.
スポンサーリンク

ミコフェノール酸 モフェチル(Mycophenolate mofetil) anchor.png

免疫抑制剤

  • セルセプトカプセル (製薬会社:製造販売元 中外製薬株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png

リンパ球の増殖を抑えることにより免疫の働きを抑え、臓器移植後の拒絶反応を抑えます。
通常、腎移植後の難治性拒絶反応の治療(既存の治療薬が無効または副作用などのため投与できず、難治性拒絶反応と診断された場合)、腎移植・心移植・肝移植・肺移植・膵移植における拒絶反応の抑制に用いられます。

  • 腎移植後の難治性拒絶反応の治療
    既存の治療薬が無効又は副作用等のため投与できず、難治性拒絶反応と診断された場合
  • 下記の臓器移植における拒絶反応の抑制
    腎移植、心移植、肝移植、肺移植、膵移植
  • ループス腎炎
    造血幹細胞移植における移植片対宿主病の抑制
Page Top

用法・用量 anchor.png

  • 腎移植
    • 腎移植後の難治性拒絶反応の治療
      通常、成人にはミコフェノール酸 モフェチルとして1回1,500mgを1日2回12時間毎に食後経口投与する。
      なお、年齢、症状により適宜増減する。
    • 腎移植における拒絶反応の抑制
      • 成人
        通常、ミコフェノール酸 モフェチルとして1回1,000mgを1日2回12時間毎に食後経口投与する。
        なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日3,000mgを上限とする。
      • 小児
        通常、ミコフェノール酸 モフェチルとして1回300~600mg/m2を1日2回12時間毎に食後経口投与する。
        なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日2,000mgを上限とする。
  • 心移植、肝移植、肺移植、膵移植における拒絶反応の抑制
    通常、成人にはミコフェノール酸 モフェチルとして1回500~1,500mgを1日2回12時間毎に食後経口投与する。
    しかし、本剤の耐薬量及び有効量は患者によって異なるので、最適の治療効果を得るために用量の注意深い増減が必要である。
  • ループス腎炎
    • 成人
      通常、ミコフェノール酸 モフェチルとして1回250~1,000mgを1日2回12時間毎に食後経口投与する。
      なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日3,000mgを上限とする。
    • 小児
      通常、ミコフェノール酸 モフェチルとして1回150~600mg/m2を1日2回12時間毎に食後経口投与する。
      なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日2,000mgを上限とする。
  • 造血幹細胞移植における移植片対宿主病の抑制
    • 成人
      通常、ミコフェノール酸 モフェチルとして1回250~1,500mgを1日2回12時間毎に食後経口投与する。
      なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日3,000mgを上限とし、1日3回食後経口投与することもできる。
    • 小児
      通常、ミコフェノール酸 モフェチルとして1回300~600mg/m2を1日2回12時間毎に食後経口投与する。
      なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日2,000mgを上限とする。
Page Top

生活上の注意 anchor.png

この薬の使用に際しては、以下の注意事項について、患者や家族の方は十分理解できるまで説明を受けてください。

  • 妊娠する可能性のある人は、この薬を使用する前、使用している間および使用後6週間は、避妊してください。
  • 感染症状、知らない間のうちみ、内出血、出血、貧血、下痢などがあらわれたら、すぐに医師に連絡してください。
  • 日光や紫外線による皮膚癌の危険性を避けるために、帽子などの衣類や日焼け止め効果の高いサンスクリーンを使用し、日光や紫外線を避けるようにしてください。
  • この薬の使用中は頻回に血液検査が行われることがあります。
  • 授乳を避けてください。
Page Top

併用注意 anchor.png

  • アザチオプリン、ミゾリビン
    骨髄機能抑制が起こるおそれがある。
  • シクロスポリン
    本剤の作用が減弱するおそれがある。
  • 腸肝循環に影響を与える薬剤、コレスチラミン、コレスチミド
    本剤の作用が減弱するおそれがある。
  • マグネシウム及びアルミニウム含有制酸剤
    本剤の作用が減弱するおそれがある。
  • ランソプラゾール
    本剤の作用が減弱するおそれがある。
  • セベラマー
    本剤の作用が減弱するおそれがある。
  • シプロフロキサシン、アモキシシリン・クラブラン酸(合剤)
    本剤の作用が減弱するおそれがある。
  • リファンピシン
    本剤の作用が減弱するおそれがある。
  • アシクロビル、バラシクロビル、ガンシクロビル、バルガンシクロビル
    本剤の代謝物及びアシクロビル、ガンシクロビルの血中濃度が上昇し、副作用があらわれるおそれがある。
  • 不活化ワクチン、インフルエンザHAワクチン 等
    ワクチンの効果を減弱させるおそれがある。
Page Top

副作用 anchor.png

主に、下痢、サイトメガロウイルス感染などが報告されています。

Page Top

重大な副作用 anchor.png

  • 感染症
    サイトメガロウイルス感染症、非定型抗酸菌感染症、アスペルギルス感染症、カンジダ感染症、ムコール感染症、ニューモシスティス感染症、パルボウイルス感染症、ノカルジア感染症、黄色ブドウ球菌感染症、リステリア感染症、結核等があらわれることがある。
    また、肺炎敗血症、感染性心内膜炎、帯状疱疹、単純疱疹、上気道感染、気管支炎、感冒、髄膜炎、創感染、腹膜炎、食道炎、腸炎、胆管炎、膿瘍があらわれることがある。
    また、B型肝炎ウイルスの再活性化による肝炎やC型肝炎の悪化があらわれることがある。
  • 進行性多巣性白質脳症(PML)
    意識障害、認知障害、麻痺症状(片麻痺、四肢麻痺)、言語障害等があらわれることがある。
    ぼんやりする、考えがまとまらない、物忘れ、意識がなくなる、手足のまひ、しゃべりにくい、けいれん
  • BKウイルス腎症
    からだがだるい、頭痛、発熱、むくみ、下腹部の痛み、排尿回数が増える、残尿感、血尿、尿量が減る
  • 血液障害
    • 汎血球減少
      めまい、動悸、耳鳴り、鼻血、出血しやすい、歯ぐきの出血、あおあざができる、息切れ
    • 好中球減少、無顆粒球症、白血球減少
      発熱、のどの痛み
    • 血小板減少
      歯ぐきの出血、鼻血、出血が止まりにくい、皮下出血、あおあざができる
    • 貧血
      階段や坂を上る時の動悸や息切れ、頭痛、息切れ、耳鳴り、めまい、からだがだるい
    • 赤芽球癆
      からだがだるい、めまい、息切れ、動悸
  • 悪性リンパ腫
    リンパ節のはれ、寝汗をかく、発熱、体重が減る、食欲不振
  • リンパ増殖性疾患
    発熱、食欲不振、リンパ節のはれ、出血しやすい、貧血
  • 悪性腫瘍(特に皮膚)
    ほくろがかゆい、ほくろが痛い、ほくろから血が出る、赤茶色のかさぶた、ほくろが潰瘍になる、ほくろが大きくなる 。
  • 消化管障害
    • 消化管潰瘍
      血が混ざった便、黒色便、吐き気、嘔吐、胃の痛み
    • 消化管出血
      黒色便、血が混ざった便、吐き気、血を吐く、腹痛、嘔吐
    • 消化管穿孔
      吐き気、激しい腹痛、嘔吐
    • イレウス
      激しい腹痛、むかむかする、嘔吐、排便・排ガスの停止
  • 重度の下痢
    汗をかく、泥状の便、水のような便、激しい腹痛、吐き気
  • アシドーシス
    考えがまとまらない、手足のふるえ、深く大きい呼吸、判断力の低下、意識の低下
  • 低酸素症
    頭が重い、息苦しい、短時間呼吸が停止する、めまい、脱力感
  • 糖尿病
    水を多く飲む、尿の量が増える、からだがだるい、体重が減る、のどの渇き
  • 症脱水
    意識がうすれる、深く大きい呼吸、手指のふるえ、考えがまとまらない、判断力の低下、からだがだるい、尿量が減る、のどが渇く
  • 血栓症
    脳梗塞、網膜静脈血栓症、動脈血栓症があらわれることがある。
    吐き気、血を吐く、腹がはる、嘔吐、胸の痛み、胸をしめつけられる感じ、激しい腹痛、出血、足の激しい痛み、知覚のまひ、胸を強く押さえつけた感じ
  • 重度の腎障害
    腎不全、腎尿細管壊死、水腎症、腎機能障害があらわれることがある。
    発熱、尿量が減る、頭痛、食欲不振、口の渇き、手足のむくみ、顔のむくみ
  • 心障害
    • 心不全
      横になるより座っている時に呼吸が楽になる、息苦しい、息切れ、全身のむくみ、からだがだるい、動く時の動悸
    • 狭心症
      胸が押しつぶされるような感じ、冷や汗、胸の痛み、胸がしめつけられる感じ、胸を強く押さえつけた感じ []
    • 心停止
      意識がなくなる、呼吸停止
    • 不整脈(期外収縮、心房細動、心房粗動、上室性・心室性頻脈等)
      脈がとぶ、脈が乱れる、胸の違和感、意識の低下、胸・心臓がドキドキする、動悸、動く時の動悸、めまい、気を失う、胸の不快感、脈が速くなる、息切れ、胸の痛み
    • 高血圧
      疲れやすい、動く時の息切れ、気を失う、胸の痛み
    • 心嚢液貯留
      からだがだるい、食欲低下、息苦しい、息切れ
  • 肝機能障害
    AST、ALT、γ-GTP、Al-P、ビリルビン、LDHの上昇、黄疸があらわれることがある。
    皮膚が黄色くなる、嘔吐、白目が黄色くなる、尿の色が濃くなる、吐き気、食欲不振、かゆみ、からだがだるい
  • 肺水腫
    息切れ、息苦しい、吐き気、嘔吐、横になるより座っている時に呼吸が楽になる
  • 無呼吸
    呼吸が10秒以上とまった状態
  • 気胸
    胸の痛み、息苦しい
  • 痙攣
    けいれん
  • 錯乱
    意識の混乱、意識が乱れる、考えがまとまらない
  • 幻覚
    実際にはない物が見えたり聞こえたりするように感じる
  • 精神病
    他者との関係を持つ能力がなくなる、気分が悪い、上機嫌、感情のコントロールが出来ない
  • アレルギー反応
    喘息、じんましん、鼻づまり、鼻水、眼のかゆみ、くしゃみ
  • 難聴
    声や音がきこえない、耳が聞こえにくい、耳鳴り
Page Top

その他の副作用 anchor.png

ヘマトクリット値減少、ヘモグロビン減少、赤血球数減少、好中球数増加、白血球数増加、AST、ALT 、γ-GTP、LDHの上昇、高尿酸血症、Mg上昇、トリグリセライド上昇、高脂血症、
下痢、腹痛、嘔吐、嘔気、食欲不振、アミラーゼ上昇、腸炎、腹部膨満、尿路感染、鼻咽頭炎、
免疫グロブリン減少(3.6%)、発熱、サイトメガロウイルス抗体増加注3)、CRP上昇等が報告されています。

Page Top

同じ成分の医薬品 anchor.png

Page Top

ジェネリック医薬品 anchor.png

スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 4051, today: 3, yesterday: 1
Princeps date: 2013-06-01 (Sat) 20:07:21
Last-modified: 2022-03-18 (Fri) 13:40:18 (JST) (106d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 肢端紅痛症 マック 2021/9/28 15:32
  2. Re: セダプランコーワ錠 ゲスト 2021/6/27 1:17
  3. Re: セダプランコーワ錠 ゲスト 2021/6/26 16:23
  4. Re: イブランスカプセル ゲスト 2021/5/24 12:26
  5. Re: ジョイクル関節注 ゲスト 2021/5/24 11:51

.
スポンサーリンク

医療を受けている人のためのSNS iness


オンライン状況
19 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...