.
スポンサーリンク

概要 anchor.png

白血病は血液のがんです。血液細胞には赤血球、血小板、白血球がありますが、これらの血液細胞が骨髄でつくられる過程でがんになります。
がん化した細胞(白血病細胞)は、骨髄内で増殖し骨髄を占拠します。そのため、正常な血液細胞が減少し、貧血、免疫系のはたらきの低下、出血傾向、脾臓(血液を貯蔵しておく臓器)の肥大などの症状があらわれます。

白血病は、がん化した細胞のタイプから「骨髄性」と「リンパ性」に分けられ、さらに病気の進行パターンや症状から「急性」と「慢性」に分けられます。

Page Top

白血病の種類 anchor.png

急性骨髄性白血病(AML)と慢性骨髄性白血病(CML)では病気の進み方が異なります。
急性骨髄性白血病(AML)の場合には初期から症状があらわれ、直ちに入院治療を必要としますが、慢性骨髄性白血病(CML)の場合は、初期には症状がないか、あっても軽い場合が多く、進行すると急性白血病と同じような症状があらわれます。

  • 急性白血病
    • 急性骨髄性白血病(AML: acute myeloid leukemia)
    • 急性リンパ性白血病(ALL: acute lymphoblastic leukemia)
  • 慢性白血病
    • 慢性骨髄性白血病(CML: chronic myelogenous leukemia)
      慢性骨髄性白血病(CML)は、白血球、赤血球、血小板をつくる過程で造血幹細胞ががん化する病気です。
      慢性骨髄性白血病(CML)は、急性骨髄性白血病(AML)が慢性化した病気ではありません。
    • 慢性リンパ性白血病(CLL: chronic lymphocytic leukemia)
Page Top

造血のしくみ anchor.png

血液細胞には大きく分けて、赤血球、血小板、白血球があります。白血球というのは、リンパ球、顆粒球、単球の総称です。
これらの血液細胞は、骨の内側にある骨髄というところでつくられます。そこで、血液細胞のもとになる造血幹細胞から各種の血液細胞へと変化(分化)し、成熟した血液細胞が血液中に放出されます。
変化する過程は大きく分けて2つあります。赤血球、血小板、単球、顆粒球をつくる過程は骨髄系、リンパ球をつくる過程はリンパ系とよばれます。

Page Top

症状 anchor.png

Page Top

急性骨髄性白血病(AML)の症状 anchor.png

疲労、くりかえす感染症、脱力、食欲不振、高熱
過剰な出血、痛みや傷がなかなか治らない
歯肉の腫れまたは変色、アザができやすい、骨や関節の痛み(特に肋骨と胸骨)

Page Top

原因 anchor.png

遺伝子や染色体に傷がつくことで発症すると考えられています。たとえば、慢性骨髄性白血病(CML)では、患者さんの95%以上でフィラデルフィア(Ph)染色体という異常な染色体が見つかります。
遺伝子や染色体に傷がつく原因として、放射線、ベンゼンやトルエンなどの化学物質、ウイルスなどが挙げられています。
白血病は遺伝しません。

Page Top

診療科 anchor.png

血液内科

Page Top

検査 anchor.png

血液検査、骨髄検査など

Page Top

診断 anchor.png

白血病の診断は、問診、血液検査、骨髄検査などの結果に基づいて行われます。
貧血などの症状があり、血液検査の結果から、血液細胞の数や種類に異常がみられた場合、白血病が疑われます。
最終的な診断には、骨髄液を吸引する「骨髄穿刺(マルク)」や、骨髄の組織を採取する「骨髄生検」などの骨髄検査が行われます。
骨髄はすべての骨の中にありますが、骨髄穿刺は腸骨(骨盤の骨)から採取するのが一般的で、ときには胸骨(胸の正面にある平らな骨)から採取することもあります。骨髄中の細胞の数や種類、染色体や遺伝子の状態を確認し、白血病かどうかを確定診断します。

Page Top

病期 ステージ anchor.png

Page Top

合併症 anchor.png

Page Top

anchor.png

  • (一般名:)
Page Top

治療法 anchor.png

Page Top

慢性骨髄性白血病(CML)の治療法 anchor.png

Page Top
薬物療法 anchor.png

薬物療法には、分子標的治療薬、化学療法、インターフェロン‐α療法があり、白血病細胞を減少させ、症状を抑える効果があります。
はじめて慢性骨髄性白血病(CML)と診断されたとき、病期が慢性期であれば分子標的治療薬を使用します。しかし、分子標的治療薬による副作用やCMLの進行に応じて、異なる分子標的治療薬に替えたり、分子標的治療薬以外の治療法へ変更したりします。

Page Top
分子標的治療薬 anchor.png

慢性骨髄性白血病(CML)の原因であるBCR-ABL遺伝子からつくられるBcr-Abl蛋白(チロシンキナーゼ)を狙い撃ちし、そのはたらきを抑えることで、白血病細胞が増えないようにする薬です。白血病細胞を狙うので、正常な細胞に及ぼす影響が比較的少なく、従来の抗がん剤よりも副作用が少ないという特徴があります。

  • 分子標的治療薬の副作用
    • 消化器症状
      吐き気、嘔吐、下痢など
    • 皮膚の発疹
      皮膚が赤くなる、かゆみが出るなど
    • むくみ、体重増加
      目のまわりが腫れる、靴が履けない、筋肉が圧迫されて痛む、歩きづらいなど
    • 筋肉痛・筋肉のけいれん
      足や手が痛む、力を入れたときにつる、夜寝ているときに体がつるなど
    • その他
      発熱、重度のさむけ、喉の痛み、口内炎、出血、貧血症状など
Page Top
化学療法 anchor.png

抗がん剤を用いた治療法です。白血病細胞の増殖を抑え、増加した白血球数を正常値まで減少させ、肥大した脾臓を小さくします。

Page Top
インターフェロン‐α療法 anchor.png

体の中にもともとあり、ウイルスを攻撃したり、免疫の働きを活性化したりするインターフェロン‐αを用いた治療のことです。
白血球数を正常値まで減少させ、ときには白血病細胞を死滅させることができます。分子標的治療薬が効かなくなった場合や、造血幹細胞移植が行えない場合に用いられます。

Page Top
移植療法 anchor.png

移植療法には造血幹細胞移植があり、健康な造血幹細胞を移植して造血機能を回復させます。

Page Top
造血幹細胞移植 anchor.png

通常よりも強力な化学療法や放射線照射を行い、骨髄中の白血病細胞や造血幹細胞を死滅させた後に、正常な造血幹細胞を移植して骨髄の造血機能を回復させる治療法です。造血幹細胞の提供者(ドナー)が必要で、移植した造血幹細胞に対する拒絶反応を免疫抑制剤で抑えなければなりません。

Page Top

免疫療法・遺伝子治療 anchor.png

Page Top
キメラ抗原受容体(CAR)を用いた遺伝子改変T細胞療法 anchor.png
  • CAR-T細胞治療
    • キムリア点滴静注
      患者からリンパ球の一種の免疫細胞を採取し、遺伝子を改変した免疫細胞を作成する。そして、免疫細胞を増殖させて、がん細胞への攻撃力を高めてから患者に点滴投与する。
      「再発または難治性CD19陽性のB細胞性急性リンパ芽球(がきゅう)白血病」、「再発または難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ種」が対象です。
Page Top

罹患した著名人 anchor.png

  • 大塚範一(のりかず) フリーアナウンサー、元NHKアナウンサー
    2011年11月、急性リンパ性白血病と診断され治療を受けることになる。その後、臍帯血(さいたいけつ)移植手術を受けて血液型がB型からA型に変わった。
  • 早川史哉 サッカー選手
    2016年5月、急性リンパ性白血病と診断され、2016年秋に骨髄移植手術を受ける。
  • 池江 璃花子(いけえりかこ) 競泳女子日本代表
  • 岡村孝子 シンガー・ソングライター
    2019年4月、急性白血病と診断される。
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 387, today: 2, yesterday: 0
Princeps date: 2018-12-25 (Tue) 12:08:12
Last-modified: 2019-04-22 (Mon) 21:27:17 (JST) (182d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/10/1 12:22
  2. Re: ProGRP YUMIKO 2019/9/27 8:31
  3. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/14 13:08
  4. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/5 7:57
  5. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/8/25 10:12

.
スポンサーリンク

通院日記を書いて病気と向き合えるの?iness


オンライン状況
14 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...