.
これらのキーワードがハイライトされています:肝臓がん

Return to 肝臓がん
  • AFP (2344d) [ AFP 腫瘍マーカー ]
    ...どなくなります。肝臓に発生する原発性肝がんでは、多くの人が上昇しますから、肝臓がんの腫瘍マーカーとして重要です。 肝臓がんはC型やB型のウイルス肝炎の人に起こるため、慢性肝炎の人のスクリーニングに使われ、肝臓がんの治療成績の判定、治療後の再発の早期発見に利用されています。 基準値 10.0ng/ml以下 異常値を示す病気 肝臓がん、肝硬変、慢性肝炎、急性肝炎など
  • BFP (2342d) [ 塩基性胎児タンパク 腫瘍マーカー ]
    ページ内コンテンツ 塩基性胎児タンパク 腫瘍マーカー 異常値を示す病気 塩基性胎児タンパク 腫瘍マーカー いろいろな臓器のがんで陽性になり、特に肝臓がんや胆嚢がん、胆管がん、膵臓がんで高値を示します。 基準値 75ng/ml以下 異常値を示す病気 肝臓がん、胆嚢がん、胆管がん、膵臓がん腎臓がんなど。
  • B型肝炎 (291d) [ 概要 ]
    ...られます。一方でHBe抗原陰性、HBe抗体陽性の場合は、HBVの増殖力が弱く、肝炎は沈静化し、他の人への感染の可能性が低いことが多いです。しかし、HBe抗体陽性であっても、肝炎が徐々に進行して肝硬変になったり、あるいは肝炎が進行しなくても肝臓がんになることがあるので注意が必要です。 HBs抗体 B型急性肝炎を発症して治癒した人、あるいはB型肝炎ワクチンを接種した人はHBs抗体が陽性となります。HBs抗体が陽性の人は、仮にHBVが体内に入ってきても、ウイルスは排除され、肝炎を発症することはありま...
  • DUPAN-2 (2343d) [ DUPAN-2 腫瘍マーカー ]
    ページ内コンテンツ DUPAN-2 腫瘍マーカー 異常値を示す病気 DUPAN-2 腫瘍マーカー 胆道系のがん、膵臓がん、肝臓がんで高値を示すため、その診断や、膵炎、胆嚢炎、胆管炎、胆石などとの鑑別に利用されます。 基準値 150U/ml以下 異常値を示す病気 膵臓がん、胆管がん、肝臓がんなど。
  • GOT・GPT (2381d) [ GOT(AST)・GPT(ALT) ]
    ...では、急性肝炎の極期と同じように1000IUを超える値を示しますが、あるときから急に低下します。 慢性肝炎、肝硬変、肝臓がん、閉塞性黄疸、胆道系の病気などでは、100~500IUくらいの軽度ないし中等度の上昇をみせます。 慢性の肝障害では、一般...けが上昇してGPTと比が5を超えます。 異常な場合に疑われる病気 ウイルス肝炎、劇症肝炎、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がん、アルコール性肝障害、薬剤性肝障害、脂肪肝、肝膿瘍、閉塞性黄疸、胆石、胆嚢炎、胆道系のがん、膵臓がん、心筋梗塞、筋ジストロ...
  • ICG試験 (2377d) [ 色素負荷試験 ]
    ...して検査します。15分後に30%以上あったら肝硬変が疑われます。45分後に30%を超えていたら、肝障害が相当進んでいると考えられます。肝硬変になると血漿消失率の停滞値は0.100以下に下がります。 異常な場合に疑われる病気 肝炎、肝硬変、肝臓がん、胆汁流出障害など。 BSP試験 ICG試験と原理は同じでBSP(ブロモスルホフタレイン)という色素を注射し、45分後に採血して調べます。基準値は45分値で6%以下です。 アレルギー反応があらわれることがあるので、特殊な場合を除いてはあまり行われません。
  • KMO-1 (2342d) [ KMO-1 腫瘍マーカー ]
    ページ内コンテンツ KMO-1 腫瘍マーカー 異常値を示す病気 KMO-1 腫瘍マーカー 消化器のがんに高い陽性率を示し、特に膵臓がん、胆嚢がん、肝臓がん、胆管がん、肝臓がんで高くなります。病気の経過、治療効果の判定、慢性膵炎、胆石急性肝炎などの良性疾患との鑑別に役立ちます。 基準値 530U/ml未満 異常値を示す病気 膵臓がん、胆嚢がん、胆管がん、肝臓がんなど
  • LDH (2378d) [ 乳酸脱水素酵素 ]
    ...。 基準値 115~245IU/ℓ 何がわかるのか 急性肝炎、肝臓がん、特に転移性肝がん、あるいは心筋梗塞のときに血液中に著しく増加します。その他、...ません。 検査結果の判定 4~5倍の高値を示す場合には、急性肝炎や心筋梗塞、肝臓がんが疑われ、高値でも軽度の場合は全身のいろいろな病気が考えられます。但し、この検...査、その他の検査と合わせて診断します。 異常な場合に疑われる病気 急性肝炎、肝臓がん、心筋梗塞、慢性肝炎、肝硬変、筋ジストロフィー、間質性肺炎、悪性貧血、腎不全、い...
  • Span-1 (2342d) [ Span-1 腫瘍マーカー ]
    ページ内コンテンツ Span-1 腫瘍マーカー 異常値を示す病気 Span-1 腫瘍マーカー 消化器のがんで陽性になりますが、、特に膵臓がん、肝臓がん、胆道系のがんでは高率に陽性となります。膵臓がんと膵炎などの良性疾患との鑑別や膵臓がん、肝臓がん、胆道系のがんの治療効果の判定に利用されます。 基準値 30U/ml以下 異常値を示す病気 膵臓がん、肝臓がん、胆道系のがんなど。
  • γ-GTP (160d) [ ガンマ・グルタミルトランスペプチダーゼ ]
    ...0IU/ℓ以下 女性 30IU/ℓ以下 何がわかるのか 肝臓病、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がん、薬剤性肝障害などや胆石、がんなどで胆道が詰まった時、閉塞性黄疸、膵臓の病気、心筋梗塞などでも高値を示します。 たいてい...です。 異常な場合に疑われる病気 アルコール性肝炎、アルコール性脂肪肝、胆汁うっ滞性肝炎、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がん、薬剤性肝障害、胆石、胆道系のがん、膵臓がん、膵炎など。
  • アクアセス数の多いページ (91d) [ popular 人気ページ ]
    ...性股関節症(5538) ギラン・バレー症候群(5525) FormattingRules(5517) クローン病(5502) 膝蓋骨軟化症(5499) パーキンソン病(5485) 前立腺がん(5480) template検査(5419) 肝臓がん(5412) CA72-4(5356) アザルフィジンEN錠(5347) CA54/61(5312) 慢性原発性副腎皮質機能低下症(5276) 狭心症(5245) 重症筋無力症(5212)
  • アルカリホスファターゼ (2381d) [ ALP ]
    ...管結石、腫瘍などによる胆道の閉塞、薬剤性肝障害などで黄疸が出ると、ALPの数値は数倍に上昇します。慢性肝炎、肝硬変、肝臓がん、アルコール性肝障害では、基準値の2~3倍になります。 骨折や骨の腫瘍、がんの骨移転、胃切除後に起こる骨軟化症などでは、...GPTは上昇しないので肝臓や胆道系の病気と区別できます。 異常な場合に疑われる病気 高値 急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がん、胆汁うっ滞、閉塞性黄疸、胆石、胆道系のがん、膵臓がん、薬剤性肝障害、アルコール性肝障害、骨折、骨肉種、がんの骨移転、骨軟...
  • カルシウム調節ホルモン (2349d) [ 副甲状腺ホルモン(PTH) カルシトニン ]
    ...ルモンが高値 副甲状腺機能亢進症、慢性腎不全、ビタミンD欠乏症など。 副甲状腺ホルモンが低値 副甲状腺機能低下症、ビタミンD中毒、悪性腫瘍の骨転移など。 カルシトニンが高値 甲状腺髄様がん、異所性カルシトニン産生腫瘍、肺小細胞未分化がん、肝臓がん、慢性腎不全、副甲状腺機能亢進症など。 カルシトニンが低値 低カルシウム血症、老年性骨粗鬆症など。
  • キロサイド注 (360d) [ シタラビン ]
    ...作用 重大な副作用 その他の副作用 ジェネリック医薬品 シタラビン 代謝拮抗性抗悪性腫瘍剤 キロサイド注 (製薬会社:日本新薬株式会社) 作用と効果 急性白血病 赤白血病、慢性骨髄性白血病の急性転化例を含む。 消化器癌(胃がん、膵臓がん、肝臓がん、結腸がん 等)、肺がん、乳がん、女性性器癌(子宮体がん、子宮頸がん 等) 等 ただし他の抗腫瘍剤(フルオロウラシル、マイトマイシンC、シクロホスファミド水和物、メトトレキサート、ビンクリスチン硫酸塩、ビンブラスチン硫酸塩等)と併用する場合に限る。 膀...
  • ファルモルビシン注射用 (1082d) [ エピルビシン塩酸塩 ]
    ...社) 作用と効果 急性白血病、悪性リンパ腫、乳がん(手術可能例における術前、あるいは術後化学療法)、卵巣がん、胃癌、肝臓がん、尿路上皮癌(膀胱がん、腎盂・尿管腫瘍)の症状の緩解 用法・用量 急性白血病の場合 エピルビシン塩酸塩として15mg(力...〜4週休薬する。これを1クールとし、通常3〜4クール反復する。 なお投与量は年齢、症状、副作用により、適宜増減する。 肝臓がんの場合 エピルビシン塩酸塩として60mg(力価)/m2(体表面積)を約20mLの日局注射用水に溶解し、肝動脈内に挿入された...
  • フィブリノゲン (2360d) [ フィブリノゲン ]
    ...費されたために低くなっているか、もしくはフィブリノゲンをつくる肝臓に障害があることをなどを疑います。 異常な場合に疑われる病気 高値 感染症、がん、ネフローゼ症候群、心筋梗塞、脳梗塞など。 低値 播腫性血管内凝固症候群(DIC)、肝硬変、肝臓がん、劇症肝炎、先天性フィブリノゲン欠乏症など。
  • フェリチン (2344d) [ フェリチン(Fer) 腫瘍マーカー ]
    ... いろいろな臓器に存在する鉄貯臓タンパクで、鉄貯蔵量を反映するので貧血の診断に利用されます。白血病で特に高くなる他、肝臓がん、膵臓がんなどでも上昇するため、その診断や治療効果の判定などに利用されます。 基準値 男性 27~320ng/ml 女性 3.4~89ng/ml 異常値を示す病気 白血病、悪性リンパ腫、肝臓がん、膵臓がん、再生不良性貧血、ヘモクロマトーシス、肝臓病など。
  • ホウ素中性子捕捉療法 (689d) [ BNCT 概要 ]
    ...ています。また、BNCTで発生するアルファ線と7LiはX線やガンマ線に比べて生物学的な効果が2~3倍程度高いとされており、治療効果が高いことが期待されます。 治療の対象となるがんの種類 悪性脳腫瘍   悪性黒色腫       頭頚部腫瘍 肝臓がん
  • ポリアミン (1601d) [ 尿中ポリアミン 腫瘍マーカー ]
    ...し尿中に排泄されます。 変動要因 蓄尿中の防腐剤の添加が不十分な場合には、細菌が増殖しポリアミン量が高値となる。尿路感染症に罹患している場合も同様である。また、酸性蓄尿では低値となるので蓄尿の条件を確認する。 異常を示す病気 高値 肉腫、肝臓がん、胆嚢がん、腎臓がん、胃癌、大腸がん、乳がん、肺がん、膵臓がん、食道がん 血液悪性腫瘍(急性白血病、慢性白血病急性転化、悪性リンパ腫) のう胞性線維症、 乾癬、創傷、急性肝炎回復期
  • ユーエフティカプセル (1203d) [ テガフール(Tegafur) ウラシル(Uracil) ]
    ...オロウラシルに変換されるテガフールと、そのフルオロウラシルの分解を抑制するウラシルを配合することにより抗がん剤の効き目を高めた薬で、がん(腫瘍)を小さくすることで症状が軽くなることが期待できます。 通常、頭頸部がん、胃癌、結腸・直腸がん、肝臓がん、胆のう・胆管がん、膵臓がん、肺がん、乳がん、膀胱がん、前立腺がん、子宮頸がんの自覚的ならびに他覚的症状の緩解に用いられます。 用法・用量 ユーエフティカプセル 通常、成人は1日3~6カプセル(テガフールとして300~600mg)を1日2~3回に分けて...
  • ロイシンアミノペプチダーゼ (2381d) [ LAP ]
    ...と血液中に増加するので、胆道閉塞症を起こす病気の診断に役立ちます。 また、肝臓がんでも高度に上昇し、急性肝炎や脂肪肝、慢性肝炎、肝硬変などでも軽度ですが上昇しま...当日の朝は何も食べずに採血します。 検査結果の判定 高度に上昇したときには、肝臓がんや胆道系のがん、胆石、膵臓がんなどによる胆道の閉塞が疑われます。肝臓がんでは胆道の閉塞がなくても高度に上昇し、ウイルス性肝炎や薬剤性肝炎でも胆汁がうっ滞すると高値になります。 軽度の上昇がみられるときには、急性肝炎、脂肪肝、慢性肝炎、肝硬変などが考...
  • 凝固因子活性検査 (2359d) [ 凝固因子活性検査 ]
    ...因子低値 先天性第V因子欠乏症、播腫性血管内凝固症候群(DIC)、肝硬変、肝臓がんなど。 第VII因子低値 先天性第VII因子欠乏症、播腫性血管内凝固症候群(DIC)、肝硬変、肝臓がん、ビタミンK産生障害(新生児出血症など)、ビタミンK吸収障害(腸疾患など)、ビタミンK利用障害(肝障害など)。 第VIII因子低値 血友病Aとその保因者、フォンウィレブランド病、肝硬変、肝臓がん。 第IX因子低値 血友病B、ビタミンK産生障害(新生児出血症など)、ビタミンK吸収障害(腸疾患など)、ビタミンK利用障...
  • 肝生検 (2375d) [ 針生検 ]
    ...みがありますので、痛みが強いときや、腹部が張って苦しいときは申し出てください。 翌日まで安静にして、排尿はベッドで行います。 検査結果の判定 結果が出るまでに約1週間かかります。組織や細胞の状態で判定されます。 異常な場合に疑われる病気 肝臓がん、肝硬変、慢性肝炎、脂肪肝、自己免疫性肝炎、肝嚢胞など。
  • 腹腔鏡検査 (2375d) [ 腹腔鏡 ]
    ...きや、腹部が張って苦しいときは申し出てください。 翌日まで安静にして、排尿はベッドで行います。 検査結果の判定 観察の結果は、その場でわかりますが、組織細胞診は結果が出るまで1週間かかります。 異常な場合に疑われる病気 慢性肝炎、肝硬変、肝臓がん、胆嚢炎、胆嚢がん、脂肪肝、腹膜炎、卵巣嚢腫、卵巣がん、卵管の通過障害など。
  • 膠質反応 (1961d) [ TTT(チモール混濁試験) ZTT(硫酸亜鉛混濁試験) ]
    ...膠原病や慢性感染症ではZTTが高くなりますから、他の検査などで鑑別をすることが大切です。 異常な場合に疑われる病気 TTT高値 急性肝炎、慢性肝炎、高脂血症、中毒性肝障害、胆汁うっ滞症、脂肪肝、肝硬変など。 ZTT高値 肝硬変、慢性肝炎、肝臓がん、急性肝炎、自己免疫肝炎、膠原病、慢性感染症など ZTT低値 胆汁うっ滞症、糸球体腎炎、ネフローゼ症候群など。
スポンサーリンク

トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 5413, today: 1, yesterday: 2
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 遅発性ジスキネジア ロンロン 2017/10/18 18:16
  2. Re: アザルフィジンEN錠 ゲスト 2017/10/7 11:54
  3. Re: アザルフィジンEN錠 ゲスト 2017/10/7 11:45
  4. Re: 肢端紅痛症 さっちゃん 2017/9/24 17:45
  5. 眼底三次元画像解析 武田 光夫 2017/9/19 21:53
  6. Re: 甲状腺ホルモン アンク 2017/6/25 23:17
  7. 説明をありがとうございました。 ゲスト 2017/6/17 20:28

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
20 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 20

もっと...