.
  1. エンブレル皮下注 (8d)
    • 2018-02-13 (火) 15:11:24 by kondo 差分
      血液及びリンパ系障害-白血球増加、貧血(鉄欠乏性を含む)、ヘモグロビン減少好酸球増加、ヘマトクリット減少、赤血球減少、血小板増加、リンパ球増加、血沈亢進、好中球増加、赤血球形態異常、白血球分画異常、網状赤血球増加-
      肝臓-ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇、ALP上昇、LDH上昇--
      泌尿器-尿路感染(膀胱炎等)、腎盂腎炎、BUN増加、尿沈渣、血尿蛋白尿、クレアチニン上昇、頻尿、尿糖、残尿感、腎結石-
      生殖系及び乳房--月経不順、乳腺炎-
      神経系-頭痛、浮動性めまい、感覚減退( しびれ感等)、不眠錯感覚(ピリピリ感等)、眠気、味覚異常、手根管症候群、不安、嗅覚異常、四肢異常感覚-
      -結膜炎、麦粒腫ブドウ膜炎、白内障、結膜充血、角膜潰瘍、眼精疲労、眼のちらつき、眼乾燥、眼痛、強膜炎、眼の異常感-
      循環器 心臓-高血圧、血圧上昇、動悸、潮紅期外収縮、頻脈、血管炎(白血球破砕性血管炎、ヘノッホ・シェーンライン紫斑病等)-
      呼吸器感冒、上気道感染、気管支炎咳嗽、咽頭炎、鼻炎、副鼻腔炎、鼻漏、扁桃炎喘息、喀痰、嗄声、鼻閉、血痰、気管狭窄、気管支拡張症、気管支肺異形成症、肺嚢胞、胸水-
      消化器-胃腸炎、下痢・軟便、口内炎、腹痛、咽喉頭疼痛、悪心、嘔吐、便秘、歯周炎、食欲不振、歯肉炎、齲歯、胃部不快感、消化性潰瘍咽頭不快感、口唇炎(口角炎等)、腹部膨満、歯痛、歯髄炎、口腔感染、歯の知覚過敏、歯肉腫脹、舌苔、膵炎-
      皮膚・皮下組織系発疹(湿疹、皮膚炎、紅斑等)、そう痒症蕁麻疹、白癬、脱毛、爪囲炎膿痂疹、皮膚乾燥、爪感染、膿疱性乾癬、爪の異常、胼胝、光線過敏症、乾癬(悪化を含む)、凍瘡、化膿性汗腺炎、色素性母斑乾癬様皮疹
      筋骨格系及び結合組織障害-化膿性関節炎、疼痛(四肢、腰、背部、臀部等)関節痛、筋痛、ループス様症候群(注10)、滑膜炎、肩こり、靭帯障害、関節脱臼、脊椎症-
      投与部位注射部位反応(紅斑、出血斑、そう痒感、皮膚炎、疼痛、挫傷等)---
      抵抗機構-帯状疱疹、蜂巣炎、インフルエンザ、膿瘍創傷感染、化膿性リンパ節炎、サルコイドーシス-
      その他発熱コレステロール上昇、胸部不快感、疲労、脱力感、アルブミン減少、口渇、自己抗体陽性(注10)、難聴、気分不良、CRP増加、体重減少、痙攣、外耳炎、四肢不快感、総蛋白増加、脱水、耳下腺腫脹、総蛋白減少--
  2. MenuBar (23d)
    • 2018-01-29 (月) 13:17:48 by kondo 差分

      #recent(5)

  3. ネキシウム懸濁用顆粒分包 (25d)
    • 2018-01-27 (土) 17:19:22 by kondo 差分
      • ネキシウム懸濁用顆粒分包 (製薬会社:アストラゼネカ株式会社)
  4. ファセンラ皮下注 (25d)
    • 2018-01-27 (土) 16:57:03 by kondo 差分
      • ファセンラ皮下注シリンジ (製薬会社:アストラゼネカ株式会社)
  5. リムパーザ錠 (25d)
    • 2018-01-27 (土) 16:40:24 by kondo 差分
      • リムパーザ錠 (製薬会社:アストラゼネカ株式会社)
  6. ネキシウムカプセル (32d)
    • 2018-01-19 (金) 19:46:09 by kondo 差分

      胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症、Zollinger-Ellison症候群、非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制、低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制の場合
      ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助の場合

  7. テセントリク点滴静注 (32d)
    • 2018-01-19 (金) 19:10:08 by kondo 差分
      血液及びリンパ系障害-貧血、血小板減少、リンパ球減少、好中球減少、白血球減少--
      膵臓---アミラーゼ増加、リパーゼ増加
      泌尿器--血中クレアチニン増加-
      精神・神経系-頭痛、不眠症、味覚異常、浮動性めまい、錯感覚--
      --眼乾燥-
      循環器 心臓--潮紅、低血圧-
      呼吸器-咳嗽、呼吸困難、上気道感染、胸水、肺炎-低酸素症、鼻閉
      消化器悪心、食欲減退、下痢便秘、嘔吐、口内炎、腹痛、口内乾燥-嚥下障害
      皮膚・皮下組織系発疹、そう痒症皮膚乾燥、斑状丘疹状皮疹ざ瘡様皮膚炎、そう痒性皮疹、乾癬、紅斑、寝汗、蕁麻疹-
      代謝及び栄養-低ナトリウム血症、低アルブミン血症、低カリウム血症、高血糖、低マグネシウム血症高カリウム血症、脱水、低リン酸血症、血中甲状腺刺激ホルモン増加、低カルシウム血症-
      筋骨格系及び結合組織障害-関節痛、筋肉痛、筋骨格痛、背部痛四肢痛、筋骨格系胸痛、筋痙縮-
      その他疲労、無力症、発熱体重減少、インフルエンザ様疾患、末梢性浮腫、悪寒、けん怠感、粘膜の炎症過敏症-
  8. ベスポンサ点滴静注用 (32d)
    • 2018-01-19 (金) 18:15:24 by kondo 差分

      イノツズマブは「CD22」を特異的に認識するモノクローナル抗体で、これにオゾガマイシンと呼ばれるカリケアマイシン誘導体の抗がん剤が結合しています。

  9. レパーサ皮下注 (36d)
    • 2018-01-15 (月) 20:09:36 by kondo 差分

      ヒトプロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)を阻害します 。
      レパーサはPCSK9に結合し、血中のPCSK9が低比重リポタンパク(LDL)受容体(LDLR)と結合するのを阻害します。
      その結果、LDLRの分解が抑制され、肝細胞表面でのLDLRの再利用を可能とします。PCSK9 のLDLRとの結合を阻害することで、レパーサは血中LDLを除去するLDLR数を増加させ、LDL-C値を低下させます。

  10. タシグナカプセル (42d)
    • 2018-01-10 (水) 01:24:00 by kondo 差分
      生殖系及び乳房-女性化乳房、勃起不全月経過多、乳頭腫脹、乳房硬結、乳房痛-
      代謝及び栄養高コレステロール血症(5.4%)、糖尿病、食欲不振、高尿酸血症脂質異常症、高トリグリセリド血症-痛風、低血糖脱水、食欲亢進
      内分泌--甲状腺機能亢進症甲状腺機能低下症、続発性副甲状腺機能亢進症甲状腺炎
      全身疲労(10.8%)、無力症(6.6%)、末梢性浮腫(5.6%)、発熱、顔面浮腫、けん怠感、悪寒、胸部不快感、胸痛、疼痛-過敏症、熱感、重力性浮腫、限局性浮腫、口腔乳頭腫、冷感インフルエンザ様疾患
      感染症毛包炎、鼻咽頭炎、ヘルペスウイルス感染気道感染、気管支炎、カンジダ症せつ、皮下組織膿瘍、肛門膿瘍、足部白癬尿路感染
      臨床検査低リン酸血症(14.8%)、リパーゼ増加(10.5%)、血中アミラーゼ増加(6.2%)、低カリウム血症、低カルシウム血症、体重増加、体重減少低マグネシウム血症、低ナトリウム血症、血中インスリン増加、血中非抱合ビリルビン増加、CK(CPK)増加、超低比重リポ蛋白(VLDL)増加、高カリウム血症、高カルシウム血症血中副甲状腺ホルモン増加、トロポニン増加、LDH増加高リン酸血症
  11. ジプレキサ細粒 (57d)
    • 2017-12-26 (火) 17:34:29 by kondo 差分

      用法・用量 anchor.png

      なお、患者の状態により適宜増量するが、1日量は10mgを超えないこと。

  12. ジプレキサ錠 (57d)
    • 2017-12-26 (火) 17:28:47 by kondo 差分
      血液及びリンパ系障害-白血球減少、白血球増多、貧血、リンパ球減少、好酸球増多、赤血球減少、好中球増多、血小板減少、ヘモグロビン減少、血小板増多、好中球減少好酸球減少、赤血球増多、単球減少、単球増多、ヘマトクリット値減少-
      肝臓ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇γ-GTP上昇、Al-P上昇、LDH上昇総ビリルビン上昇、ウロビリノーゲン陽性、総ビリルビン低下、肝炎-
      腎臓-BUN低下蛋白尿、尿沈渣異常、腎盂炎、クレアチニン低下、BUN上昇-
      泌尿器-排尿障害、尿閉頻尿、尿失禁-
      錐体外路症状アカシジア(静坐不能)、振戦筋強剛、流涎、ジストニア、パーキンソン病徴候、ジスキネジア、歩行異常、嚥下障害、眼球挙上、ブラジキネジア(動作緩慢)舌の運動障害、運動減少-
      循環器 心臓-血圧低下、動悸、起立性低血圧、血圧上昇、頻脈徐脈、心室性期外収縮、心房細動、心電図QT延長血栓
      呼吸器-鼻閉嚥下性肺炎鼻出血
      消化器便秘、食欲亢進、口渇嘔気、胃不快感、食欲不振、嘔吐、下痢、胃炎腹痛、胃潰瘍、口角炎、黒色便、痔出血、腹部膨満膵炎
      過敏症-発疹そう痒症、顔面浮腫、蕁麻疹、小丘疹光線過敏症、血管浮腫
      代謝及び栄養トリグリセリド上昇、コレステロール上昇、高脂血症尿糖、糖尿病高尿酸血症、カリウム低下、カリウム上昇、ナトリウム低下、総蛋白低下、水中毒ナトリウム上昇、クロール上昇、トリグリセリド低下、脱水症、クロール低下-
      内分泌-プロラクチン上昇、月経異常プロラクチン低下、乳汁分泌、乳房肥大、甲状腺機能亢進症-
      その他体重増加、倦怠感脱力感、体重減少、発熱、発汗、浮腫、ほてり、CK(CPK)上昇、転倒胸痛、骨折、腰痛、死亡、アルブミン低下、低体温、眼のチカチカ、A/G比異常、肩こり、グロブリン上昇、霧視感、脱毛症、関節痛持続勃起、離脱反応(発汗、嘔気、嘔吐)
  13. template (57d)
    • 2017-12-26 (火) 17:20:05 by kondo 差分
      錐体外路症状
  14. template薬 (57d)
    • 2017-12-26 (火) 17:19:25 by kondo 差分

      生活上の注意 anchor.png

  15. オランザピン錠 (57d)
    • 2017-12-26 (火) 16:47:30 by kondo 差分
      • オランザピン錠 (製薬会社:ファイザー株式会社)
  16. キイトルーダ点滴静注 (58d)
    • 2017-12-25 (月) 16:11:31 by kondo 差分
      精神神経系-頭痛、味覚異常、浮動性めまい記憶障害、錯感覚、不眠症-
  17. Verzenio (60d)
    • 2017-12-23 (土) 16:44:44 by kondo 差分

      フルベストラントと組み合わせて使用する場合、150mgを1日2回経口で服用します。
      単独療法として使用する場合、200mgを1日2回経口で服用します。

  18. エピジェネティック (60d)
    • 2017-12-23 (土) 15:30:14 by kondo 差分

      DNAの塩基配列に依存しない遺伝子の調節機構をエピジェネティクスと呼ぶ。
      エピジェネティック(エピジェネティクスの形容詞形)とは、DNA配列の変化を伴わないで遺伝子発現を制御・伝達する仕組みおよびその学術分野のことです。

      エピジェネティクスの分子基盤は、DNAのメチル化やヒストンのメチル化/アセチル化によりゲノムの特定領域に可逆的につけられた「目印」であり、このメチル化やアセチル化の情報はしばしばエピゲノムと呼ばれる。

  19. 自然2型リンパ球細胞 (60d)
    • 2017-12-23 (土) 15:23:37 by kondo 差分
  20. 2型ヘルパ-T細胞 (60d)
    • 2017-12-23 (土) 15:14:28 by kondo 差分
  21. 一塩基多型 (60d)
    • 2017-12-23 (土) 15:13:22 by kondo 差分

      集団のゲノム配列中でみられる一塩基の違い(個人差、多様性)で、特に、集団の1%以上に違いが認められる場合に、一塩基多型と呼ぶ。

      一塩基多型(SNP:Single nucleotide polymorphism)とは一塩基(T:チミン、G:グアニン、C:シトシン、A:アデニンのどれか)が他の塩基に置換した遺伝子多型

  22. ゲノムワイド関連解析 (60d)
    • 2017-12-23 (土) 15:07:43 by kondo 差分

      GWAS 概要 anchor.png

      ゲノムワイド関連解析(GWAS:Genome Wide Association Study)は、遺伝子多型を用いて疾患感受型遺伝子(罹りやすさに関係する遺伝子)を見つける方法の1つ。

      人のゲノム全体をほぼカバーする場所の、一塩基多型(SNP)を代表とする配列多様性の遺伝子型を決定し、遺伝子型の頻度の集団的偏り(特に患者と一般集団との間の)と、病気や表現型との関連を統計的に調べる方法。

      集団内で頻度の高い、ゲノム全体で30万~1000万ヶ所の遺伝子多型を一人一人について一度に調べる。

  23. Hi-Cデータ (60d)
    • 2017-12-23 (土) 14:59:49 by kondo 差分
  24. イントロン (60d)
    • 2017-12-23 (土) 14:58:58 by kondo 差分
  25. NF-κB (60d)
    • 2017-12-23 (土) 14:57:52 by kondo 差分
  26. エンハンサー (60d)
    • 2017-12-23 (土) 14:53:57 by kondo 差分
  27. アレセンサカプセル (61d)
    • 2017-12-22 (金) 15:45:54 by kondo 差分

      必ず指示された服用方法に従ってください。
      食事の影響を避けるため、空腹時(目安:食事の2時間後以降、次の食事の1時間以上前)に飲むのが望ましいです。

  28. RK-20449 (61d)
    • 2017-12-21 (木) 18:43:01 by kondo 差分
  29. 微小管 (61d)
    • 2017-12-21 (木) 18:39:52 by kondo 差分

      微小管は、性質が異なるプラス端-マイナス端を持つ。多くの動物細胞では、微小管のマイナス端は中心体に束ねられているが、上皮細胞では、微小管が中心体に束ねられることなく存在する。このとき、マイナス端が細胞の頂端面を向き、頂端-基底軸に沿って配列している。

  30. 密着結合 (61d)
    • 2017-12-21 (木) 18:36:31 by kondo 差分
  31. 接着帯 (61d)
    • 2017-12-21 (木) 18:35:21 by kondo 差分
  32. カドヘリン (61d)
    • 2017-12-21 (木) 18:34:15 by kondo 差分

      カドヘリンは、細胞同士の境界面全体に分布しているが、接着帯の形成なしでは上皮細胞を密着させることができない。

  33. ビンキュリン (61d)
    • 2017-12-21 (木) 18:32:37 by kondo 差分
  34. サルコメア (61d)
    • 2017-12-21 (木) 18:31:57 by kondo 差分
  35. ハイコンテントスクリーニング (61d)
    • 2017-12-21 (木) 18:31:13 by kondo 差分
  36. デスモソーム (61d)
    • 2017-12-21 (木) 18:30:31 by kondo 差分
  37. カテニン (61d)
    • 2017-12-21 (木) 18:29:36 by kondo 差分
  38. アクトミオシン (61d)
    • 2017-12-21 (木) 18:28:19 by kondo 差分
  39. ミオシン (61d)
    • 2017-12-21 (木) 18:27:39 by kondo 差分
  40. アクチン (61d)
    • 2017-12-21 (木) 18:26:59 by kondo 差分
  41. RhoA (61d)
    • 2017-12-21 (木) 18:26:15 by kondo 差分

      Rhoファミリータンパク質の一つ。Rhoファミリータンパク質は細胞骨格などのダイナミックな変化を制御する分子スイッチとして機能する。
      RhoAは主にアクチン骨格系の変化を制御する。

  42. Wntシグナル経路 (61d)
    • 2017-12-21 (木) 18:23:09 by kondo 差分
  43. dysplasia (61d)
    • 2017-12-21 (木) 18:22:08 by kondo 差分
  44. Colitic cancer (61d)
    • 2017-12-21 (木) 18:21:01 by kondo 差分
  45. 統合失調症 (62d)
    • 2017-12-21 (木) 00:21:01 by kondo 差分

      6.思考の流れに途絶や挿入があり、その結果、まとまりのない話し方をしたり、言語新作*1がみられたりする。

  46. 骨パジェット病 (62d)
    • 2017-12-20 (水) 17:53:31 by kondo 差分

      骨ページェット病 PDB 概要 anchor.png

      骨パジェット病(Paget's disease of bone:PDB)とは、破骨細胞の機能異常による骨吸収と骨芽細胞の機能異常による骨形成の亢進により、骨微細構造の変化とそれに伴う骨肥大、骨変形が生じ、その部位の骨強度が減少する疾患です。大腿骨、頭蓋骨、脛骨、脊椎、鎖骨など大きな骨に好発します。

  47. カルシトラン注 (63d)
    • 2017-12-20 (水) 15:45:27 by kondo 差分

      サケカルシトニン製剤 anchor.png

      骨粗鬆症治療薬

      • カルシトラン注 (製薬会社:あすか製薬株式会社)
  48. ボンビバ静注 (63d)
    • 2017-12-20 (水) 12:24:44 by kondo 差分

      イバンドロン酸ナトリウム水和物注 anchor.png

      • ボンビバ静注 (製薬会社:中外製薬株式会社)
  49. アラグリオ顆粒剤分包 (63d)
    • 2017-12-19 (火) 18:56:14 by kondo 差分

      経尿道的膀胱腫瘍切除術(transurethral resection of the bladder tumor:TURBT)*1時における筋層非浸潤性膀胱癌*2の可視化

  50. ゼルヤンツ錠 (63d)
    • 2017-12-19 (火) 18:45:00 by kondo 差分

      ゼルヤンツは、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤としてのリウマチ治療薬で、細胞外でサイトカインを標的とする生物学的製剤とは異なり、細胞内のシグナル伝達を標的とします。

  51. イブランスカプセル (67d)
    • 2017-12-15 (金) 19:08:00 by kondo 差分

      発売日 2017年12月15日

  52. ベンリスタ点滴静注用 (67d)
    • 2017-12-15 (金) 19:06:17 by kondo 差分

      発売日 2017年12月13日

  53. ラキソベロン内用液 (69d)
    • 2017-12-14 (木) 17:00:45 by kondo 差分
      副作用5%以上0.1~5%未満0.1%未満頻度不明
      肝臓---AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇 等
      神経系---めまい、一過性の意識消失注
      消化器-腹痛、悪心、嘔吐、腹鳴、腹部膨満感、下痢等-腹部不快感
      皮膚・皮下組織系---蕁麻疹、発疹等
  54. テレミンソフト坐薬 (69d)
    • 2017-12-14 (木) 16:22:40 by kondo 差分
      循環器 心臓---一過性の血圧低下、チアノーゼ、蒼白、発汗、冷感等のショック様症状
  55. アミティーザカプセル (69d)
    • 2017-12-14 (木) 16:15:50 by kondo 差分
      • アミティーザカプセル (製薬会社:マイランEPD合同会社)
  56. RecentDeleted (69d)
    • 2017-12-14 (木) 15:01:44 by kondo 差分
      • 2017-12-14 (木) 15:01:25 - Colitic cancer
  57. アディノベイト静注用 (70d)
    • 2017-12-13 (水) 15:43:54 by kondo 差分

      通常、成人及び12歳以上の小児には、1回体重1kg当たり10~30国際単位を投与するが、患者の状態に応じて適宜増減する。
      定期的に投与する場合、通常、成人及び12歳以上の小児には、1回体重1kg当たり40~50国際単位を週2回投与するが、患者の状態に応じて1回体重1kg当たり60国際単位に増量できる。
      12歳未満の小児には、1回体重1kg当たり40~60国際単位を週2回投与するが、患者の状態に応じて1回体重1kg当たり80国際単位を超えない範囲で増量できる。

  58. ノルディトロピン フレックスプロ注 (70d)
    • 2017-12-13 (水) 14:37:40 by kondo 差分
      • 骨端線閉鎖を伴わない成長ホルモン分泌不全性低身長症
        通常1週間に体重kg当たり、ソマトロピン(遺伝子組換え)として0.175mgを6〜7回に分けて皮下に注射する。
      • 骨端線閉鎖を伴わないターナー症候群における低身長
        通常1週間に体重kg当たり、ソマトロピン(遺伝子組換え)として0.35mgを6〜7回に分けて皮下に注射する。
      • 骨端線閉鎖を伴わない軟骨異栄養症における低身長
        通常1週間に体重kg当たり、ソマトロピン(遺伝子組換え)として0.35mg を6〜7回に分けて皮下に注射する。
      • 成人成長ホルモン分泌不全症
        (重症に限る)
        通常開始用量として、1週間に体重kg当たり、ソマトロピン(遺伝子組換え)として0.021mgを6〜7回に分けて皮下に注射する。患者の臨床症状に応じて1週間に体重kg当たり0.084mgを上限として漸増し、1週間に6〜7回に分けて皮下に注射する。なお、投与量は臨床症状及び血清インスリン様成長因子-I(IGF-I)濃度等の検査所見に応じて適宜増減する。ただし、1日量として1mgを超えないこと。
      • 骨端線閉鎖を伴わないSGA(small-for-gestational age)性低身長症
        通常1週間に体重kg当たり、ソマトロピン(遺伝子組換え)として0.23mgを6〜7回に分けて皮下に注射する。なお、効果不十分な場合は1週間に体重kg当たり0.47mgまで増量し、6〜7回に分けて皮下に注射する。
      • 骨端線閉鎖を伴わないヌーナン症候群における低身長
        通常1週間に体重kg当たり、ソマトロピン(遺伝子組換え)として0.23mgを6〜7回に分けて皮下に注射する。なお、効果不十分な場合は1週間に体重kg当たり0.47mgまで増量し、6〜7回に分けて皮下に注射する。
  59. オキシコンチンTR錠 (70d)
    • 2017-12-12 (火) 22:09:54 by kondo 差分
      • オキシコンチンTR錠 (製薬会社:塩野義製薬株式会社)
  60. トレリーフ錠 (71d)
    • 2017-12-11 (月) 21:54:22 by kondo 差分
      副作用1%以上-1%未満頻度不明
      血液及びリンパ系障害--白血球減少、ヘモグロビン減少、赤血球減少、ヘマトクリット減少、貧血、白血球増加、血小板減少、顆粒球減少、好酸球増多-
      肝臓AST(GOT)、ALT(GPT)、ALP、LDH上昇-γ-GTP上昇、肝機能異常-
      腎臓BUN上昇-排尿障害、頻尿、クレアチニン上昇、尿失禁、尿中蛋白陽性-
      精神・神経系眠気、ジスキネジア、気力低下、抑うつ、めまい・ふらつき、睡眠障害、頭痛・頭重、幻視・幻聴-精神活動緩慢化、不安・不穏、無気力・自発性低下、興奮、しびれ感、異常な夢、異常感、感覚異常、行動異常、自殺企図-
      循環器 心臓--血圧低下、動悸、起立性低血圧、血圧上昇、上室性期外収縮、心室性期外収縮-
      消化器食欲不振、悪心、口渇、胃不快感、便秘-胸やけ、嘔吐、下痢、腹部不快感、腹部膨満感、胃炎、胃痛、味覚異常、流涎、口内炎、嚥下障害、胃潰瘍-
      過敏症--発疹、湿疹、そう痒感-
      その他排尿障害、頻尿、クレアチニン上昇、尿失禁、尿中蛋白陽性--脱力感、発熱、視覚障害、脱水、呼吸困難、四肢痛、転倒、打撲、骨折、腰痛、汗疹、顔面潮紅、トリグリセリド上昇、血中コレステロール上昇、血中尿酸上昇、血糖上昇、血中カリウム減少、気管支炎、脱毛
スポンサーリンク

トップ 印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 遅発性ジスキネジア ゲスト 2018/1/6 12:00
  2. Re: 統合失調症 ゆたか 2017/12/14 18:44
  3. Re: 遅発性ジスキネジア ロンロン 2017/10/18 18:16
  4. Re: アザルフィジンEN錠 ゲスト 2017/10/7 11:54
  5. Re: アザルフィジンEN錠 ゲスト 2017/10/7 11:45

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...