.
  1. ファセンラ皮下注 (2d)
    • 2018-04-24 (火) 17:01:09 by kondo 差分
      • ファセンラ皮下注シリンジ (製薬会社:アストラゼネカ株式会社)
  2. リムパーザ錠 (2d)
    • 2018-04-24 (火) 17:00:21 by kondo 差分
      • リムパーザ錠 (製薬会社:アストラゼネカ株式会社)
  3. グーフィス錠 (2d)
    • 2018-04-24 (火) 16:59:17 by kondo 差分
  4. ベスポンサ点滴静注用 (2d)
    • 2018-04-24 (火) 16:22:45 by kondo 差分
      • ベスポンサ点滴静注 (製薬会社:ファイザー株式会社)
  5. ネキシウム懸濁用顆粒分包 (2d)
    • 2018-04-24 (火) 14:36:09 by kondo 差分
      • ネキシウム懸濁用顆粒分包 (製薬会社:アストラゼネカ株式会社)
  6. テセントリク点滴静注 (2d)
    • 2018-04-24 (火) 14:34:48 by kondo 差分
      血液及びリンパ系障害-貧血、血小板減少、リンパ球減少、好中球減少、白血球減少--
      膵臓---アミラーゼ増加、リパーゼ増加
      泌尿器--血中クレアチニン増加-
      精神・神経系-頭痛、不眠症、味覚異常、浮動性めまい、錯感覚--
      --眼乾燥-
      循環器 心臓--潮紅、低血圧-
      呼吸器-咳嗽、呼吸困難、上気道感染、胸水、肺炎-低酸素症、鼻閉
      消化器悪心、食欲減退、下痢便秘、嘔吐、口内炎、腹痛、口内乾燥-嚥下障害
      皮膚・皮下組織系発疹、そう痒症皮膚乾燥、斑状丘疹状皮疹ざ瘡様皮膚炎、そう痒性皮疹、乾癬、紅斑、寝汗、蕁麻疹-
      代謝及び栄養-低ナトリウム血症、低アルブミン血症、低カリウム血症、高血糖、低マグネシウム血症高カリウム血症、脱水、低リン酸血症、血中甲状腺刺激ホルモン増加、低カルシウム血症-
      筋骨格系及び結合組織障害-関節痛、筋肉痛、筋骨格痛、背部痛四肢痛、筋骨格系胸痛、筋痙縮-
      その他疲労、無力症、発熱体重減少、インフルエンザ様疾患、末梢性浮腫、悪寒、けん怠感、粘膜の炎症過敏症-
  7. チャンピックス錠 (8d)
    • 2018-04-18 (水) 13:46:55 by kondo 差分

      α4β2ニコチン受容体部分作動薬(禁煙補助薬)

  8. 膵臓がん (15d)
    • 2018-04-11 (水) 12:32:23 by kondo 差分
      放射線療法の副作用 anchor.png
      Page Top
      粒子線治療 anchor.png

      放射線の一種である粒子線(陽子線や炭素イオン線)は、従来の放射線治療で用いられるX線と比較してがん治療に優れた特徴をもっています。
      コンピューターで高度に制御された粒子線を体の外より病巣に照射することにより、がん細胞の遺伝子を直接破壊することでがんを治療します。
      粒子線を照射することで、患者さんが痛みや熱を感じることはありません。

  9. ゾフルーザ錠 (15d)
    • 2018-04-11 (水) 12:03:30 by kondo 差分
      • ゾフルーザTM錠 (製薬会社:塩野義製薬株式会社
  10. メロペネム点滴静注用 (20d)
    • 2018-04-06 (金) 17:46:19 by kondo 差分

      メロペネム水和物 anchor.png

  11. 特発性大腿骨頭壊死症 (22d)
    • 2018-04-04 (水) 18:19:18 by kondo 差分

      特発性大腿骨頭壊死症(とくはつせいだいたいこっとうえししょう、Idiopathic Osteonecrosis of Femoral Head:ION)は、脚のつけ根にある股関節の大腿骨頭の骨組織が壊死に陥り、関節面が陥没したり変形したりする病気です。
      なんらかの理由により大腿骨頭の血流が低下し、骨組織が死んで脆くなります。壊死の範囲が広いと、体重を支えることが出来ずに潰れてしまいます。
      細菌感染は伴いません。男女比は5:4で少し男性に多く発症します。 難病(特定疾患)に指定されています。

  12. オルケディア錠 (31d)
    • 2018-03-26 (月) 15:09:18 by kondo 差分
      • オルケディア錠 (製薬会社:協和発酵キリン株式会社)
  13. イナビル吸入粉末剤 (31d)
    • 2018-03-26 (月) 15:08:57 by kondo 差分
      • イナビル吸入粉末剤 (製薬会社:第一三共株式会社 )
  14. template薬 (31d)
    • 2018-03-26 (月) 15:08:14 by kondo 差分

      生活上の注意 anchor.png

  15. template (31d)
    • 2018-03-26 (月) 15:07:44 by kondo 差分
      錐体外路症状
  16. プレセデックス静注液 (31d)
    • 2018-03-26 (月) 15:05:06 by kondo 差分
      • プレセデックス静注液 (製薬会社:ファイザー株式会社)
  17. シングリックス筋注用 (31d)
    • 2018-03-26 (月) 12:13:20 by kondo 差分
      • 帯状疱疹
        • 帯状疱疹は、小児期に水痘に罹患した人が加齢と共に免疫能力が低下することで、潜伏していた水痘帯状疱疹ウイルスが再活性することで起きます。また、免疫抑制を伴う疾患や治療法により発症することもあります。
          激しい痛みを伴い、不眠やQOLの低下など多くの苦痛をもたらします。
  18. オゼンピック皮下注 (33d)
    • 2018-03-24 (土) 19:27:43 by kondo 差分
      • オゼンピック皮下注 (製薬会社:ノボ ノルディスク ファーマ株式会社)
  19. トレムフィア皮下注 (33d)
    • 2018-03-24 (土) 19:17:57 by kondo 差分
      • トレムフィア皮下注 (製薬会社:ヤンセンファーマ株式会社
      • トレムフィア皮下注 (製薬会社:大鵬薬品工業株式会社)
  20. ベルケイド注射用 (33d)
    • 2018-03-24 (土) 19:06:25 by kondo 差分

      末梢性ニューロパチー、感覚減退、末梢性感覚ニューロパチー、神経障害性疼痛、末梢性運動ニューロパチー、錯感覚、灼熱感があらわれることがあり、重症の感覚性ニューロパチーも報告されている。

      AST(GOT)の増加、ALT(GPT)の増加、γ-GTPの増加、Al-Pの増加及び血中ビリルビンの増加等を伴う肝機能障害(B型肝炎ウイルスの再活性化によるものを含む)があらわれることがある。
      低血圧、起立性低血圧があらわれることがある。
      腫瘍量の急激な減少に伴い、腫瘍崩壊症候群(tumor lysis syndrome)があらわれることがある。
      予防措置として、高尿酸血症治療剤の投与及び適切な水分補給等を考慮すること。
      急激に腫瘍量が減少した患者においては血清中電解質濃度及び腎機能検査を行う。

      本剤の投与日から翌日にかけて高頻度にGrade 1〜2の薬剤性の発熱があらわれることがある。また発熱が持続する場合や呼吸器症状を伴う場合には、肺障害の可能性について注意すること。

      痙攣、血圧上昇、頭痛、意識障害、錯乱、視覚障害等があらわれることがある。

      • 進行性多巣性白質脳症(PML)
        意識障害、認知障害、麻痺症状(片麻痺、四肢麻痺)、言語障害等
  21. スージャヌ配合錠 (33d)
    • 2018-03-24 (土) 18:46:21 by kondo 差分
      • スージャヌ配合錠 (製薬会社:MSD株式会社
      • スージャヌ配合錠 (製薬会社:アステラス製薬株式会社)
  22. プレバイミス点滴静注 (33d)
    • 2018-03-24 (土) 18:28:57 by kondo 差分
  23. ヘムライブラ皮下注 (33d)
    • 2018-03-24 (土) 18:24:13 by kondo 差分
      • ヘムライブラ皮下注 (製薬会社:中外製薬株式会社)
  24. ヒュミラ皮下注 (33d)
    • 2018-03-24 (土) 18:16:32 by kondo 差分
      • ヒュミラ皮下注20mgシリンジ0.4ml (製薬会社:エーザイ株式会社)
  25. レンビマカプセル (33d)
    • 2018-03-24 (土) 17:59:37 by kondo 差分
      • 根治切除不能な甲状腺癌
      • 切除不能な肝細胞癌
  26. オンコビン注射用 (35d)
    • 2018-03-22 (木) 14:44:07 by kondo 差分

      ビンクリスチン硫酸塩 anchor.png

      • オンコビン注射用 (製薬会社:日本化薬株式会社)
  27. ドキシル注 (35d)
    • 2018-03-22 (木) 14:23:53 by kondo 差分
      • ドキシル注 (製薬会社:持田製薬株式会社)
      • ドキシル注 (製薬会社:ヤンセンファーマ株式会社)
  28. ギルテリチニブ (35d)
    • 2018-03-22 (木) 13:48:51 by kondo 差分
  29. ミルセラ注 (35d)
    • 2018-03-22 (木) 13:38:38 by kondo 差分
      • ミルセラ注シリンジ (製薬会社:中外製薬株式会社)
  30. プラミペキソール塩酸塩錠 (35d)
    • 2018-03-22 (木) 13:14:24 by kondo 差分

      通常、成人にはプラミペキソール塩酸塩水和物として0.25mgを1日1回就寝2~3時間前に経口投与する。
      投与は1日0.125mgより開始し、症状に応じて1日0.75mgを超えない範囲で適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて行うこと。

  31. フォシーガ錠 (40d)
    • 2018-03-17 (土) 18:30:12 by kondo 差分
      • 腎盂腎炎
        寒気、発熱、脇腹の痛み、背部痛
  32. サーティカン錠 (43d)
    • 2018-03-14 (水) 15:07:52 by kondo 差分
      • サーティカン錠 (製薬会社:ノバルティスファーマ株式会社)
  33. FDGスキャン注 (43d)
    • 2018-03-14 (水) 13:05:30 by kondo 差分
      副作用2%以上1~2%未満0.1~1%未満頻度不明
      血液及びリンパ系障害--好中球百分率増加、リンパ球百分率減少
      肝臓--血中ビリルビン増加-
      腎臓-尿蛋白陽性、尿潜血陽性、尿糖陽性--
      消化器-嘔気、嘔吐
      皮膚・皮下組織系--そう痒感、蕁麻疹発疹、紅斑、発赤
      その他--血圧上昇、血圧低下、気分不良、発熱、血中カリウム増加、血中カリウム減少、血中アルブミン減少-
  34. ザイティガ錠 (43d)
    • 2018-03-14 (水) 12:48:38 by kondo 差分
      • ザイティガ錠 (製薬会社:アストラゼネカ株式会社)
  35. エタネルセプトBS皮下注用 (44d)
    • 2018-03-13 (火) 19:12:04 by kondo 差分
      • エタネルセプトBS皮下注用 (製薬会社:持田製薬株式会社・あゆみ製薬株式会社)
  36. サチュロ錠 (44d)
    • 2018-03-13 (火) 18:29:57 by kondo 差分
      • サチュロ錠 (製薬会社:ヤンセンファーマ株式会社)
  37. ナルベイン注 (44d)
    • 2018-03-13 (火) 17:50:59 by kondo 差分
      • ナルベイン注 (製薬会社:第一三共株式会社)
  38. イブリーフ静注 (44d)
    • 2018-03-13 (火) 17:39:35 by kondo 差分
      • イブリーフ静注 (製薬会社:千寿製薬株式会社・武田薬品工業株式会社)
  39. デュピクセント皮下注 (44d)
    • 2018-03-13 (火) 17:24:08 by kondo 差分
      • デュピクセント皮下注シリンジ (製薬会社:サノフィ株式会社)
  40. ネイリンカプセル (44d)
    • 2018-03-13 (火) 16:49:50 by kondo 差分
  41. レキサルティ錠 (44d)
    • 2018-03-13 (火) 16:24:27 by kondo 差分
      • レキサルティ錠 (製薬会社:大塚製薬株式会社)
  42. アレサガテープ (44d)
    • 2018-03-13 (火) 16:04:54 by kondo 差分

      エメダスチンフマル酸塩 anchor.png

      • アレサガテープ (製薬会社:久光製薬株式会社)
        副作用5%以上0.1~5%未満0.1%未満頻度不明
        血液及びリンパ系障害-好中球減少、リンパ球増加--
        肝臓-ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇-LDH上昇、γ-GTP上昇
        腎臓-血中尿酸増加--
        神経系-眠気-脱力感、頭痛・頭重感、頭がボーッとする、ふらつき
        消化器-口渇-腹痛
        皮膚・皮下組織系適用部位紅斑適用部位そう痒感、適用部位丘疹、適用部位色素沈着、適用部位発疹-適用部位皮膚炎
        その他-腹痛--
  43. オレンシア点滴静注用 (44d)
    • 2018-03-13 (火) 15:27:59 by kondo 差分
      • 関節リウマチ
  44. オプジーボ点滴静注 (51d)
    • 2018-03-05 (月) 22:19:05 by kondo 差分
      • 再発又は難治性の古典的ホジキンリンパ腫
        通常、成人にはニボルマブ(遺伝子組換え)として、1回3mg/kg(体重)を2週間間隔で点滴静注する。
  45. ジアグノグリーン注射用 (59d)
    • 2018-02-26 (月) 14:26:11 by kondo 差分
      • ジアグノグリーン注射用 (製薬会社:第一三共株式会社)
  46. エンブレル皮下注 (72d)
    • 2018-02-13 (火) 15:11:24 by kondo 差分
      血液及びリンパ系障害-白血球増加、貧血(鉄欠乏性を含む)、ヘモグロビン減少好酸球増加、ヘマトクリット減少、赤血球減少、血小板増加、リンパ球増加、血沈亢進、好中球増加、赤血球形態異常、白血球分画異常、網状赤血球増加-
      肝臓-ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇、ALP上昇、LDH上昇--
      泌尿器-尿路感染(膀胱炎等)、腎盂腎炎、BUN増加、尿沈渣、血尿蛋白尿、クレアチニン上昇、頻尿、尿糖、残尿感、腎結石-
      生殖系及び乳房--月経不順、乳腺炎-
      神経系-頭痛、浮動性めまい、感覚減退( しびれ感等)、不眠錯感覚(ピリピリ感等)、眠気、味覚異常、手根管症候群、不安、嗅覚異常、四肢異常感覚-
      -結膜炎、麦粒腫ブドウ膜炎、白内障、結膜充血、角膜潰瘍、眼精疲労、眼のちらつき、眼乾燥、眼痛、強膜炎、眼の異常感-
      循環器 心臓-高血圧、血圧上昇、動悸、潮紅期外収縮、頻脈、血管炎(白血球破砕性血管炎、ヘノッホ・シェーンライン紫斑病等)-
      呼吸器感冒、上気道感染、気管支炎咳嗽、咽頭炎、鼻炎、副鼻腔炎、鼻漏、扁桃炎喘息、喀痰、嗄声、鼻閉、血痰、気管狭窄、気管支拡張症、気管支肺異形成症、肺嚢胞、胸水-
      消化器-胃腸炎、下痢・軟便、口内炎、腹痛、咽喉頭疼痛、悪心、嘔吐、便秘、歯周炎、食欲不振、歯肉炎、齲歯、胃部不快感、消化性潰瘍咽頭不快感、口唇炎(口角炎等)、腹部膨満、歯痛、歯髄炎、口腔感染、歯の知覚過敏、歯肉腫脹、舌苔、膵炎-
      皮膚・皮下組織系発疹(湿疹、皮膚炎、紅斑等)、そう痒症蕁麻疹、白癬、脱毛、爪囲炎膿痂疹、皮膚乾燥、爪感染、膿疱性乾癬、爪の異常、胼胝、光線過敏症、乾癬(悪化を含む)、凍瘡、化膿性汗腺炎、色素性母斑乾癬様皮疹
      筋骨格系及び結合組織障害-化膿性関節炎、疼痛(四肢、腰、背部、臀部等)関節痛、筋痛、ループス様症候群(注10)、滑膜炎、肩こり、靭帯障害、関節脱臼、脊椎症-
      投与部位注射部位反応(紅斑、出血斑、そう痒感、皮膚炎、疼痛、挫傷等)---
      抵抗機構-帯状疱疹、蜂巣炎、インフルエンザ、膿瘍創傷感染、化膿性リンパ節炎、サルコイドーシス-
      その他発熱コレステロール上昇、胸部不快感、疲労、脱力感、アルブミン減少、口渇、自己抗体陽性(注10)、難聴、気分不良、CRP増加、体重減少、痙攣、外耳炎、四肢不快感、総蛋白増加、脱水、耳下腺腫脹、総蛋白減少--
  47. MenuBar (87d)
    • 2018-01-29 (月) 13:17:48 by kondo 差分

      #recent(5)

  48. ネキシウムカプセル (97d)
    • 2018-01-19 (金) 19:46:09 by kondo 差分

      胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症、Zollinger-Ellison症候群、非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制、低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制の場合
      ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助の場合

  49. レパーサ皮下注 (101d)
    • 2018-01-15 (月) 20:09:36 by kondo 差分

      ヒトプロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)を阻害します 。
      レパーサはPCSK9に結合し、血中のPCSK9が低比重リポタンパク(LDL)受容体(LDLR)と結合するのを阻害します。
      その結果、LDLRの分解が抑制され、肝細胞表面でのLDLRの再利用を可能とします。PCSK9 のLDLRとの結合を阻害することで、レパーサは血中LDLを除去するLDLR数を増加させ、LDL-C値を低下させます。

  50. タシグナカプセル (106d)
    • 2018-01-10 (水) 01:24:00 by kondo 差分
      生殖系及び乳房-女性化乳房、勃起不全月経過多、乳頭腫脹、乳房硬結、乳房痛-
      代謝及び栄養高コレステロール血症(5.4%)、糖尿病、食欲不振、高尿酸血症脂質異常症、高トリグリセリド血症-痛風、低血糖脱水、食欲亢進
      内分泌--甲状腺機能亢進症甲状腺機能低下症、続発性副甲状腺機能亢進症甲状腺炎
      全身疲労(10.8%)、無力症(6.6%)、末梢性浮腫(5.6%)、発熱、顔面浮腫、けん怠感、悪寒、胸部不快感、胸痛、疼痛-過敏症、熱感、重力性浮腫、限局性浮腫、口腔乳頭腫、冷感インフルエンザ様疾患
      感染症毛包炎、鼻咽頭炎、ヘルペスウイルス感染気道感染、気管支炎、カンジダ症せつ、皮下組織膿瘍、肛門膿瘍、足部白癬尿路感染
      臨床検査低リン酸血症(14.8%)、リパーゼ増加(10.5%)、血中アミラーゼ増加(6.2%)、低カリウム血症、低カルシウム血症、体重増加、体重減少低マグネシウム血症、低ナトリウム血症、血中インスリン増加、血中非抱合ビリルビン増加、CK(CPK)増加、超低比重リポ蛋白(VLDL)増加、高カリウム血症、高カルシウム血症血中副甲状腺ホルモン増加、トロポニン増加、LDH増加高リン酸血症
  51. ジプレキサ細粒 (121d)
    • 2017-12-26 (火) 17:34:29 by kondo 差分

      用法・用量 anchor.png

      なお、患者の状態により適宜増量するが、1日量は10mgを超えないこと。

  52. ジプレキサ錠 (121d)
    • 2017-12-26 (火) 17:28:47 by kondo 差分
      血液及びリンパ系障害-白血球減少、白血球増多、貧血、リンパ球減少、好酸球増多、赤血球減少、好中球増多、血小板減少、ヘモグロビン減少、血小板増多、好中球減少好酸球減少、赤血球増多、単球減少、単球増多、ヘマトクリット値減少-
      肝臓ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇γ-GTP上昇、Al-P上昇、LDH上昇総ビリルビン上昇、ウロビリノーゲン陽性、総ビリルビン低下、肝炎-
      腎臓-BUN低下蛋白尿、尿沈渣異常、腎盂炎、クレアチニン低下、BUN上昇-
      泌尿器-排尿障害、尿閉頻尿、尿失禁-
      錐体外路症状アカシジア(静坐不能)、振戦筋強剛、流涎、ジストニア、パーキンソン病徴候、ジスキネジア、歩行異常、嚥下障害、眼球挙上、ブラジキネジア(動作緩慢)舌の運動障害、運動減少-
      循環器 心臓-血圧低下、動悸、起立性低血圧、血圧上昇、頻脈徐脈、心室性期外収縮、心房細動、心電図QT延長血栓
      呼吸器-鼻閉嚥下性肺炎鼻出血
      消化器便秘、食欲亢進、口渇嘔気、胃不快感、食欲不振、嘔吐、下痢、胃炎腹痛、胃潰瘍、口角炎、黒色便、痔出血、腹部膨満膵炎
      過敏症-発疹そう痒症、顔面浮腫、蕁麻疹、小丘疹光線過敏症、血管浮腫
      代謝及び栄養トリグリセリド上昇、コレステロール上昇、高脂血症尿糖、糖尿病高尿酸血症、カリウム低下、カリウム上昇、ナトリウム低下、総蛋白低下、水中毒ナトリウム上昇、クロール上昇、トリグリセリド低下、脱水症、クロール低下-
      内分泌-プロラクチン上昇、月経異常プロラクチン低下、乳汁分泌、乳房肥大、甲状腺機能亢進症-
      その他体重増加、倦怠感脱力感、体重減少、発熱、発汗、浮腫、ほてり、CK(CPK)上昇、転倒胸痛、骨折、腰痛、死亡、アルブミン低下、低体温、眼のチカチカ、A/G比異常、肩こり、グロブリン上昇、霧視感、脱毛症、関節痛持続勃起、離脱反応(発汗、嘔気、嘔吐)
  53. オランザピン錠 (121d)
    • 2017-12-26 (火) 16:47:30 by kondo 差分
      • オランザピン錠 (製薬会社:ファイザー株式会社)
  54. キイトルーダ点滴静注 (122d)
    • 2017-12-25 (月) 16:11:31 by kondo 差分
      精神神経系-頭痛、味覚異常、浮動性めまい記憶障害、錯感覚、不眠症-
  55. Verzenio (124d)
    • 2017-12-23 (土) 16:44:44 by kondo 差分

      フルベストラントと組み合わせて使用する場合、150mgを1日2回経口で服用します。
      単独療法として使用する場合、200mgを1日2回経口で服用します。

  56. エピジェネティック (124d)
    • 2017-12-23 (土) 15:30:14 by kondo 差分

      DNAの塩基配列に依存しない遺伝子の調節機構をエピジェネティクスと呼ぶ。
      エピジェネティック(エピジェネティクスの形容詞形)とは、DNA配列の変化を伴わないで遺伝子発現を制御・伝達する仕組みおよびその学術分野のことです。

      エピジェネティクスの分子基盤は、DNAのメチル化やヒストンのメチル化/アセチル化によりゲノムの特定領域に可逆的につけられた「目印」であり、このメチル化やアセチル化の情報はしばしばエピゲノムと呼ばれる。

  57. 自然2型リンパ球細胞 (124d)
    • 2017-12-23 (土) 15:23:37 by kondo 差分
  58. 2型ヘルパ-T細胞 (124d)
    • 2017-12-23 (土) 15:14:28 by kondo 差分
  59. 一塩基多型 (124d)
    • 2017-12-23 (土) 15:13:22 by kondo 差分

      集団のゲノム配列中でみられる一塩基の違い(個人差、多様性)で、特に、集団の1%以上に違いが認められる場合に、一塩基多型と呼ぶ。

      一塩基多型(SNP:Single nucleotide polymorphism)とは一塩基(T:チミン、G:グアニン、C:シトシン、A:アデニンのどれか)が他の塩基に置換した遺伝子多型

  60. ゲノムワイド関連解析 (124d)
    • 2017-12-23 (土) 15:07:43 by kondo 差分

      GWAS 概要 anchor.png

      ゲノムワイド関連解析(GWAS:Genome Wide Association Study)は、遺伝子多型を用いて疾患感受型遺伝子(罹りやすさに関係する遺伝子)を見つける方法の1つ。

      人のゲノム全体をほぼカバーする場所の、一塩基多型(SNP)を代表とする配列多様性の遺伝子型を決定し、遺伝子型の頻度の集団的偏り(特に患者と一般集団との間の)と、病気や表現型との関連を統計的に調べる方法。

      集団内で頻度の高い、ゲノム全体で30万~1000万ヶ所の遺伝子多型を一人一人について一度に調べる。


トップ 印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 遅発性ジスキネジア ゲスト 2018/1/6 12:00
  2. Re: 統合失調症 ゆたか 2017/12/14 18:44
  3. Re: 遅発性ジスキネジア ロンロン 2017/10/18 18:16
  4. Re: アザルフィジンEN錠 ゲスト 2017/10/7 11:54
  5. Re: アザルフィジンEN錠 ゲスト 2017/10/7 11:45

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...