.
スポンサーリンク

アザチオプリン (Azathioprine) anchor.png

免疫抑制剤

  • イムラン錠 (製薬会社:製造販売元 アスペンジャパン株式会社)
    • 薬価
      50mg/錠 120.20円(2020年4月1日以降)
      薬価の改定が更新されていない場合はご注意ください。
Page Top

作用と効果 anchor.png

  • クローン病潰瘍性大腸炎
    核酸合成を阻害することにより免疫抑制作用をあらわします。クローン病の症状再燃を抑えながら併用されるステロイドの減量を可能にしたり、ステロイドの使用により病状が治まった場合に、その期間(緩解期)をより長く保つ作用があります。通常、ステロイド依存性のクローン病の緩解導入および緩解維持、ステロイド依存性の潰瘍性大腸炎の緩解維持に用いられます。
  • リウマチ性疾患
    核酸合成を阻害することにより免疫抑制作用をあらわし、リウマチ性疾患の炎症症状を抑えます。通常、全身性血管炎(顕微鏡的多発血管炎、ヴェゲナ肉芽腫症、結節性多発動脈炎、Churg-Strauss症候群、大動脈炎症候群など)、全身性エリテマトーデス多発性筋炎・皮膚筋炎、強皮症、混合性結合組織病、難治性リウマチ性疾患の治療に用いられます。
  • 移植
    核酸合成を阻害することにより免疫抑制作用をあらわします。臓器移植後の拒絶反応を抑えることによって、移植した臓器の生着を促し、移植した臓器の機能を発現しやすくします。通常、臓器移植(腎移植、肝移植、心移植、肺移植)における拒絶反応の抑制に用いられます。
Page Top

用法・用量 anchor.png

  • クローン病潰瘍性大腸炎
    通常、成人および小児は、1日量として主成分1~2mg/kg相当量(通常、成人は50mg~100mg)を服用します。本剤は1錠中に主成分50mgを含有します。必ず指示された服用方法に従ってください。
  • リウマチ性疾患
    通常、成人および小児は、1日量として主成分1~2mg/kg相当量を服用します。治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されますが1日量は3mg/kgまでとされています。本剤は1錠中に主成分50mgを含有します。必ず指示された服用方法に従ってください。
  • 移植
    通常、成人および小児において、下記量を1日量として服用します。治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。本剤は1錠中に主成分50mgを含有します。必ず指示された服用方法に従ってください。
    • 腎移植の場合
      初期量は、主成分として2~3mg/kg 相当量。 維持量は、主成分として0.5~1mg/kg 相当量。
    • 肝、心および肺移植の場合
      初期量は、主成分として2~3mg/kg 相当量。 維持量は、主成分として1~2mg/kg 相当量。
Page Top

生活上の注意 anchor.png

日光や紫外線による皮膚癌の危険性を避けるため、UVカット素材の衣類や日焼け止め効果の高いサンスクリーンを使用し、日光や紫外線を避けるようにしてください。

骨髄機能の低下や、肝機能障害などの重篤な副作用があらわれることがあります。
飲み始めは原則として1~2週間に一度、その後も頻回に血液、肝臓、腎臓などの働きを調べることがあります。その場合には指定された日時に検査を受けてください。

本人あるいはパートナーの方がこの薬を使用している間は、妊娠しないように注意してください。また、この薬を使用している間に妊娠がわかった場合には、すぐに医師に相談してください。妊娠を希望する場合も、医師に相談してください。

Page Top

副作用 anchor.png

主な副作用として、発疹、血管炎、腎機能障害、全身倦怠感、筋痛、関節痛、発熱、寒気、めまい、下痢などが報告されています。

Page Top

重大な副作用 anchor.png

  • 血液障害
    再生不良性貧血、汎血球減少、貧血、巨赤芽球性貧血、赤血球形成不全、無顆粒球症、血小板減少、出血
    貧血症状、出血症状、発熱
  • ショック様症状
    悪寒、戦慄、血圧降下、立ちくらみ 等
  • 肝機能障害、黄疸
    全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる
  • 悪性新生物
    悪性リンパ腫皮膚癌、肉腫、子宮頸癌急性骨髄性白血病、骨髄異形成症候群 等
  • 感染症
    肺炎敗血症があらわれることがある。また、B型肝炎ウイルスの再活性化による肝炎やC型肝炎の悪化があらわれることがある。
  • 間質性肺炎
    発熱、から咳、呼吸困難
    捻髪音、胸部X線異常、動脈血酸素分圧低下
    重度の下痢
  • 進行性多巣性白質脳症(PML)
    意識障害、認知障害、麻痺症状(片麻痺、四肢麻痺)、言語障害 等
Page Top

その他の副作用 anchor.png

副作用5%以上1~5%未満1%未満頻度不明
腎臓---腎機能障害
膵臓---膵炎
循環器 心臓---心悸亢進
消化器---食欲不振、悪心・嘔吐、下痢
皮膚・皮下組織系---発疹注、血管炎
全身---全身倦怠感、筋痛、関節痛、発熱、悪寒
その他---脱毛、口内炎、舌炎、めまい
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 4092, today: 2, yesterday: 2
Princeps date: 2011-12-07 (Wed) 13:11:33
Last-modified: 2020-11-04 (Wed) 20:39:17 (JST) (21d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 肢端紅痛症 なん 2020/9/26 22:38
  2. Re: レルミナ錠 ゆりさか 2020/8/8 6:55
  3. Re: 肢端紅痛症 なっちゃん 2020/5/26 22:09
  4. Re: 肢端紅痛症 みーと 2020/5/26 17:57
  5. PCR検査を受けられる条件 ゲスト 2020/4/13 17:50

.
スポンサーリンク

治療日記で病気と向き合う iness


オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...