.
スポンサーリンク

インターフェロン アルファ (NAMALWA)(Interferon alfa) anchor.png

天然型 インターフェロン-α製剤

  • スミフェロン注DS (製薬会社:大日本住友製薬株式会社)
    • 薬価
      DS300万IU300万国際単位/筒 6670.00円(2020年4月1日以降)
      DS600万IU600万国際単位/筒 12654.00円(2020年4月1日以降)
      薬価の改定が更新されていない場合はご注意ください。
  • スミフェロン注バイアル (製薬会社:大日本住友製薬株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png

B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスに抗ウイルス作用を示し、肝機能を改善します。また、免疫力を高め、腫瘍細胞の増殖抑制と腫瘍細胞障害性を高めます。通常、B型慢性活動性肝炎、C型慢性肝炎、C型代償性肝硬変、腎癌多発性骨髄腫、ヘアリー細胞白血病、慢性骨髄性白血病の治療に用いられます。

Page Top

スミフェロン注バイアル300万IUの場合 anchor.png

  • 腎癌多発性骨髄腫、ヘアリー細胞白血病
  • 慢性骨髄性白血病
  • HBe抗原陽性でかつDNAポリメラーゼ陽性のB型慢性活動性肝炎のウイルス血症の改善
  • C型慢性肝炎におけるウイルス血症の改善(血中HCV RNA量が高い場合を除く)
  • C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善(セログループ1の血中HCV RNA量が高い場合を除く)
  • 亜急性硬化性全脳炎におけるイノシン プラノベクスとの併用による臨床症状の進展抑制
  • HTLV-I脊髄症(HAM)
Page Top

スミフェロン注DS300万IUの場合 anchor.png

  • 腎癌多発性骨髄腫、ヘアリー細胞白血病
  • 慢性骨髄性白血病
  • HBe抗原陽性でかつDNAポリメラーゼ陽性のB型慢性活動性肝炎のウイルス血症の改善
  • C型慢性肝炎におけるウイルス血症の改善(血中HCV RNA量が高い場合を除く)
  • C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善(セログループ1の血中HCV RNA量が高い場合を除く)
  • HTLV-I脊髄症(HAM)
Page Top

スミフェロン注DS600万IUの場合 anchor.png

  • 腎癌多発性骨髄腫、ヘアリー細胞白血病
  • 慢性骨髄性白血病
  • HBe抗原陽性でかつDNAポリメラーゼ陽性のB型慢性活動性肝炎のウイルス血症の改善
  • C型慢性肝炎におけるウイルス血症の改善(血中HCV RNA量が高い場合を除く)
  • C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善(セログループ1の血中HCV RNA量が高い場合を除く)
Page Top

用法・用量 anchor.png

  • 腎癌多発性骨髄腫、ヘアリー細胞白血病、慢性骨髄性白血病
    通常、成人には1日1回300万〜600万単位を皮下又は筋肉内に投与する。なお、年齢、症状により適宜増減又は隔日投与する。
    〔全製剤共通〕
  • HBe抗原陽性でかつDNAポリメラーゼ陽性のB型慢性活動性肝炎のウイルス血症の改善
    通常、成人には1日1回300万〜600万単位を皮下又は筋肉内に投与する。
    〔全製剤共通〕
  • C型慢性肝炎におけるウイルス血症の改善(血中HCV RNA量が高い場合を除く)
    使用にあたっては、HCV RNAが陽性であることを確認したうえで行う。通常、成人には1日1回300万〜900万単位を連日又は週3回皮下又は筋肉内に投与する。
    〔全製剤共通〕
  • C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善(セログループ1の血中HCV RNA量が高い場合を除く)
    使用にあたっては、HCV RNAが陽性であることを確認したうえで行う。
    通常、成人は1日1回600万単位で投与を開始し、投与後2週間までは連日、その後1日1回300万〜600万単位を週3回皮下又は筋肉内に投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。
    〔全製剤共通〕
  • 亜急性硬化性全脳炎におけるイノシン プラノベクスとの併用による臨床症状の進展抑制
    イノシン プラノベクスと併用し、通常、1日1回100万〜300万単位を週1〜3回髄腔内(脳室内を含む)に投与する。なお、年齢、症状により適宜減量する。
    スミフェロン注バイアル300万IU〕
  • HTLV-I脊髄症(HAM)
    通常、成人には1日1回300万単位を皮下又は筋肉内に投与する。
    スミフェロン注バイアル300万IU・注DS300万IU〕
Page Top

副作用 anchor.png

主な副作用は、発熱、全身倦怠感等・食欲不振などのインフルエンザ様症状、脱毛、白血球減少、血小板減少などが報告されています。

Page Top

重大な副作用 anchor.png

  • 間質性肺炎
    発熱、から咳、呼吸困難、胸部X線異常 等
  • 抑うつ、自殺企図、躁状態、攻撃的行動
    不眠、不安、焦燥、興奮、攻撃性、易刺激性等があらわれた場合がある。
  • 糖尿病(1型及び2型)
    口渇、多飲、多尿
    糖尿病が増悪又は発症することがあり、昏睡に至ることがある。
  • 自己免疫現象によると思われる症状・徴候
    甲状腺機能異常、潰瘍性大腸炎関節リウマチ、1型糖尿病、多発性筋炎、溶血性貧血、肝炎、SLE、重症筋無力症の増悪又は発症 等
    発汗、食欲不振、貧血症状
  • 重篤な肝障害
    全身倦怠感、食欲不振、吐き気
    黄疸や著しいトランスアミナーゼの上昇を伴う肝障害があらわれる場合がある。
  • 急性腎不全、ネフローゼ症候群等の重篤な腎障害
  • 溶血性尿毒症症候群
    血小板減少、溶血性貧血、腎不全を主徴とする溶血性尿毒症症候群があらわれることがある。
  • 汎血球減少、無顆粒球症、白血球減少、血小板減少、貧血、赤芽球癆
  • 敗血症肺炎等の重篤な感染症
  • ショック
    血圧低下、胸部圧迫感、吐気、チアノーゼ等の症状があらわれる場合がある。
  • 狭心症心筋梗塞、心筋症、心不全、完全房室ブロック、心室頻拍
  • 消化管出血(下血、血便等)、消化性潰瘍、虚血性大腸炎
  • 脳出血
  • 脳梗塞
  • 錯乱、痙攣、幻覚・妄想、意識障害、興奮、見当識障害、失神、せん妄、認知症様症状(特に高齢者)
  • 四肢の筋力低下、顔面神経麻痺、末梢神経障害
  • 網膜症
    網膜出血や糖尿病網膜症が増悪する場合がある。また、視力低下、視野中の暗点が出現する場合がある。
  • 難聴
  • 皮膚潰瘍、皮膚壊死
  • 無菌性髄膜炎亜急性硬化性全脳炎患者に対して髄腔内(脳室内を含む)投与した場合]
    発熱、頭痛、悪心・嘔吐、意識混濁、髄液細胞増多、髄液蛋白量増加等が重度で遷延することがある。
Page Top

その他の副作用 anchor.png

副作用5%以上0.1~5%未満0.1%未満頻度不明
血液及びリンパ系障害顆粒球減少、血小板減少赤血球減少、ヘモグロビン減少、貧血、好酸球増多、白血球増多リンパ節症、リンパ球減少、白血球分画異常出血傾向
肝臓-AST(GOT)、ALT(GPT)、ALP、γ-GTP、LDHの上昇黄疸、ビリルビンの上昇-
腎臓-蛋白尿、BUN・クレアチニン上昇、血尿、排尿困難尿量減少、多尿、頻尿-
膵臓---急性膵炎
精神系頭痛不眠、眠気、焦燥、めまい、知覚異常、冷感集中力障害、健忘、錐体外路症状(振戦、歩行障害等)、不安、神経症、脳波異常、構語障害-
神経系・筋-四肢のしびれ、筋肉痛、背部痛、関節痛、腰痛、脱力感、肩こり、こわばり感、CK(CPK)の上昇神経痛-
網膜出血、軟性白斑等の網膜の微小循環障害眼痛、充血視神経炎、眼球乾燥、視野狭窄、複視網膜静脈血栓症
循環器 心臓-胸痛、顔面潮紅、心電図異常(洞性頻脈、期外収縮、心房細動等の不整脈、STの低下等)等の心筋障害、四肢・顔面浮腫、動悸頻脈、血圧上昇、血圧下降徐脈、末梢性虚血
呼吸器咳嗽、呼吸困難喀痰増多、喘息血痰
消化器食欲不振悪心・嘔吐、下痢、腹痛、口内炎、味覚異常、便秘、口渇、舌炎消化不良、腹部膨満感、イレウス、口唇炎、味覚低下、胃炎-
皮膚・皮下組織系脱毛湿疹、紅斑、皮膚炎、ヘルペス乾癬、爪疾患、紫斑、ざ瘡光線過敏症
過敏症-発疹、蕁麻疹、そう痒--
全身発熱、全身倦怠感、インフルエンザ様症状悪寒・戦慄--
投与部位(筋肉内・皮下)-疼痛発赤、硬結、皮膚潰瘍蜂窩織炎
投与部位(髄腔内・脳室内)髄液細胞増多、髄液蛋白量の増加又は減少髄液中組織球の出現--
その他-体重減少、疲労、血清総蛋白量の増加又は減少、鼻出血、歯肉出血、アフタ性口内炎、咽頭炎、疼痛、尿糖陽性、耳鳴、感染症、カリウム・カルシウム・ナトリウム等の電解質異常、コレステロール値の異常、尿酸値上昇、血糖値上昇嗄声、多汗、口腔内出血、不正出血、月経異常、腹水、インポテンス、トリグリセライド値の上昇、血清アミラーゼ上昇、各種自己抗体の陽性化、グロブリン上昇、CRP上昇サルコイドーシス、移植後の拒絶反応又は移植片対宿主反応
Page Top

ジェネリック医薬品 anchor.png

  •  (製薬会社:)
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 3649, today: 1, yesterday: 1
Princeps date: 2011-12-06 (Tue) 18:30:19
Last-modified: 2020-10-29 (Thu) 12:47:55 (JST) (29d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 肢端紅痛症 なん 2020/9/26 22:38
  2. Re: レルミナ錠 ゆりさか 2020/8/8 6:55
  3. Re: 肢端紅痛症 なっちゃん 2020/5/26 22:09
  4. Re: 肢端紅痛症 みーと 2020/5/26 17:57
  5. PCR検査を受けられる条件 ゲスト 2020/4/13 17:50

.
スポンサーリンク

治療日記で病気と向き合う iness


オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...