.

トルバプタン(Tolvaptan) anchor.png

V2-受容体拮抗剤

  • サムスカ錠 (製薬会社:大塚製薬株式会社)
  • サムスカ顆粒 (製薬会社:大塚製薬株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png

この薬は腎臓での「バソプレシン」の働きをさまたげ、のう胞が増大する速度を抑える効果があります。
通常、腎臓が既に大きくなっていて、かつ、大きくなる速度が速い常染色体優性多発性のう胞腎の進行抑制に用いられます。

  • サムスカ錠7.5mg
    • ループ利尿薬等の他の利尿薬で効果不十分な心不全における体液貯留
    • ループ利尿薬等の他の利尿薬で効果不十分な肝硬変における体液貯留
    • 腎容積が既に増大しており、かつ、腎容積の増大速度が速い常染色体優性多発性のう胞腎の進行抑制
  • サムスカ錠15mg
    • ループ利尿薬等の他の利尿薬で効果不十分な心不全における体液貯留
    • 腎容積が既に増大しており、かつ、腎容積の増大速度が速い常染色体優性多発性のう胞腎の進行抑制
  • サムスカ錠30mg
    • 腎容積が既に増大しており、かつ、腎容積の増大速度が速い常染色体優性多発性のう胞腎の進行抑制
  • サムスカ顆粒1%
    • ループ利尿薬等の他の利尿薬で効果不十分な心不全における体液貯留
    • ループ利尿薬等の他の利尿薬で効果不十分な肝硬変における体液貯留
    • 腎容積が既に増大しており、かつ、腎容積の増大速度が速い常染色体優性多発性のう胞腎の進行抑制
Page Top

用法・用量 anchor.png

  • 心不全における体液貯留の場合
    通常、成人にはトルバプタンとして15mgを1日1回経口投与する。
  • 肝硬変における体液貯留の場合
    通常、成人にはトルバプタンとして7.5mgを1日1回経口投与する。
  • 常染色体優性多発性のう胞腎の進行抑制の場合
    通常、成人にはトルバプタンとして1日60mgを2回(朝45mg、夕方15mg)に分けて経口投与を開始する。
    1日60mgの用量で1週間以上投与し、忍容性がある場合には、1日90mg(朝60mg、夕方30mg)、1日120mg(朝90mg、夕方30mg)と1週間以上の間隔を空けて段階的に増量する。
    なお、忍容性に応じて適宜増減するが、最高用量は1日120mgまでとする。
Page Top

副作用 anchor.png

  • 心不全における体液貯留の場合
    主な副作用は、口渇、BUN上昇、血中尿酸上昇 等
  • 肝硬変における体液貯留の場合
    主な副作用は、口渇、頻尿 等
  • 常染色体優性多発性のう胞腎の場合
    主な副作用は、口渇、頻尿、多尿、頭痛、多飲症 等
Page Top

重大な副作用 anchor.png

  • 腎不全
    尿量減少、むくみ、のどの渇き
  • 血栓塞栓症
    局所の痛み、圧痛、紅斑
  • 高ナトリウム血症
    精神の混乱と過呼吸、のどの渇きなどの脱水症状、意識がうすれる(重篤になると昏睡)
  • 肝機能障害
    全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる。
    AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、Al-P、ビリルビン等の上昇を伴う肝機能障害があらわれることがある。
  • ショック、アナフィラキシー
    血圧低下、蕁麻疹、呼吸困難 等があらわれることがある。
  • 過度の血圧低下、心室細動、心室頻拍
  • 肝性脳症
    肝硬変患者の場合、意識障害を伴う肝性脳症があらわれるおそれがある。
  • 汎血球減少、血小板減少
Page Top

その他の副作用 anchor.png

副作用5%以上1~5%未満1%未満頻度不明
血液及びリンパ系障害--貧血、ヘモグロビン低下、平均赤血球容積増加、血小板減少、白血球増多、好酸球増多-
肝臓
肝胆道系
腎臓頻尿、多尿、血中クレアチニン上昇腎臓痛、BUN上昇、腎機能障害、血尿尿浸透圧低下、尿失禁、尿意切迫、排尿困難、尿閉、乏尿、尿路感染、膀胱痛、腎結石、シスタチンC上昇-
泌尿器
生殖系及び乳房
精神系
精神・神経系頭痛、めまい不眠症失神、意識消失、睡眠障害、嗜眠、傾眠、ナルコレプシー、注意力障害、感覚鈍麻、不随意性筋収縮、錯感覚、不安、うつ病、リビドー減退、神経過敏、パニック発作-
感覚器
--眼乾燥、緑内障、霧視、結膜出血-
循環器 心臓-血圧上昇、血圧低下、動悸頻脈、期外収縮、不整脈、起立性低血圧、不安定血圧-
血管
呼吸器-咳嗽、呼吸困難鼻咽頭炎、上気道感染、扁桃炎、副鼻腔炎、喘息、気管支炎、口腔咽頭痛、咽喉乾燥、鼻乾燥、鼻出血、発声障害-
消化器口渇、便秘食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、味覚異常、消化不良、腹痛、腹部膨満胃食道逆流性疾患、食道炎、裂孔ヘルニア、腹部不快感、心窩部不快感、口唇乾燥、鼓腸、胃腸炎、胃炎、胃腸障害、憩室炎、結腸ポリープ、嚥下障害、消化管運動障害、舌痛、舌苔、舌変色、口唇炎、口内炎、口の感覚鈍麻、臍ヘルニア、食欲亢進、呼気臭、痔核過敏性腸症候群
皮膚・皮下組織系-皮膚乾燥脱毛、ざ瘡、皮膚炎、色素沈着障害、爪の障害、多汗、乏汗、寝汗-
過敏症-発疹、そう痒蕁麻疹-
下垂体・副腎皮質系
免疫系
代謝及び栄養血中尿酸上昇脱水、高カリウム血症、糖尿病、高血糖、脂質異常症、痛風血液浸透圧上昇、血液量減少症、低カリウム血症、高カルシウム血症、低ナトリウム血症、低血糖、低リン酸血症、CK(CPK)上昇血中抗利尿ホルモン増加
内分泌
筋骨格系及び結合組織障害
全身
感染症
投与部位
抵抗機構
その他疲労、多飲症体重変動(増加、減少)、無力症、倦怠感、浮腫、筋骨格痛、筋痙縮、胸痛背部痛、関節痛、四肢痛、疼痛、側腹部痛、冷感、発熱、ほてり、熱感、粘膜乾燥、ウイルス感染、カンジダ症、真菌感染、筋硬直、関節腫脹、勃起不全、月経過多、不規則月経、乳房嚢胞、易刺激性、LDH上昇、耳鳴不正子宮出血
臨床検査
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の効果・副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 989, today: 3, yesterday: 0
初版日時: 2014-04-26 (土) 17:36:36
最終更新: 2017-03-16 (木) 23:39:32 (JST) (191d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. 眼底三次元画像解析 武田 光夫 2017/9/19 21:53
  2. Re: 甲状腺ホルモン アンク 2017/6/25 23:17
  3. 説明をありがとうございました。 ゲスト 2017/6/17 20:28
  4. Re: ナチュラルブレスト ゲスト 2017/4/7 20:17
  5. Re: サイラムザ点滴静注液 ダンディー 2017/4/5 21:12
  6. Re: ベガモックス点眼液 ゲスト 2017/2/26 12:32
  7. エレルサ錠 リチャード キンブル 2016/11/8 14:18

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...