.

Na Ca K Mg P Cl 検査 anchor.png

電解質とはミネラルの中で水に溶ける性質のあるものをいいます。電解質は血液や体液の中に一定量だけ含まれており、細胞の内外の水分を一定に保ったり、神経の伝達、筋肉の収縮、止血などの重要な働きをしています。

  • 基準値
    ナトリウム Na 136~147mEq/l
    カルシウム Ca 8.7~10.1mg/dl
    カリウム K 3.6~5.0mEq/l
    マグネシウム Mg 1.8~2.6mg/dl
    リン P 2.4~4.3mg/dl
    クロール(塩素) Cl 98~109mEq/l
Page Top

何がわかるのか anchor.png

血液中の電解質の濃度を一定に保っているのは、主に腎臓とホルモンの働きによるため、血液中の電解質の量に変化があった場合には、腎臓やホルモンなどに異常が生じたことがわかります。

Page Top

どのような検査か anchor.png

血液を分析器で調べます。

Page Top

検査を受ける時の注意 anchor.png

特に食事などの注意はありません。

Page Top

主な電解質の働き anchor.png

  • ナトリウム
    細胞内外の物質交換、水分調節、筋肉の弛緩、神経伝達、胃液の分泌促進、体液のpH調節。
    過剰摂取は血圧を上昇させ、高血圧、動脈硬化を進行させる。
  • カルシウム
    骨や歯の材料。筋肉の収縮。神経の興奮を鎮め、精神を安定させる。ホルモンや消化液の分泌促進。止血。
    不足すると、骨粗鬆症、神経の伝達障害、筋肉の収縮障害。
  • カリウム
    細胞内外の物質交換、水分調節、筋肉の収縮。ナトリウムの害を防ぐ。腎臓の老廃物の排泄を促進。
    不足すると、高血圧を招き、心臓、腎臓、筋肉の働きが低下。
  • マグネシウム
    歯や骨の材料。精神を安定させ、筋肉の働きを円滑にし、心臓病を予防。体温や血圧を調節。
    不足すると、骨や歯の形成不全、動脈硬化や血栓症、心臓発作を起こす。
  • リン
    骨や歯の材料。細胞膜や核酸をつくる材料。神経や筋肉の働きを調節、エネルギーの運搬や貯蔵。
    不足すると、歯や骨が弱くなり、筋肉や神経に障害。過剰はカルシウムの沈着。
  • クロール(塩素)
    胃液に含まれ、pHの調節、殺菌、消化促進。膵液の分泌促進。
    不足すると、胃酸の酸度が低下し食欲不振や消化不良になる。食塩から供給され、過不足の心配はない。
Page Top

検査結果の判定 anchor.png

  • ナトリウム
    • 高値
      脱水症、クッシング症候群、原発性アルデステロン症など。
    • 低値
      腎不全、糖尿病性アシドーシスなど。
  • カルシウム
  • カリウム
    • 高値
      腎不全、アジソン病など。
    • 低値
      腎尿細管アシドーシス、原発性アルドステロン症など。
  • マグネシウム
    • 高値
      慢性腎不全、急性腎不全乏尿期、アジソン病、甲状腺機能低下症など。
    • 低値
      吸収不良症候群、原発性アルドステロン症、糖尿病、慢性アルコール中毒など。
  • リン
  • クロール(塩素)
    • 高値
      脱水症、腎尿細管アシドーシス、クッシング症候群など。
    • 低値
      アジソン病、慢性腎炎など。
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の効果・副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 14292, today: 1, yesterday: 7
初版日時: 2011-06-02 (木) 19:50:12
最終更新: 2011-06-10 (金) 20:18:08 (JST) (2325d) by ゲスト
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 遅発性ジスキネジア ロンロン 2017/10/18 18:16
  2. Re: アザルフィジンEN錠 ゲスト 2017/10/7 11:54
  3. Re: アザルフィジンEN錠 ゲスト 2017/10/7 11:45
  4. Re: 肢端紅痛症 さっちゃん 2017/9/24 17:45
  5. 眼底三次元画像解析 武田 光夫 2017/9/19 21:53
  6. Re: 甲状腺ホルモン アンク 2017/6/25 23:17
  7. 説明をありがとうございました。 ゲスト 2017/6/17 20:28

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...