.
スポンサーリンク

トシリズマブ(tocilizumab) anchor.png

ヒト化抗ヒトIL-6レセプターモノクローナル抗体

  • アクテムラ皮下注シリンジ (製薬会社:中外製薬株式会社)
  • アクテムラ皮下注オートインジェクター (製薬会社:中外製薬株式会社)
    アクテムラ皮下注オートインジェクター, actemra.jpg
Page Top

作用と効果 anchor.png

インターロイキン6(IL-6)の働きを抑えることにより、関節リウマチに伴う関節の痛みやはれおよび全身症状を改善し、関節破壊の進行を防ぎます。

  • 既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)
  • 既存治療で効果不十分な高安動脈炎、巨細胞性動脈炎
Page Top

用法・用量 anchor.png

  • 既存治療で効果不十分な関節リウマチ
    通常、成人には、トシリズマブ(遺伝子組換え)として1回162mgを2週間隔で皮下注射する。
    なお、効果不十分な場合には、1週間まで投与間隔を短縮できる。
  • 既存治療で効果不十分な高安動脈炎、巨細胞性動脈炎
    通常、トシリズマブ(遺伝子組換え)として1回162mgを1週間隔で皮下注射する。
Page Top

用法及び用量に関連する使用上の注意 anchor.png

1.血清中トシリズマブ濃度が維持されない状態で投与を継続すると、抗トシリズマブ抗体が発現する可能性が高くなるため、用法・用量を遵守すること。
2.1回に本剤の全量を使用すること。
3.本剤の投与開始にあたっては、医療施設において、必ず医師によるか、医師の直接の監督のもとで投与を行うこと。また、本剤による治療開始後、医師により適用が妥当と判断された患者については、自己投与も可能である。
4.注射部位反応が報告されているので、投与毎に注射部位を変えること。

Page Top

副作用 anchor.png

主な副作用は、上気道感染、コレステロール増加、LDL増加、注射部位反応、トリグリセリド増加、発疹、ALT(GPT)上昇などが報告されています。

Page Top

重大な副作用 anchor.png

  • アナフィラキシーショック、アナフィラキシー様症状
    血圧低下、呼吸困難、意識消失、めまい、嘔気、嘔吐、そう痒感、潮紅
  • 感染症
    肺炎帯状疱疹、感染性胃腸炎、蜂巣炎、感染性関節炎、敗血症、非結核性抗酸菌症、結核、ニューモシスチス肺炎 等の日和見感染を含む重篤な感染症
  • 間質性肺炎
  • 腸管穿孔
  • 無顆粒球症、白血球減少、好中球減少、血小板減少
  • 心不全
Page Top

その他の副作用 anchor.png

副作用10%以上1~10%未満1%未満頻度不明
血液及びリンパ系障害-貧血、好酸球数増加、フィブリノゲン減少、リンパ球数減少、好中球数増加白血球数増加、リンパ節炎フィブリン分解産物〔FDP、Dダイマー〕増加、ヘモグロビン減少、リンパ節腫脹、ヘマトクリット減少、赤血球数減少、TAT増加
肝臓-ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、AST(GOT)上昇、肝機能異常、ビリルビン増加、Al-P上昇、脂肪肝、胆石症--
泌尿器-膀胱炎、尿中赤血球陽性、尿蛋白、尿路感染腎盂腎炎、尿糖、頻尿BUN増加、腎結石、NAG増加、尿中白血球陽性
生殖系及び乳房-腟感染性器出血子宮頚管ポリープ
精神・神経系-頭痛、浮動性めまい、不眠症感覚減退、末梢性ニューロパシー-
-結膜炎、結膜出血眼乾燥、麦粒腫、霰粒腫、眼瞼炎、硝子体浮遊物、網膜出血白内障
-中耳炎、眩暈外耳炎、耳鳴、突発難聴耳不快感
循環器・心臓-高血圧、血圧上昇上室性期外収縮、心室性期外収縮、ST部分下降、ST部分上昇、血圧低下動悸、T波逆転、T波振幅減少、T波振幅増加
呼吸器上気道感染〔鼻咽頭炎、上気道炎等〕(53.8%)副鼻腔炎、気管支炎、咽喉頭疼痛、咳嗽、鼻炎鼻漏、胸膜炎、喘息咽頭不快感、喀血、咽頭紅斑、鼻出血、気管支拡張症、鼻閉
消化器-胃腸炎、口内炎、下痢、腹痛、便秘、口唇炎、嘔吐、逆流性食道炎、胃・腸ポリープ、痔核、腹部不快感、悪心、歯周病、齲歯腹部膨満、胃潰瘍、消化不良、食欲不振、舌炎急性膵炎、口渇、歯痛
皮膚・皮下組織系-発疹〔湿疹、痒疹、丘疹等〕、そう痒症、爪感染、皮膚感染、蕁麻疹、紅斑、白癬、角化症、脱毛症、皮下出血、皮膚乾燥嵌入爪、水疱、皮膚潰瘍皮膚嚢腫、ざ瘡
代謝及び栄養コレステロール増加(18.3%)、LDL増加、トリグリセリド増加、高脂血症、HDL増加、高コレステロール血症、CK(CPK)上昇、LDH上昇血中尿酸増加、糖尿病増悪、血清フェリチン減少、血中リン減少高トリグリセリド血症、総蛋白減少、血中カリウム減少、血糖増加、血中リン増加、血中カルシウム減少
筋骨格系及び結合組織障害-背部痛関節痛、筋痛〔筋痛、肩こり〕、骨粗鬆症、頚部痛、骨密度減少四肢痛、若年性関節炎増悪
抵抗機構-ヘルペスウイルス感染、インフルエンザ口腔カンジダ症、耳下腺炎創傷感染
その他-注射部位反応〔紅斑、そう痒感、腫脹、出血、血腫、疼痛等〕、体重増加、発熱、アレルギー性鼻炎、膿瘍、浮腫、季節性アレルギー、胸痛倦怠感、発汗障害、気分不良、胸部不快感免疫グロブリンG減少、悪寒、血栓性静脈炎、リウマチ因子陽性、DNA抗体陽性、抗核抗体陽性、潮紅、ほてり、CRP増加
Page Top

同じ成分の医薬品 anchor.png

スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 3632, today: 2, yesterday: 5
Princeps date: 2013-06-02 (Sun) 12:30:48
Last-modified: 2019-05-22 (Wed) 21:05:19 (JST) (152d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/10/1 12:22
  2. Re: ProGRP YUMIKO 2019/9/27 8:31
  3. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/14 13:08
  4. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/5 7:57
  5. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/8/25 10:12

.
スポンサーリンク

通院日記を書いて病気と向き合えるの?iness


オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...