状腺機能亢進症甲状腺炎筋骨格系及び結合組織障害筋骨格痛(17.1%)、関節痛(8.6%)、筋痙縮(8.3%)、背...
  • テネリア錠 (2787d) [ テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物(Teneligliptin hydrobromide hydrate) ]
    ...水素酸塩水和物(Teneligliptin hydrobromide hydrate) 選択的DPP-4阻害剤・2型糖尿病治療剤 テネリア錠 (製薬会社:田辺三菱製薬株式会社) 作用と効果 血糖値を調節するホルモンであるインクレチンを分解する酵素を阻害し、血糖値に応じてインスリンの分泌を促進するなどして、血糖コントロールを改善します。 通常、2型糖尿病の治療に用いられます。 用法・用量 通常、成人は1回1錠(テネリグリプチンとして20mg)を1日1回服用しますが、効果が不十分な場合には1回2錠...
  • デアメリンS錠 (1205d) [ グリクロピラミド(Glyclopyramide) ]
    ...用法・用量 副作用 稀な副作用 グリクロピラミド(Glyclopyramide) 経口血糖降下剤 デアメリンS錠 (製薬会社:杏林製薬株式会社) 作用と効果 すい臓に作用し、インスリン分泌を促進して血糖を下げます。 通常、インスリン非依存性糖尿病の治療に用いられます。 用法・用量 通常、1日1/2~1錠(主成分として125~250mg)を服用し、必要に応じ適宜増量され、維持量が定められます。ただし、1日最高量は2錠(500mg)とされています。1日1回服用では朝食前または後、2回服用では朝夕の...
  • デカドロンエリキシル (3849d) [ デキサメタゾン (Dexamethasone) ]
    ...い。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。 副作用 主な副作用として、満月様顔貌、食欲亢進、体重増加、むくみ、不眠などが報告されています。 稀な副作用 誘発感染症、感染症の増悪 発熱、咽頭痛、咳 続発性副腎皮質機能不全、糖尿病 全身倦怠感、吐き気・嘔吐、口渇 骨粗鬆症、大腿骨および上腕骨などの骨頭無菌性壊死、ミオパシー、脊椎圧迫骨折、長骨の病的骨折 腰背部痛、股関節痛  消化性潰瘍、消化管穿孔、膵炎 みぞおちの痛みや圧痛、胸やけ、嘔吐 緑内障、後嚢白内障 激しい眼痛、頭痛、...
  • デカドロン錠 (105d) [ デキサメタゾン (Dexamethasone) ]
    ...果を期待し得ないと推定される場合にのみ用いること 用法・用量 副作用 主な副作用として、満月様顔貌、食欲亢進、体重増加、むくみ、不眠などが報告されています。 重大な副作用 誘発感染症、感染症の増悪 発熱、咽頭痛、咳 続発性副腎皮質機能不全、糖尿病 全身倦怠感、吐き気・嘔吐、口渇 消化性潰瘍、消化管穿孔、膵炎 みぞおちの痛みや圧痛、胸やけ、嘔吐 精神変調、うつ状態、痙攣 骨粗鬆症、大腿骨および上腕骨などの骨頭無菌性壊死、ミオパシー、脊椎圧迫骨折、長骨の病的骨折 腰背部痛、股関節痛 緑内障、後嚢白...
  • デベルザ錠 (2950d) [ トホグリフロジン水和物(Tofogliflozin Hydrate) ]
    ...ェネリック医薬品 トホグリフロジン水和物(Tofogliflozin Hydrate) 選択的SGLT2阻害剤・2型糖尿病治療剤 デベルザ錠 (製薬会社:興和株式会社) 作用と効果 腎臓に作用し、尿中へのグルコース排泄を促進することで、血糖を低下させます。 通常、2型糖尿病の治療に用いられます。 用法・用量 通常、成人はトホグリフロジンとして20mgを1日1回朝食前または朝食後に服用します。必ず指示された服用方法に従ってください。 飲み忘れた場合はけっして2日分を一度に飲まないでください。気が...
  • トレシーバ注フレックスタッチ (2048d) [ インスリン デグルデグ(遺伝子組換え)(Insulin Degludec Genetical Recombination) ]
    ...糖の取り込みを促進し、血糖値を下げます。 通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。 用法・用量 通常、成人は初期に1回4~20単位を1日1...囲の人にも知らせておいてください。 副作用 主な副作用として、成人では低血糖、糖尿病網膜症の顕在化または増悪、体重増加などが、小児では注射部位反応、低血糖などが報...上昇 等肝胆道系腎臓泌尿器生殖系及び乳房精神神経系-頭痛、めまい--感覚器眼-糖尿病網膜症の顕在化又は増悪--耳循環器 心臓血管呼吸器消化器皮膚・皮下組織系---アレ...
  • トレシーバ注ペンフィル (2500d) [ インスリン デグルデク(遺伝子組換え)(Insulin Degludec Genetical Recombination) ]
    ...で、細胞のインスリン受容体に結合してブドウ糖の取り込みを促進し、血糖値を下げます。 通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。 用法・用量 通常、成人は初期に1回4~20単位を1日1回、専用のインスリン注入器を用いて皮下注射...症の予防と処置法に十分留意し、必ず家族や周囲の人にも知らせておいてください。 副作用 主な副作用として、成人では低血糖、糖尿病網膜症の顕在化または増悪、体重増加などが、小児では注射部位反応、低血糖などが報告されています。 稀な副作用 低血糖 脱力・倦...
  • ニューロタン錠 (3663d) [ ロサルタンカリウム(Losartan potassium) ]
    ...の悪化を抑える働きがあります。通常、高血圧症、高血圧および蛋白尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症の治療に用いられます。 用法・用量 高血圧症 通常、成人は1回1~2錠(主成分として25~50mg)を1日1回服用します。年齢、症状により適宜増減され、1日4錠(100mg)まで増量されることがあります。必ず指示された服用方法に従ってください。 高血圧および蛋白尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症 通常、成人は1回2錠(主成分として50mg)を1日1回服用しますが、血圧値により1日4錠(100...
  • ネフローゼ症候群 (3349d) [ 概要 ]
    ...)や、コレステロールなどの脂質の上昇などが起こる病気です。 分類 この症候群には、いろいろな腎疾患が含まれていて、ひとつの疾患ではありません。 一次性(原発性)ネフローゼ症候群 原発性糸球体疾患によるもの 二次性(続発性)ネフローゼ症候群 糖尿病性腎症、膠原病、アミロイドーシスなどの全身の病気によるもの。 微小変化型ネフローゼ症候群 15歳以下に発症するもの 膜性腎症を中心とした他の組織型 50歳以上に発症するもの 原因 糸球体基底膜の高分子蛋白(主にアルブミン)*1の透過性亢進により高度の蛋...
  • ノボラピッド注フレックスペン (3764d) [ インスリン アスパルト(遺伝子組換え)(Insulin aspart(genetical recombination)) ]
    ...ボノルディスクファーマ株式会社) 作用と効果 膵臓ホルモンの一つインスリンと、構造が少し異なるインスリン(インスリンアナログ)で、細胞のインスリン受容体に結合してブドウ糖の取り込みを促進し、血糖値を下げます。通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。 用法・用量 ノボラピッド注フレックスペン 持続型インスリン製剤と併用される超速効型インスリンアナログ製剤で、通常、成人は初期に1回主成分として2~20単位を毎食直前に皮下注射します。注射量は症状や検査所見に応じて適宜増減されます...
  • ノルディトロピン フレックスプロ注 (1662d) [ ソマトロピン(Somatropin)遺伝子組換え(genetical recombination) ]
    ...告されています。 重大な副作用 O脚の悪化 直立したときに両膝がつかない けいれん 筋肉が発作的に収縮する 甲状腺機能亢進症 発汗、体重減少、脈拍数の増加 ネフローゼ症候群 全身の著明なむくみ、尿量減少、呼吸困難 浮腫、尿蛋白、低蛋白血症 糖尿病 口渇、多量の水を飲む、疲れやすい その他の副作用 副作用0.1%以上-0.1%未満頻度不明血液及びリンパ系障害肝臓AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇---肝胆道系腎臓泌尿器生殖系及び乳房精神系神経系頭痛、倦怠感、感覚障害(しび...
  • バベンチオ点滴静注 (156d) [ アベルマブ(遺伝子組換え) ]
    ...、甲状腺炎 等の甲状腺機能障害があらわれることがある。 副腎機能障害 1型糖尿病 1型糖尿病があらわれ、糖尿病性ケトアシドーシスに至るおそれがある。 口渇、悪心、嘔吐 等の症状や血糖値の上昇 心筋炎 胸痛、CK(CPK)上昇、心電図異常 等 神経障害 末梢性ニューロパチー、ギラン・バレー症候群 等の神経障害があらわれることがある。 腎障害 急性腎障害、尿細管間質性腎炎 等の腎障害があらわれることがある。 筋炎、横紋筋融解症 筋力低下、筋肉痛、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇等 ...
  • ヒュミラ皮下注 (275d) [ アダリムマブ(遺伝子組換え)(Adalimumab(genetical recombination) ]
    ...血管浮腫,斑状出血,脂肪織炎,血管神経性浮腫,皮膚血管炎代謝及び栄養-血中トリグリセリド上昇,血中尿酸増加,血中コレステロール上昇,乳酸脱水素酵素 (LDH) 上昇,体重増加,高血糖,CK (CPK) 上昇,CRP上昇,体重減少,高脂血症,糖尿病血中リン減少,食欲不振,血中アルブミン減少,総蛋白増加,血中カリウム減少,血中カルシウム減少,血中カルシウム増加,血中クロール減少,血中コレステロール減少,血中ナトリウム減少,血中トリグリセリド減少,CK (CPK) 減少,総蛋白減少,脱水,高カリウム...
  • ビラセプト錠 (3544d) [ ネルフィナビルメシル酸塩(Nelfinavir mesilate) ]
    ...場合は医師または薬剤師に相談してください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。 副作用 主な副作用として、下痢、嘔気、腹部膨満感、後天性リポジストロフィー(いかり肩)、頭痛、脱力感などが報告されています。 稀な副作用 糖尿病、血糖値の上昇 口渇・多飲、多尿、易疲労感 出血傾向(脳・縦隔・関節の内出血など) 鼻血、歯ぐきの出血、紫斑、出血が止まりにくい ジェネリック医薬品
  • ファスティック錠 (1209d) [ ナテグリニド(Nateglinide) ]
    ...用と効果 膵臓にあるランゲルハンス島のβ細胞を刺激して、食後の早期のインスリン分泌を促進し、血糖上昇を抑えます。2型糖尿病の食後高血糖を改善し、さらに食後血糖2時間値、HbA1c値も低下させます。通常、2型糖尿病における食後血糖推移の改善に用いられます。 用法・用量 通常、成人は1回3錠(主成分として90mg)を1日3回毎食直前(食前10分以内)に服用します。効果が不十分な場合には、1回量を4錠(120mg)まで増量されることがあります。必ず指示された服用方法に従ってください。 食事を始めた後...
  • フルクトサミン (4041d) [ フルクトサミン検査 ]
    ...す。 検査を受ける時の注意 食事などの制限はありません。 検査結果の判定 糖尿病の治療中の人が高値を示したら、最近2週間の血糖のコントロールが良好でなかったといえます。一般の人が基準値を超えていれば、糖尿病の検査をすることが必要です。 一方、低タンパクの場合は低値を示すので、肝硬変、ネフローゼ症候群、栄養失調などを考える必要があります。また、糖尿病の人の場合は、合併症として腎症や代謝障害を起こすことがあるので、低値になったときに合併症に対する注意が必要です。 異常な場合に疑われる病気 高値 糖...
  • ブリプラチン注 (3354d) [ シスプラチン注射液 ]
    ...、吐き気、嘔吐、腹痛、血が混ざった便、黒色便、 消化性潰瘍 胸やけ、胃もたれ、背中の痛み 消化管穿孔 吐き気、激しい腹痛、嘔吐 急性膵炎 発熱、吐き気、嘔吐、急に激しくおなかが痛む、急に激しく腰や背中が痛む 高血糖 からだがだるい、脱力感 糖尿病の悪化 からだがだるい、体重が減る、のどの渇き、水を多く飲む、尿の量が増える 横紋筋融解症 脱力感、手のしびれ、手足のこわばり、足のしびれ、筋肉の痛み、赤褐色尿 白質脳症(可逆性後白質脳症症候群を含む) けいれん、ふらつき、ぼんやりする、意識がなくなる...
  • プレドニゾロン錠 (3651d) [ プレドニゾロン(Prednisolone) ]
    ...きび、多毛、脱毛、色素沈着、皮下出血、あざ、皮膚のすじ状変化、かゆみ、発汗異常、脂肪織炎(皮下脂肪の炎症)、発疹などが報告されています。 稀な副作用 誘発感染症、感染症の増悪 かぜのような症状、からだがだるい、発熱 続発性副腎皮質機能不全、糖尿病 吐き気、のどが渇く、疲れやすい 消化管潰瘍、消化管穿孔、消化管出血、膵炎 吐き気、便が黒くなる、腹痛 精神変調、うつ状態、痙攣 気分が落ち込む、やる気がおきない、けいれん 骨粗鬆症、大腿骨及び上腕骨等の骨頭無菌性壊死、ミオパチー 腰・背中の痛み、関節...
  • プレドニン錠 (1201d) [ プレドニゾロン(Prednisolone) ]
    ...受診してください。授乳中の方は、この薬を飲んでいる間は授乳を避けてください。 副作用 主な副作用として、満月様顔貌、発疹などが報告されています。 稀な副作用 誘発感染症、感染症の増悪 かぜのような症状、倦怠感、発熱 続発性副腎皮質機能不全、糖尿病 吐き気、のどが渇く、疲れやすい 消化管潰瘍、消化管穿孔、消化管出血 吐き気、便が黒くなる、腹痛 精神変調、うつ状態、けいれん 気分が落ち込む、やる気がおきない、筋肉の発作的な収縮 骨粗鬆症、大腿骨および上腕骨などの骨頭無菌性壊死、ミオパチー 腰・背中...
  • プレドハン錠 (3412d) [ プレドニゾロン(Prednisolone) ]
    ...剤師に相談してください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。 副作用 主な副作用として、発疹、満月様顔貌などが報告されています。 稀な副作用 誘発感染症、感染症の増悪 かぜ様症状、倦怠感、発熱 続発性副腎皮質機能不全、糖尿病 全身倦怠感、吐き気、口渇 消化管潰瘍、消化管穿孔、消化管出血 腹痛、吐き気、黒色便 膵炎 激しい上腹部・腰背部の痛み、嘔吐 精神変調、うつ状態、痙攣 気分が落ち込む、やる気がおきない、けいれん 骨粗鬆症、大腿骨・上腕骨等の骨頭無菌性壊死、ミオパチー ...
  • プレロン錠 (3450d) [ プレドニゾロン(Prednisolone) ]
    ...状の変化)、かゆみ、発汗異常、脂肪織炎(皮下脂肪の痛み・しこり)、発熱、ステロイド腎症(むくみ)、体重増加、尿路結石、創傷治癒障害、皮膚・結合組織の菲薄化・脆弱化などが報告されています。 稀な副作用 誘発感染症、感染症の憎悪 感染症の悪化 糖尿病 口渇、多飲・多尿、体重減少 消化性潰瘍 胃痛、嘔吐、吐血・下血 膵炎 腹痛・背部痛・腰痛、発熱、吐き気・嘔吐 精神変調、うつ状態、痙攣 幻覚、興奮する、気分がふさぎ込む、けいれん ジェネリック医薬品
  • プログラフカプセル (1212d) [ タクロリムス水和物 (Tacrolimus hydrate) ]
    ... 発熱、全身倦怠感、かぜのような症状 進行性多巣性白質脳症(PML) 意識障害、認知障害、麻痺症状(片麻痺、四肢麻痺)、言語障害 等の症状があらわれることがある。 BKウイルス腎症 リンパ腫等の悪性腫瘍 膵炎 激しい上腹部痛、発熱、吐き気 糖尿病、高血糖 口渇、多飲・多尿、疲れやすい 肝機能障害、黄疸 AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、Al-P、LDHの著しい上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがある。 その他の副作用 副作用5%以上1~5%未満1%未満頻度不明血液及びリ...
  • ベイスン錠 (3807d) [ ボグリボース (Voglibose) ]
    ...物をブドウ糖に分解する酵素を阻害し、小腸からのブドウ糖の吸収を遅らせます。糖尿病・耐糖能異常により、食後血糖値が急激に上昇するのを抑えます。通常、糖尿病の治療、耐糖能異常における2型糖尿病の発症の抑制に用いられます。 用法・用量 糖尿病 通常、成人は1回1錠(主成分として0.2mg)を1日3回毎食直前に服用します。効果不十分な場合は1回1.5錠(0.3mg)まで増量し1日3回毎食直前に服用します。 耐糖能異常における2型糖尿病発症抑制 通常、成人は1回1錠(主成分として0.2mg)を1日3回毎...
  • ミトコンドリア病 (1220d) [ 概要 ]
    ...薬物などが原因でおきる場合があります。 診療科 薬 タウリン散(一般名:タウリン製剤) MELAS症候群における脳卒中様発作を抑制する。 治療法 対処療法 症状に対する治療法がある場合にはそれを積極的に行います。 インシュリン分泌が低下して糖尿病になっている場合にはインシュリンを使用したり、けいれんがあるときは抗けいれん剤を使用します。 食事療法 ミトコンドリアのはたらき自体を回復させるために、ミトコンドリアの中でエネルギーを作る過程に必要な栄養素やビタミンを補充します。
  • メトグルコ錠 (2753d) [ メトホルミン塩酸塩(Metformin hydrochloride) ]
    ...糖をつくるのを抑制したりして血液中の糖(血糖値)を減らします。 通常、2型糖尿病の治療に用いられます。 用法・用量 成人 通常、1日2錠(主成分として500m...い。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。 生活上の注意 糖尿病治療の基本は食事療法と運動療法です。 薬を飲んでいれば大丈夫という訳ではありま...、高所での作業、車の運転などの危険を伴う機械の操作には十分注意してください。 糖尿病患者であることを家族にも理解してもらっておいてください。 副作用 主な副作用として...
  • メドロール錠 (2775d) [ メチルプレドニゾロン(Methylprednisolone) ]
    ...てください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。 生活上の注意 過激な運動などストレスをさけるように注意してください。水疱瘡または麻疹にかからないように注意してください。 副作用 副作用として、頭蓋内圧亢進、うつ状態、糖尿病、緑内障、カポジ肉腫などが報告されています。 稀な副作用 感染症 発熱 続発性副腎皮質機能不全 体がだるい、食欲不振、吐き気 骨粗鬆症 腰・背中・胸・足の付け根が痛い、歩く時や立ち上がる時に股関節付近が痛い 胃腸穿孔 激しい腹痛、血を吐く、便が黒くなる...
  • ランダ注 (3354d) [ シスプラチン注射液 ]
    ...、吐き気、嘔吐、腹痛、血が混ざった便、黒色便、 消化性潰瘍 胸やけ、胃もたれ、背中の痛み 消化管穿孔 吐き気、激しい腹痛、嘔吐 急性膵炎 発熱、吐き気、嘔吐、急に激しくおなかが痛む、急に激しく腰や背中が痛む 高血糖 からだがだるい、脱力感 糖尿病の悪化 からだがだるい、体重が減る、のどの渇き、水を多く飲む、尿の量が増える 横紋筋融解症 脱力感、手のしびれ、手足のこわばり、足のしびれ、筋肉の痛み、赤褐色尿 白質脳症(可逆性後白質脳症症候群を含む) けいれん、ふらつき、ぼんやりする、意識がなくなる...
  • リパーゼ (2311d) [ 膵リパーゼ ]
    ...にはアルコールによる膵炎を考えます。また、膵炎が回復する際、リパーゼが正常値に戻るのが1~2週間遅れますので回復の指標になります。 異常な場合に疑われる病気 高値 急性膵炎、慢性膵炎、膵臓がん、膵膿胞、肝硬変、腎不全など。 低値 慢性膵炎や糖尿病で膵臓の機能が著しく低下したときなど。
  • リュープリンSR注射用キット (1229d) [ リュープロレリン酢酸塩 ]
    ...萎縮症の進行抑制の場合 主な副作用は、ほてり、便秘及び体重増加、関節痛 等 重大な副作用 全効能疾患共通 間質性肺炎 発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常 等 アナフィラキシー 肝機能障害、黄疸 AST(GOT)、ALT(GPT)の上昇 等 糖尿病の発症又は増悪 下垂体卒中 頭痛、視力・視野障害 等 心筋梗塞、脳梗塞、静脈血栓症、肺塞栓症等の血栓塞栓症 前立腺癌の場合 うつ状態 骨疼痛の一過性増悪、尿路閉塞あるいは脊髄圧迫 下垂体−性腺系刺激作用による血清テストステロン濃度の上昇 心不全 閉経前...
  • リュープリン注射用 (1239d) [ リュープロレリン酢酸(Leuprorelin acetate) ]
    ...重大な副作用 間質性肺炎 発熱、せき、呼吸困難など アナフィラキシー様症状 肝機能障害 AST・ALTの上昇、黄疸 糖尿病 糖尿病の発症または悪化 血栓塞栓症 心筋梗塞、脳梗塞、静脈血栓症、肺塞栓症など 下垂体腺腫がある場合 下垂体卒中 頭痛、視力・視野障害など 子宮内膜症、子宮筋腫、閉経前乳がんの場合 更年期障害様のうつ状態 前立腺がんの場合 うつ状態 骨疼痛の一過性の悪化、尿路閉塞、脊髄圧迫 心不全 その他の副作用 子宮内膜症・子宮筋腫・閉経前乳癌・中枢性思春期早発症の場合 副作用5%以上...
  • リンデロンシロップ (2578d) [ ベタメタゾン(Betamethasone) ]
    ...受診してください。授乳中の方は、この薬を飲んでいる間は授乳を避けてください。 副作用 主な副作用として、満月様顔貌、発疹などが報告されています。 稀な副作用 誘発感染症、感染症の増悪 かぜのような症状、倦怠感、発熱 続発性副腎皮質機能不全、糖尿病 吐き気、のどが渇く、疲れやすい 消化管潰瘍、消化管穿孔、膵炎 吐き気、便が黒くなる、腹痛 精神変調、うつ状態、けいれん 気分が落ち込む、やる気がおきない、筋肉の発作的な収縮 骨粗鬆症、大腿骨および上腕骨などの骨頭無菌性壊死、ミオパチー 腰・背中の痛み...
  • リンデロン散 (2578d) [ ベタメタゾン(Betamethasone) ]
    ...受診してください。授乳中の方は、この薬を飲んでいる間は授乳を避けてください。 副作用 主な副作用として、満月様顔貌、発疹などが報告されています。 稀な副作用 誘発感染症、感染症の増悪 かぜのような症状、倦怠感、発熱 続発性副腎皮質機能不全、糖尿病 吐き気、のどが渇く、疲れやすい 消化管潰瘍、消化管穿孔、膵炎 吐き気、便が黒くなる、腹痛 精神変調、うつ状態、けいれん 気分が落ち込む、やる気がおきない、筋肉の発作的な収縮 骨粗鬆症、大腿骨および上腕骨などの骨頭無菌性壊死、ミオパチー 腰・背中の痛み...
  • リンデロン錠 (2578d) [ ベタメタゾン(Betamethasone) ]
    ...受診してください。授乳中の方は、この薬を飲んでいる間は授乳を避けてください。 副作用 主な副作用として、満月様顔貌、発疹などが報告されています。 稀な副作用 誘発感染症、感染症の増悪 かぜのような症状、倦怠感、発熱 続発性副腎皮質機能不全、糖尿病 吐き気、のどが渇く、疲れやすい 消化管潰瘍、消化管穿孔、膵炎 吐き気、便が黒くなる、腹痛 精神変調、うつ状態、けいれん 気分が落ち込む、やる気がおきない、筋肉の発作的な収縮 骨粗鬆症、大腿骨および上腕骨などの骨頭無菌性壊死、ミオパチー 腰・背中の痛み...
  • レイアタッツカプセル (1188d) [ アタザナビル硫酸塩(Atazanavir Sulfate) ]
    ...肝炎 皮膚が黄色くなる、嘔吐(おうと)、白目が黄色くなる、尿の色が濃くなる、吐き気、食欲不振、かゆみ、全身のだるさ 糖尿病糖尿病の悪化および高血糖 のどが渇く、疲れやすい、尿量が多い、体重減少 出血傾向(血友病の人で突発性の出血性関節症など) 関節が痛む、腫れる QT延長、心室頻拍、房室ブロック 動悸、気を失う 皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、中毒性皮疹 皮膚にぶつぶつができる、皮膚が赤くなる
  • レクシヴァ錠 (3494d) [ ホスアンプレナビルカルシウム水和物 (Fosamprenavir calcium hydrate) ]
    ...自覚症状がなくなったからといって、薬を途中でやめると病気が悪化することがあります。 副作用 主な副作用として、下痢、吐き気、嘔吐などが報告されています。 稀な副作用 皮膚粘膜眼症候群 重度の発疹、全身的症状または粘膜症状を伴う発疹 高血糖、糖尿病 口渇、多尿、易疲労感 出血傾向 皮下出血、鼻血、血尿 横紋筋融解症、筋炎、筋痛、CK(CPK)上昇 手足がしびれる、尿が赤褐色になる、筋肉が痛い ジェネリック医薬品  (製薬会社:)
  • レナデックス錠 (3643d) [ デキサメタゾン(Dexamethasone) ]
    ...医師または薬剤師に相談してください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。 副作用 主な副作用として、不眠、無力感、高血糖、錯感覚、筋痙攣などが報告されています。 稀な副作用 感染症、感染症の増悪 発熱、咽頭痛、咳誘発 糖尿病 口渇・多飲・多尿、易疲労感、体重減少 骨粗鬆症、大腿骨および上腕骨などの骨頭無菌性壊死 腰背部痛、股関節痛 消化性潰瘍 みぞおちの痛みや圧痛、胸やけ、嘔吐 緑内障 激しい眼痛、頭痛、吐き気 ジェネリック医薬品 オイラゾンクリーム デキサルチン口腔用軟...
  • レベミル注 (1213d) [ インスリン デテミル(Insulin detemir) 遺伝子組換え(genetical recombination) ]
    ...ノルディスクファーマ株式会社) 作用と効果 膵臓ホルモンの一つインスリンと、構造が少し異なるインスリン(インスリンアナログ)で、細胞のインスリン受容体に結合してブドウ糖の取り込みを促進し、血糖値を下げます。 通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。 用法・用量 レベミル注フレックスペン 通常、成人は初期に1日1回主成分として4~20単位を皮下注射します。注射時刻は夕食前または就寝前のいずれでもかまいませんが、毎日一定とします。他のインスリン製剤との併用で、注射回数が1日2回...
  • レミケード点滴静注用 (379d) [ インフリキシマブ(infliximab) ]
    ...ンフルエンザ)、膿瘍、蜂巣炎免疫グロブリン増加、爪周囲炎、化膿、サイトメガロウイルス抗原陽性、食道カンジダ症、非結核性マイコバクテリア感染(非結核性抗酸菌症)、クリプトコッカス症)ニューモシスティス症、サルモネラ症代謝-高コレステロール血症糖尿病、高血糖、抗利尿ホルモン不適合分泌、コレステロール減少、トリグリセリド増加-その他発熱悪寒、熱感、倦怠感、疲労、胸痛、疼痛、浮腫(末梢性浮腫、顔面浮腫、全身性浮腫、眼窩周囲浮腫、血管浮腫)腟感染、勃起不全、乳房肥大、亀頭包皮炎、不規則月経、腟出血、性器...
  • 副腎皮質ステロイド (4210d) [ 副腎皮質ホルモン ]
    ...抑制とプロスタグランジン産性低下により起こります。 ステロイドの作用は投与量とも関係します。 副作用について 特に注意すべき重症副作用 感染症の誘発、悪化、消化性潰瘍、消化管出血、副腎不全、離脱症候群(ステロイドの欠乏によるショックなど) 糖尿病の誘発および悪化、動脈硬化促進、精神障害(精神変調、鬱状態、痙攣)、骨粗鬆症、骨折、骨頭無菌性壊死、うっ血性心不全 中等症副作用 白内障、緑内障、眼球突出、失明、中心性漿液性網脈絡膜炎、ステロイド筋症、肝機能異常、浮腫、高血圧、不整脈、高脂血症、尿路結...
  • 多発性筋炎・皮膚筋炎 (3349d) [ PM・DM 概要 ]
    ...学的に合成して作った薬剤で、その代表的なものがプレドニゾロンです。炎症を抑える作用が強く、原因と考えられている自己免疫異常も抑える効果があります。 このように有効で、多発性筋炎の治療に欠かせない薬剤ですが、副作用(感染症の合併、消化性潰瘍、糖尿病、骨粗鬆症、肥満、多毛、にきび、脱力、興奮・抑うつなどの精神症状など)を認めることもあり、慎重な投薬が必要です。 免疫抑制剤 副腎皮質ステロイド剤の効果が不十分であったり、副作用が出現した場合に、免疫抑制剤が使用されることがあります。 メトトレキサート...
  • 尿比重・尿浸透圧 (2595d) [ 尿比重検査 尿浸透圧検査 ]
    ...れ出しているものと考えます。 比重1.005未満 水分の過剰摂取、浮腫消退時、尿崩症など。 比重1.010くらいで持続し、変動がみられない場合 腎機能低下の末期状態を考えます。 異常な場合に疑われる病気 高比重・高浸透圧 ネフローゼ症候群、糖尿病、心不全など。 低比重・低浸透圧 腎不全、尿崩症など。
  • 後縦靭帯骨化症 (1217d) [ OPLL 概要 ]
    ...椎後縦靭帯骨化症に黄色靭帯骨化症を合併する頻度は約55%といわれ、脊柱管は後縦靭帯骨化症によって前方から、黄色靭帯骨化症によって後方から狭窄を生じ、脊髄や神経根が圧迫され麻痺などの症状を呈することになります。 併存疾患 他の疾病に伴う発症 糖尿病 直接、後縦靱帯骨化症の発症に関与していないが、肥満および何らかの糖代謝異常が靱帯骨化症の発症に関与していると考えられている。 末端肥大症 特に頚椎OPLLが発症しやすいとはいえないが、成長ホルモンに対する反応性がOPLLの発症に関与している可能性があ...
  • 心筋梗塞 (1241d) [ 概要 ]
    ...痛みです。心臓発作の痛みは狭心症の痛みと似ていますが、より激しく長く続き、安静にしてもニトログリセリンを使用しても軽減しません。心臓発作を起こした人の30%は、胸痛が起こりません。 このような患者は、女性、有色人種、75歳以上の人、心不全や糖尿病のある人、脳卒中を起こしたことのある人に多くみられます。 その他の症状には気が遠くなる、突然に激しく発汗する、吐き気、息切れ、大きな心拍音の自覚などがあります。 不整脈 心臓発作を起こした人の90%以上に起こります。心臓発作の直後あるいは数日以内は、心...
  • 摂食障害 (3337d) [ 中枢性摂食異常症 概要 ]
    ...の1項目以上のことで、食物摂取の増加による体重増加に対抗しようと試みる(代償行動) (1) 自己誘発性の嘔吐 (2) 自発的な下剤使用 (3) 交代性にみられる絶食の時期 (4) 食欲抑制剤や甲状腺ホルモン剤または利尿剤のような薬物の使用。糖尿病患者が過食[大食]症になると、インスリン治療を故意に怠ることがある D. 肥満に対する病的な恐怖を伴う。太りすぎというボディ・イメージの歪み 診断基準にあてはまらない摂食障害 特定不能の摂食障害のカテゴリーは、どの特定の摂食障害の基準も満たさない摂食の...
  • 甲状腺ホルモン不応症 (2060d) [ RTH 概要 ]
    ...てしまう事があり、その結果、血中コレステロールが異常に減少してしまう現象が発生する事が確認されている。 耐糖能障害(糖尿病) 甲状腺ホルモンハインスリン抵抗性を構築する成長ホルモンの一種である。 このホルモンが血中に異常に存在する事からインスリン抵抗性を構成することによる。 高インスリン血性低血糖や2型糖尿病を起こしやすい。 難聴・神経障害・精神障害 甲状腺ホルモン取り込みレベルの低さから、甲状腺機能低下症とほぼ同じ合併症を引き起こす。 薬 基本的には対症療法が主となるが、実際に薬を処方される...
  • 睡眠時無呼吸症候群 (3137d) [ SAS 概要 ]
    ...)と呼吸状態を同時に測る検査です。脳波や心電図、胸部・腹部のうごき、鼻からの気流、動脈血中の酸素の量を連続して計測します。 簡易検査 夜間睡眠中の呼吸状態を測る検査です。場合によっては自宅で検査をすることも可能です。 診断 合併症 高血圧、糖尿病、心疾患、高脂血症、高尿酸血症、インポテンツ(ED) 薬 (一般名:) 治療法 内科的治療 装具療法 経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP:Continuous Positive airway Pressure) 鼻から専用のマスクを介して空気を送り気道を...
  • 突発性難聴 (1108d) [ 概要 ]
    ...腎皮質ステロイドの持つ強カな抗炎症作用がウイルス性内耳炎を軽快すると考えられますが、免疫的な作用機序や循環障害で生じる活性酸素を抑制するなどの循環系に対する機序も関与しています。 副腎皮質ステロイドの投与は一般に内服や点滴で行われますが、 糖尿病や胃潰瘍、結核などの合併症がある場合には副腎皮質ステロイドの副作用によって、それぞれの疾患が増悪する可能性があります。 近年、鼓膜を介して中耳(鼓室)に副腎皮質ステロイドを注入すると、比較的高率に内耳に吸収されることが明らかになったことから、これらの疾...
  • 経口ブドウ糖負荷試験 (4054d) [ OGTT ]
    ...力、すなわち膵臓から分泌されるインスリンの働き具合を調べることが出来ます。糖尿病の診断に欠かせない検査です。 基準値(2時間値) 糖尿病 200mg/dl以上 境界域 120~199mg/dl 正常域 120mg/dl未満 何がわかるのか どのような検査か 検査を受ける時の注意 前日の夕食後から絶食します。 検査結果の判定 2時間値が別の日に行った検査で2回以上200mg/dlを超えていたら糖尿病と診断します。1回だけの場合は糖尿病域としますが次のことが当てはまれば糖尿病と診断します。 喉が渇...
  • 脳内出血 (744d) [ 概要 ]
    ...は、脳血管の異常によることが多いため、脳血管造影などで出血源の精査を行います。急性水頭症を起こしている場合は脳室ドレナージを考慮します。 多発限局性出血 脳挫傷を伴う頭部外傷後などに遅発的に起きます。 原因 脳内出血の危険因子は、高血圧症、糖尿病、高脂血症、喫煙、心臓病の一部、アルコールの飲み過ぎなどがあげられます。 高血圧により脳内の0.1mm程度の細い血管が脆くなることにより起こります。 血圧以外の原因 あみろいど血管炎が考えられます。 これは、アミロイドと呼ばれるタンパク質の一種が血管に...
  • 脳腫瘍 (3498d) [ 概要 ]
    ... 成長ホルモン産生腺腫 手足の先端や、額、あご、唇、舌などに肥大が見られます。成長ホルモンの異常分泌が長期間続くと、糖尿病や高血圧などを合併しやすくなります。 副腎皮質刺激ホルモン産生腺腫(クッシング病) 顔が丸くなり、手足に比べ胸や腹部が太ってきます。にきびができやすくなり、体毛が濃くなります。高い割合で高血圧や糖尿病を合併します。 治療 ほかの脳付属器から生じる腫瘍と同様に手術を主体とし、残存腫瘍に対しては放射線治療が行われますが、成長ホルモン産生腺腫に対しては、ホルモン類似薬による治療も...
  • 膵臓がん (1190d) [ 膵がん 概要 ]
    ...きて、胆管がつまってしまうと黄疸が現れることがあります。膵癌が進行すると、糖尿病を発症したり血糖のコントロールが急に悪くなったりすることがあります。 診断 検... 副作用の程度は手術法によって異なります。 例えば、膵臓全体を切除した場合には糖尿病になりますが、膵臓の一部を残せた場合は、糖尿病の傾向がなければ、糖尿病になることはそれほど多くはありません。 癌のある範囲によっては腸の動きを調整する神経を切除することがあり、この場合には下痢をやすくなります。一般に膵臓の頭部をとる手術のほうが、尾側...
  • 自己免疫性肝炎 (3349d) [ 概要 ]
    ...開始し、GOT、GPTの改善を確認しながらゆっくりと減量します。GOT、GPTが正常化しても肝臓の組織内の炎症反応は必ずしも 平行して改善するわけではないので、投与は長く続けることが大切です。 副腎皮質ステロイドには消化性潰瘍、満月様顔貌、糖尿病、骨粗鬆症などがあります。 ウルソ(UDCA) GPTを正常化することができ、抗核抗体を下げる作用があります。 ウルソ投与6か月後に、抗核抗体、抗平滑筋抗体は陰性になる例があります。 グリッソン鞘にはピースミールネクローシスがなくなりリンパ球の浸潤も少...
  • 血中インスリン (4041d) [ インスリン ]
    ...量の水を飲んでもかまいません。 検査結果の判定 空腹時が低値の場合には1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病)、空腹時が正常で経口ブドウ糖負荷試験の2時間値が低い場合には2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)が考えられます。 異常な場合に疑われる病気 高値 肝臓病、肥満、クッシング症候群、インスリノーマ(膵島腺種)、インスリンレセプターの異常など。 低値 1型糖尿病、栄養失調、下垂体機能低下症など。
  • 血中モノアミンオキシダーゼ (4041d) [ MAO モノアミンオキシダーゼ ]
    ...注意は特にありません。 検査結果の判定 モノアミンオキシダーゼの値が高いときには、細胞や組織の修復が進んでいることであり、細胞や組織の破壊が持続していることがわかります。 異常な場合に疑われる病気 高値 肝硬変、肺線維症、劇症肝炎、心不全、糖尿病、関節リウマチ、末端肥大症、強皮症など。 低値 抗結核薬(イソニアジド)、副腎皮質ホルモン剤、経口避妊薬などを服用中
  • 遺伝子検査 (4022d) [ 遺伝子検査 ]
    ...体つき、皮膚や髪の色、声質、背丈などが決まってきます。また、病気に関しても糖尿病になりやすい体質、がんになりやすい体質、高血圧、高脂血症、心臓病、脳卒中などの...は遺伝子異常を見つけるだけでなく、遺伝子に原因があって起こっている病気の発見や糖尿病や高血圧、がんなどになりやすい体質の発見などに利用されています。 がんを例にと...腸がんの早期発見が可能になるとともに、予防や治療にも役立てることができます。 糖尿病でも発病に関係するいくつかの遺伝子が明らかにされており、それらの異常に加えて、栄養...
  • 間質性肺炎 (1273d) [ IP 概要 ]
    ...な副作用が出現した場合には、ステロイドの投与を継続することが困難となりますが、長期大量投与例では、急に中止すると急性副腎不全を起こすおそれがあるので注意が必要です。 ステロイドの重大な副作用 感染症の誘発または増悪 続発性副腎皮質機能不全、糖尿病 消化性潰瘍(その他、消化管出血及び穿孔)、膵炎 精神障害(重篤なうつ病など)、痙攣、骨粗鬆症、大腿骨及び上腕骨などの骨頭無菌性壊死、ミオパチー 緑内障、後嚢白内障 血栓症 その他の副作用 内分泌 月経異常、男性化(ざ瘡、多毛)など 消化器 下痢、悪心...
  • 関節リウマチ (665d) [ RA 概要 ]
    ... 副腎皮質ステロイド剤 炎症をおさえる作用が強い。 プレドニン錠・プレドニゾロン錠など 主な副作用 顔貌円形化、精神障害、多汗、多毛、皮下出血、月経異常、骨粗鬆症、消化器潰瘍、白内障、緑内障、高脂血症、感染症、高血圧、副腎不全、離脱症候群、糖尿病、尿路結石、動脈硬化 抗リウマチ薬(DMARD ディマード) 免疫異常を調節して、リウマチを改善する。 但し、遅効性の薬であるため、効果が出るのに2~3ヶ月程度かかります。 効果が出れば 、 副作用に注意しながら長期間服用します。 アザルフィジンEN錠...
  • 難治性視神経症 (2387d) [ 概要 ]
    ...急性の片眼又は両眼性の視カ低下がみられる。他の原因が除外され、視神経の脱髄が推定される原因不明の視神経炎である。 虚血性視神経症 視神経を栄養する血管の循環障害がきっかけで起こります。病因としては、血管の炎症によるものと、高血圧、動脈硬化、糖尿病などが基礎にあって血液の流れが悪くなる場合とがあります。 外傷性視神経症 主に、眉毛部外側の打撲によって、視神経管で視神経が障害されることによる同側の視力、視野障害のことをいいます。重症の場合では光覚(こうかく)を失うこともあります。 眉毛部の打撲傷に...
  • 電解質 (1192d) [ Na Ca K Mg P Cl 検査 ]
    ...配はない。 検査結果の判定 ナトリウム 高値 脱水症、クッシング症候群、原発性アルドステロン症など。 低値 腎不全、糖尿病性アシドーシスなど。 カルシウム 高値 副甲状腺機能亢進症、多発性骨髄腫、白血病、副腎腫瘍など。 低値 副甲状腺機能低下... 高値 慢性腎不全、急性腎不全乏尿期、アジソン病、甲状腺機能低下症など。 低値 吸収不良症候群、原発性アルドステロン症、糖尿病、慢性アルコール中毒など。 リン 高値 腎不全、副甲状腺機能低下症、ビタミンD中毒など。 低値 副甲状腺機能亢進症、くる病、...
  • 顎骨骨髄炎 (3349d) [ 概要 ]
    ...気です。急性と慢性では、症状が異なります。 口内細菌によって、う蝕(むし歯)から歯髄炎になり、治療後の歯が再び悪くなって起こるケースが最も多くみられます。 また、あごの腫瘍や骨折などでの二次感染によっても起こります。 局所の要因のみでなく、糖尿病などの全身疾患、栄養障害、生体の免疫力の低下や代謝障害が背後にあることもあります。 分類 慢性化膿性骨髄炎(化膿型) 急性骨髄炎に引き続いて起こるもので、自覚症状が少なく、病変部のわずかな腫脹、硬結、圧痛、瘻孔形成などを認めます。 慢性硬化性骨髄炎(硬...
スポンサーリンク

Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 18023, today: 2, yesterday: 0
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 肢端紅痛症 マック 2021/9/28 15:32
  2. Re: セダプランコーワ錠 ゲスト 2021/6/27 1:17
  3. Re: セダプランコーワ錠 ゲスト 2021/6/26 16:23
  4. Re: イブランスカプセル ゲスト 2021/5/24 12:26
  5. Re: ジョイクル関節注 ゲスト 2021/5/24 11:51

.
スポンサーリンク

医療を受けている人のためのSNS iness


オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...