.

概要 anchor.png

感染が骨髄に波及して発症した骨髄の炎症で、同時に骨質および骨膜も侵される難治性の病気です。急性と慢性では、症状が異なります。
口内細菌によって、う蝕(むし歯)から歯髄炎になり、治療後の歯が再び悪くなって起こるケースが最も多くみられます。
また、あごの腫瘍や骨折などでの二次感染によっても起こります。 局所の要因のみでなく、糖尿病などの全身疾患、栄養障害、生体の免疫力の低下や代謝障害が背後にあることもあります。

Page Top

分類 anchor.png

  • 慢性化膿性骨髄炎(化膿型)
    急性骨髄炎に引き続いて起こるもので、自覚症状が少なく、病変部のわずかな腫脹、硬結、圧痛、瘻孔形成などを認めます。
  • 慢性硬化性骨髄炎(硬化型)
    骨硬化を認めるもので、慢性期では自覚症状が少なく、鈍痛、違和感、腫瘤形成などを認める。急性期では下顎周囲の腫脹、疼痛、硬結、開口障害などを認め、弓倉症状やワンサン症候を伴うこともある。
Page Top

症状 anchor.png

原因となる歯の周囲の歯ぐきが広い範囲で発赤し、はれが著しく、歯は動揺します。また、歯ぐきから自然にうみが出るようになります。
歯、歯周、歯槽骨の深部に激痛が起こり、やがて近くの数歯にわたって歯ぐきのゆるみや歯の動揺があり、これらの歯を叩くと痛みがあります。
また、はれている側の下口唇に知覚異常が現れます。骨髄の中で病変がどんどん悪くなり、それに伴って痛みの範囲も広くなります。
まれに症状がひどくは現れず、慢性化することもあります。 全身的な症状としては、初期の悪寒を伴う高い発熱、食欲不振、全身倦怠感がみられます。

Page Top

診療科 anchor.png

歯科口腔外科

Page Top

検査 anchor.png

X線検査(CT撮影)、MRI検査、血液検査(白血球の数や種類、赤沈)を行います。
骨に異常のある時は、癌などの腫瘍性病変との区別が必要になります。

Page Top

anchor.png

Page Top

治療法 anchor.png

発熱による全身的な消耗が強ければ、安静にして対症療法を行います。抗菌薬の点滴静脈注射だけでなく、骨髄の病変部を抗菌薬を含んだ液で洗い流す治療が必要です。
炎症を起こしている部分の骨を表層より削りとったり骨の切除などの手術が行われ、場合によっては高圧酸素療法も併せて行われます。 慢性化して再発を繰り返すことが多いので、急性期が過ぎたら、原因となっている歯を抜歯し、腐った骨を除去します。
治療法は、副腎皮質ホルモン薬の外用と、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤の内服やステロイド剤以外に、非ステロイド系の消炎外用薬もあります。

  • 原因療法
    根管治療、歯周治療、抜歯など。
  • 対症療法
    • 薬物療法
      抗生剤の投与。症状、状態により薬剤の選択や再評価をしてゆくが、概ね3か月が目安。
      主に使用する薬剤としては、ペニシリン系、セフェム系、クリンダマイシン、14員環マクロライド系、ニューキノロン系。
    • 局所洗浄療法(イソジン灌流法など)
      手術療法の後療法として用いることが多い。
      整形外科では一般的な処置。 手術療法 皮質骨離断術+掻爬(そうは) 下顎骨離断術 高圧酸素療法
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の効果・副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 10051, today: 2, yesterday: 2
初版日時: 2009-10-16 (金) 14:34:27
最終更新: 2013-05-01 (水) 13:04:48 (JST) (1635d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 遅発性ジスキネジア ロンロン 2017/10/18 18:16
  2. Re: アザルフィジンEN錠 ゲスト 2017/10/7 11:54
  3. Re: アザルフィジンEN錠 ゲスト 2017/10/7 11:45
  4. Re: 肢端紅痛症 さっちゃん 2017/9/24 17:45
  5. 眼底三次元画像解析 武田 光夫 2017/9/19 21:53
  6. Re: 甲状腺ホルモン アンク 2017/6/25 23:17
  7. 説明をありがとうございました。 ゲスト 2017/6/17 20:28

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
19 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...