.

概要 anchor.png

細菌やウイルスなどが脳と脊髄を包む膜である髄膜に炎症を起こす病気です。
最も多いのはウイルス性の髄膜炎で、症状としては発熱・頭痛・嘔吐・痙攣・項部硬直 〈首の後ろの筋肉が固まる〉・重篤〈じゅうとく〉な場合は意識障害が見られる事もあります。

Page Top

髄膜とは anchor.png

髄膜とは頭蓋骨と脳の間にあって脳を包み込み、いわば脳を保護するクッションのような役目をしている膜です。
髄膜は3枚の膜で成り立っています。脳に近い方から軟膜、くも膜、硬膜からなっていて、この軟膜とくも膜との間にくも膜下腔というスペースがあり、脳脊髄液という栄養たっぷりの液体がたまっています。この髄膜に細菌やウイルスがつくと髄膜炎になります。
髄膜についた細菌やういるすは居心地のよい脳脊髄液の中で増えて、脳脊髄液は細菌やウイルス、それを退治しようと集まってきた白血球やそれらの出すタンパク質でどろどろになります。

Page Top

病態 anchor.png

Page Top

無菌性(ウイルス性)髄膜炎 anchor.png

おたふくかぜウイルス(ムンプスウイルス)によるものと、夏風のコクサッキーウイルス、エコーウイルスなどが原因のことが多いです。
おたふくかぜは流行性耳下腺炎とも呼ばれているように、両側または片側の耳の直下が腫れてきます。反復性耳下腺炎や化膿性耳下腺炎と紛らわしいことも稀にあります。

Page Top

化膿性(細菌性)髄膜炎 anchor.png

ウイルス性髄膜炎に比べて頻度は少ないです。新生児、特に母親から十分な抗体をもらわないうちに生まれた未熟児ではB群溶連菌、大腸菌が原因の髄膜炎にかかることがあります。乳幼児期にはいんふるえんざ菌、肺炎球菌、髄膜炎菌などが原因のことが多いです。

Page Top

新生児の髄膜炎 anchor.png

典型的な発熱、嘔吐がなく、いつもに比べて元気がなかったり、母乳の飲みが悪かったり、逆に異常に興奮していたりということだけが症状のことがあります。
新生児の髄膜炎は早期発見が難しく、手遅れになる場合もあります。大泉門という前頭部の膜が硬く張っている場合は注意が必要です。

Page Top

anchor.png

Page Top

治療法 anchor.png

Page Top

ウイルス性髄膜炎 anchor.png

入院にて安静にし、嘔吐や頭痛で水分がとれない場合には点滴をします。
細菌培養の結果が判明するまで抗生剤を使うことがあります。 細菌性髄膜炎 抗生剤の点滴を中心に治療します。 わずかですが死亡率のある病気ですので、早めの治療が大切です。

スポンサーリンク

添付ファイル:

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の効果・副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 6872, today: 1, yesterday: 1
初版日時: 2009-10-17 (土) 16:00:25
最終更新: 2013-11-29 (金) 20:18:28 (JST) (1665d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 新しいサプリ 山口組の雇い主 2018/5/5 11:31
  2. Re: 遅発性ジスキネジア ゲスト 2018/1/6 12:00
  3. Re: 統合失調症 ゆたか 2017/12/14 18:44
  4. Re: 遅発性ジスキネジア ロンロン 2017/10/18 18:16
  5. Re: アザルフィジンEN錠 ゲスト 2017/10/7 11:54

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...