.
スポンサーリンク
These search terms have been highlighted:成長ホルモン

Return to 成長ホルモン
  • グロウジェクト注射用 (2048d) [ ソマトロピン(遺伝子組み換え)(Somatropin genetical recombination) ]
    ...genetical recombination) 遺伝子組換え天然型ヒト成長ホルモン製剤 グロウジェクト注射用 (製薬会社:JCRファーマ株式会社) グロウジェ...会社:JCRファーマ株式会社) 作用と効果 下垂体前葉ホルモンの一つである成長ホルモン剤で、たん白同化作用、脂質代謝作用、抗ナトリウム利尿作用などにより、成人成長ホルモン分泌不全症における体組成異常(体脂肪率の増加、筋肉量の低下など)や脂質関連マーカー異常を改善します。 通常、成人成長ホルモン分泌不全症(重症に限る)の治療に用いら...
  • シグニフォーLAR筋注用キット (660d) [ パシレオチドパモ酸塩徐放性製剤 ]
    ... 副作用 重大な副作用 その他の副作用 パシレオチドパモ酸塩徐放性製剤 持続性ソマトスタチンアナログマイクロスフェア型徐放性製剤 シグニフォーLAR筋注用キット (製薬会社:ノバルティスファーマ株式会社) 作用と効果 下記疾患における成長ホルモン、IGF-I(ソマトメジン−C)分泌過剰状態及び諸症状の改善 先端巨大症・下垂体性巨人症(外科的処置で効果が不十分又は施行が困難な場合) クッシング病(外科的処置で効果が不十分又は施行が困難な場合) 用法・用量 先端巨大症・下垂体性巨人症の場合 通常、...
  • ジェノトロピンゴークイック注用 (685d) [ ソマトロピン(Somatropin)遺伝子組換え(genetical recombination) ]
    ...genetical recombination) 遺伝子組換え天然型ヒト成長ホルモン製剤 ジェノトロピンゴークイック注用 (製薬会社:ファイザー株式会社) 作用と効果 成長ホルモン分泌不全性低身長症ほか 下垂体前葉ホルモンの一つ成長ホルモンで、成長を促進する作用があります。 通常、骨端線閉鎖を伴わない成長ホルモン分泌不全性低身長症、ターナー症候群、プラダーウィリー症候群における低身長、SGA(small-for-gestational age)性低身長症を改善します。 成人成長ホルモン分泌不全...
  • ソマチュリン皮下注 (695d) [ ランレオチド酢酸塩 ]
    ...オチド酢酸塩 作用と効果 用法・用量 生活上の注意 副作用 重大な副作用 その他の副作用 ランレオチド酢酸塩 持続性ソマトスタチンアナログ徐放性製剤 ソマチュリン皮下注 (製薬会社:帝人ファーマ株式会社) 作用と効果 下記疾患における成長ホルモン、IGF-I(ソマトメジン-C)分泌過剰状態及び諸症状の改善 先端巨大症・下垂体性巨人症(外科的処置で効果が不十分な場合又は施行が困難な場合) 膵・消化管神経内分泌腫瘍 用法・用量 先端巨大症・下垂体性巨人症 通常、成人にはランレオチドとして90mgを...
  • ソマバート皮下注用 (689d) [ ペグビソマント(遺伝子組換え)(Pegvisomant genetical recombination) ]
    ...egvisomant genetical recombination) 成長ホルモン受容体拮抗剤 ソマバート皮下注用 (製薬会社:ファイザー株式会社) 作用と効果 成長ホルモン(GH)受容体に結合し、GHの結合を阻害することによって、IGF-I(インスリン様成長因子ソマトメジン-C)の血清中濃度を低下させ、IGF-I過剰による軟部組織の肥大などの症状を改善します。 通常、先端巨大症における成長ホルモン過剰分泌による症状を改善します。 用法・用量 通常、成人は主成分タンパク質として初日に1回40...
  • ノルディトロピン フレックスプロ注 (1141d) [ ソマトロピン(Somatropin)遺伝子組換え(genetical recombination) ]
    ...pin)遺伝子組換え(genetical recombination) 成長ホルモン剤 ノルディトロピン フレックスプロ注 (製薬会社:ノボノルディスクファーマ株式会社) 作用と効果 下垂体前葉ホルモンの一つである成長ホルモンで、身体成長促進作用を示します。 通常、成長ホルモン分泌不全性低身長症、ターナー症候群・軟骨異栄養症における低身長、SGA(small-for-gestational age)性低身長症で、骨端線閉鎖を伴わないものの治療に使用されます。 用法・用量 骨端線閉鎖を伴わない成...
  • パーロデル錠 (624d) [ ブロモクリプチンメシル酸塩(Bromocriptine mesilate) ]
    ...ク医薬品 ブロモクリプチンメシル酸塩(Bromocriptine mesilate) 持続性ドパミン作動薬 パーロデル錠 (製薬会社:ノバルティス ファーマ株式会社) 作用と効果 脳下垂体にあるドパミン受容体刺激により、プロラクチンや成長ホルモンの過剰な分泌を抑えて、乳汁分泌を抑え、不妊の原因を取り除き、末端肥大症の症状を改善します。また、脳の線条体にあるドパミン受容体刺激により、パーキンソン症候群の症状を改善します。 通常、乳汁漏出症、高プロラクチン血性排卵障害、末端肥大症、下垂体性巨人症、...
  • プラミペキソール塩酸塩錠 (1042d) [ プラミペキソール塩酸塩水和物 ]
    ...快感、嘔吐、腹痛、胃潰瘍、上腹部痛、口内炎、鼓腸放屁、イレウス、体重減少皮膚・皮下組織系---多汗、発疹、蕁麻疹、網状皮斑、そう痒症過敏症---過敏症状下垂体・副腎皮質系免疫系代謝及び栄養---血糖値上昇内分泌---プロラクチン低下、成長ホルモン上昇筋骨格系及び結合組織障害---CK(CPK)上昇、背部痛、腰痛全身---末梢性浮腫、胸痛、倦怠感、脱力感、転倒、口渇、疲労感、手がピリピリする感染症投与部位抵抗機構その他臨床検査 ジェネリック医薬品
  • 下垂体ホルモン産生細胞 (1839d) [ 概要 ]
    Table of contents 概要 下垂体から分泌される主要なホルモン 概要 下垂体から分泌される主要なホルモン 生命維持に必須の副腎皮質ホルモンの産生を促す副腎皮質刺激ホルモン(ACTH) 身体の成長を促す成長ホルモン(GH) 授乳時に乳汁分泌を促す乳汁分泌ホルモン(PRL) 甲状腺の機能を調整する甲状腺刺激ホルモン(TSH) 精巣や卵巣機能を調整する性腺刺激ホルモン(LH/FSH) それぞれ別の種類の内分泌細胞から分泌され、血流に乗って全身を巡る。 これらの多種類の内分泌細胞も、発生過程で...
  • 下垂体機能不全 (1839d) [ 概要 ]
    Table of contents 概要 概要 下垂体のホルモン分泌機能が低下した状態。副腎皮質刺激ホルモン、成長ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、性腺刺激ホルモン、乳汁分泌ホルモンなどが不足することでさまざまな身体の不調を起こす。 治療法としては、不足したホルモンを投与する補充療法があるが、生涯ホルモンを投与し続ける必要がある、刻々と変化するホルモンの必要量に対応できないなどの課題がある。
  • 下垂体腺腫 (772d) [ 概要 ]
    ...nts 概要 脳下垂体 分類 症状 非機能性腺腫 プロラクチン産生腺腫 成長ホルモン産生腺腫 副腎皮質刺激ホルモン産生下垂体腺腫 甲状腺刺激ホルモン産生腺腫 原...ルモン(ACTH)、卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体形成ホルモン(LH)、成長ホルモン(GH)、およびプロラクチン(PRL)である。 脳下垂体後葉 脳下垂体後葉(...腫)に大きく分けられ、ホルモン分泌の種類により下記のように分類されます。 成長ホルモン産生下垂体腺腫:先端巨大症・巨人症 プロラクチン産生下垂体腺腫:プロラクチノー...
  • 後縦靭帯骨化症 (696d) [ OPLL 概要 ]
    ...なります。 併存疾患 他の疾病に伴う発症 糖尿病 直接、後縦靱帯骨化症の発症に関与していないが、肥満および何らかの糖代謝異常が靱帯骨化症の発症に関与していると考えられている。 末端肥大症 特に頚椎OPLLが発症しやすいとはいえないが、成長ホルモンに対する反応性がOPLLの発症に関与している可能性があると考えられている。 副甲状腺機能低下症患者 四肢外傷患者との比較において、副甲状腺機能低下症患者では後縦靱帯骨化症を好発し、特に高齢者ほど高度な骨化が認められている。 筋緊張性ジストロフィー 副甲...
  • 注射用GRF住友 (1959d) [ ソマトレリン酢酸塩(Somatorelin Acetate) ]
    ...品 ソマトレリン酢酸塩(Somatorelin Acetate) 下垂体成長ホルモン分泌機能検査薬 注射用GRF住友 (製薬会社:大日本住友製薬株式会社) 作用と効果 視床下部から成長ホルモン放出因子(GRF)が分泌され、下垂体前葉の成長ホルモン産生細胞に存在するGRFレセプターを介して、成長ホルモン分泌機構が働くと考えられています。 通常、下垂体成長ホルモン分泌機能検査に用いられます。 用法・用量 通常、検査日の早朝空腹時に1回、静脈内に注射します。 生活上の注意 主な副作用として、一過性の...
  • 甲状腺ホルモン不応症 (1539d) [ RTH 概要 ]
    ...進すると、代謝が亢進する。 それに伴い、脂質代謝もまた大幅に亢進してしまう事があり、その結果、血中コレステロールが異常に減少してしまう現象が発生する事が確認されている。 耐糖能障害(糖尿病) 甲状腺ホルモンハインスリン抵抗性を構築する成長ホルモンの一種である。 このホルモンが血中に異常に存在する事からインスリン抵抗性を構成することによる。 高インスリン血性低血糖や2型糖尿病を起こしやすい。 難聴・神経障害・精神障害 甲状腺ホルモン取り込みレベルの低さから、甲状腺機能低下症とほぼ同じ合併症を引き...
  • 糖尿病 (852d) [ DM 概要 ]
    ...じだが、病因が異なるため2型糖尿病とは区別して説明する。 ある種のインスリン抵抗性を持つホルモン(甲状腺ホルモン/成長ホルモン/副腎皮質ホルモンetc)が血中に異常に存在した結果、引き起こされる事がある。 甲状腺ホルモン薬/成長ホルモン薬/副腎皮質ほるもん薬etcの投与を受けている、異常分泌されている、代謝異常を伴う病気を持つ人間はハイリスクである事に注意したい。 手術・妊娠など体に負担がかかる行為が引き金となり、ホルモンバランスの崩壊により引き起こされる場合がある。 生活習慣の正常化と基礎疾...
  • 脳腫瘍 (2977d) [ 概要 ]
    ...分泌性腺腫)に分けられます。ホルモン産生腺腫には、プロラクチン産生腺腫、成長ホルモン産生腺腫、副腎皮質刺激ホルモン産生腺腫(クッシング病)などがあります。 ホル...れる主なホルモン -ホルモンの種類主な働き前葉プロラクチン乳汁を分泌させる成長ホルモン手足や内臓の成長を促す副腎皮質刺激ホルモン*副腎に働きかけ、副腎皮質ホルモン...順が見られます。男性では性欲低下や勃起不全などの性機能障害が見られます。 成長ホルモン産生腺腫 手足の先端や、額、あご、唇、舌などに肥大が見られます。成長ホルモンの...
スポンサーリンク

Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 4860, today: 1, yesterday: 0
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 肢端紅痛症 なん 2020/9/26 22:38
  2. Re: レルミナ錠 ゆりさか 2020/8/8 6:55
  3. Re: 肢端紅痛症 なっちゃん 2020/5/26 22:09
  4. Re: 肢端紅痛症 みーと 2020/5/26 17:57
  5. PCR検査を受けられる条件 ゲスト 2020/4/13 17:50

.
スポンサーリンク

治療日記で病気と向き合う iness


オンライン状況
14 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...