.
スポンサーリンク

エピルビシン塩酸塩 anchor.png

抗腫瘍性抗生物質製剤

  • ファルモルビシン注射用 (製薬会社:ファイザー株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png

急性白血病悪性リンパ腫乳がん(手術可能例における術前、あるいは術後化学療法)、卵巣がん胃癌肝臓がん、尿路上皮癌(膀胱がん、腎盂・尿管腫瘍)の症状の緩解

Page Top

用法・用量 anchor.png

  • 急性白血病の場合
    エピルビシン塩酸塩として15mg(力価)/m2(体表面積)を約20mLの日局注射用水に溶解し、1日1回5~7日間連日静脈内に投与し3週間休薬する。これを1クールとし、必要に応じて2~3クール反復する。
    なお投与量は年齢、症状、副作用により、適宜増減する。
  • 悪性リンパ腫の場合
    エピルビシン塩酸塩として40~60mg(力価)/m2(体表面積)を約20mLの日局注射用水に溶解し、1日1回静脈内に投与し3~4週休薬する。これを1クールとし、通常3~4クール反復する。
    なお投与量は年齢、症状、副作用により、適宜増減する。
  • 乳がん卵巣癌胃癌、尿路上皮癌(膀胱癌、腎盂・尿管腫瘍)の場合
    エピルビシン塩酸塩として60mg(力価)/m2(体表面積)を約20mLの日局注射用水に溶解し、1日1回静脈内に投与し3〜4週休薬する。これを1クールとし、通常3〜4クール反復する。
    なお投与量は年齢、症状、副作用により、適宜増減する。
  • 肝臓がんの場合
    エピルビシン塩酸塩として60mg(力価)/m2(体表面積)を約20mLの日局注射用水に溶解し、肝動脈内に挿入されたカテーテルより、1日1回肝動脈内に投与し3~4週休薬する。これを1クールとし、通常3~4クール反復する。
    なお投与量は年齢、症状、副作用により、適宜増減する。
  • 膀胱がん(表在性膀胱癌に限る)の場合
    エピルビシン塩酸塩として60mg(力価)を30mLの日局生理食塩液に溶解し、1日1回3日間連日膀胱腔内に注入し4日間休薬する。これを1クールとし、通常2〜4クール反復する。
    注入に際しては、ネラトンカテーテルで導尿し十分に膀胱腔内を空にした後、同カテーテルよりエピルビシン塩酸塩溶液を注入し、1〜2時間膀胱腔内に把持する。
    なお投与量は年齢、症状、副作用により、適宜増減する。
  • 乳がん(手術可能例における術前、あるいは術後化学療法)に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法の場合
    • シクロホスファミド水和物との併用において、標準的なエピルビシン塩酸塩の投与量及び投与方法は、エピルビシン塩酸塩として100mg(力価)/m2(体表面積)を約20mLの日局注射用水に溶解し、1日1回静脈内に投与後、20日間休薬する。これを1クールとし、通常4~6クール反復する。
    • シクロホスファミド水和物、フルオロウラシルとの併用において、標準的なエピルビシン塩酸塩の投与量及び投与方法は、エピルビシン塩酸塩として100mg(力価)/m2(体表面積)を約20mLの日局注射用水に溶解し、1日1回静脈内に投与後、20日間休薬する。これを1クールとし、通常4~6クール反復する。なお、投与量は年齢、症状により適宜減量する。
  • 肝癌に対する肝動脈化学塞栓療法(TACE)の場合
    エピルビシン塩酸塩として10mg(力価)に対し、ヨード化ケシ油脂肪酸エチルエステルを0.5~2mLの割合で加え、肝動脈内に挿入されたカテーテルより肝動脈内に投与する。本剤の投与量は、1日60mg(力価)/m2(体表面積)とするが、患者の状態により適宜増減し、腫瘍血管に乳濁液が充満した時点で終了すること。
  • 肝癌に対する肝動脈化学塞栓療法(TACE)の場合
    再投与を行う場合には、肝機能の回復状況等の患者の状態に応じて適切な投与間隔を設定すること。
Page Top

生活上の注意 anchor.png

Page Top

副作用 anchor.png

強い骨髄抑制を持つ薬なので、感染症や貧血、出血傾向などに注意が必要です。また、アントラサイクイン系の共通点として、心臓に障害を及ぼしやすい特徴があります。

吐き気・嘔吐、口内炎、脱毛の発生頻度が高いとされています。そのほか、頭痛や発熱、寒気、発疹、筋肉痛、肝機能や腎機能の低下がみられることがあります。

Page Top

稀な副作用 anchor.png

スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1426, today: 2, yesterday: 0
Princeps date: 2014-12-09 (Tue) 17:53:51
Last-modified: 2014-12-09 (Tue) 18:10:27 (JST) (1747d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/14 13:08
  2. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/5 7:57
  3. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/8/25 10:12
  4. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/8/23 0:06
  5. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/7/31 15:20

.
スポンサーリンク

通院日記を書いて病気と向き合えるの?iness


オンライン状況
19 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...