.
スポンサーリンク

アレムツズマブ(遺伝子組換え) anchor.png

抗悪性腫瘍剤/ヒト化抗CD52モノクローナル抗体

  • マブキャンパス点滴静注 (製薬会社:製造販売元 サノフィ株式会社/販売元 )
Page Top

作用と効果 anchor.png

再発又は難治性の慢性リンパ性白血病
同種造血幹細胞移植の前治療

Page Top

用法・用量 anchor.png

  • 再発又は難治性の慢性リンパ性白血病
    通常、成人にはアレムツズマブ(遺伝子組換え)として1日1回3mgの連日点滴静注から開始し、1日1回10mgを連日点滴静注した後、1日1回30mgを週3回隔日に点滴静注する。ただし、投与開始から12週間までの投与とする。なお、患者の状態により適宜減量する。
  • 同種造血幹細胞移植の前治療
    通常、成人にはアレムツズマブ(遺伝子組換え)として1日1回0.16mg/kgを6日間点滴静注する。
Page Top

使用上の注意 anchor.png

Page Top

生活上の注意 anchor.png

Page Top

副作用 anchor.png

Page Top

重大な副作用 anchor.png

  • 血球減少
    顆粒球減少症、無顆粒球症、単球減少、汎血球減少、好中球減少、白血球減少、血小板減少、貧血、骨髄機能不全があらわれることがある。
  • Infusion reaction
    低血圧、悪寒、発熱、呼吸困難、発疹、気管支痙攣等のinfusion reactionがあらわれることがある。
  • 感染症(53.3%)
    細菌、真菌、ウイルス又は原虫による感染症が発現又は再活性化することがある。
  • 免疫障害
    自己免疫性溶血性貧血、自己免疫性血小板減少症、自己免疫性肝炎再生不良性貧血ギラン・バレー症候群(頻度不明)、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、輸血後移植片対宿主病、甲状腺機能低下症甲状腺機能亢進症、糸球体腎炎等の免疫障害があらわれることがある。
  • 腫瘍崩壊症候群
  • 心障害
    うっ血性心不全、心筋症、駆出率低下等の心障害があらわれることがある。
  • 出血
    頭蓋内出血、胃腸出血、粘膜出血、舌出血等の重篤な出血があらわれることがある。
  • 進行性多巣性白質脳症(PML)
    意識障害、認知障害、麻痺症状(片麻痺、四肢麻痺)、言語障害等の症状があらわれることがある。
  • B型肝炎ウイルスの再活性化による劇症肝炎、肝炎の増悪
  • 頭頚部動脈解離
    頚動脈、椎骨動脈等の頭頚部動脈解離があらわれることがあり、虚血性脳卒中を起こすことがある。
Page Top

その他の副作用 anchor.png

副作用10%以上1~10%未満1%未満頻度不明
血液及びリンパ系障害-発熱性好中球減少症リンパ球減少症、紫斑、歯肉出血、播種性血管内凝固、リンパ節症溶血性貧血
肝胆道系-肝機能異常--
腎臓-血尿、尿量減少、腎機能障害尿失禁多尿、排尿困難
精神系-不安、うつ病、傾眠、不眠症錯乱状態、人格変化離人症、思考異常、勃起不全、神経過敏
神経系頭痛浮動性めまい、振戦、錯感覚、感覚鈍麻歩行障害、末梢性ニューロパチー運動過多、味覚消失、ジストニー、知覚過敏、味覚異常
--眼部腫脹、眼内炎結膜炎
循環器・心臓-頻脈、徐脈、動悸、洞性徐脈心房細動、上室性頻脈、上室性不整脈、上室性期外収縮洞性頻脈、狭心症
血管低血圧高血圧、潮紅-血管痙攣、末梢性虚血、起立性低血圧、ほてり
呼吸器・胸郭および縦隔障害-喀血、咳嗽、喘鳴、鼻出血、鼻漏、口腔咽頭不快感、上気道の炎症咽喉絞扼感、胸水、呼吸音異常、しゃっくり、上気道性喘鳴呼吸障害、発声障害
消化器嘔吐、悪心、下痢、口内炎腹痛、消化不良、便秘、口内乾燥、胃炎、腹部不快感口腔内潰瘍形成、舌潰瘍、歯肉炎、腹部膨満おくび、イレウス、口腔内不快感
皮膚・皮下組織系そう痒症、蕁麻疹、発疹多汗症、寝汗、紅斑皮膚障害、紅斑性皮疹、皮下出血、そう痒性皮疹水疱性皮膚炎、斑状丘疹状皮疹、アレルギー性皮膚炎、皮膚炎、斑状皮疹
代謝及び栄養食欲減退低カルシウム血症、脱水、低アルブミン血症、低ナトリウム血症、低カリウム血症口渇、高血糖糖尿病
筋骨格系及び結合組織障害-筋肉痛、背部痛、四肢痛、関節痛筋緊張、骨痛、筋痙縮筋骨格痛、筋骨格系胸痛
全身悪寒、発熱、疲労、倦怠感胸痛、インフルエンザ様疾患、無力症、疼痛、末梢性浮腫、胸部不快感、冷感、熱感、浮腫急性肺水腫、注射部位血腫、体温上昇、注射部位紅斑口腔浮腫、注入部位反応、注入部位皮膚炎、注入部位疼痛、粘膜の炎症、粘膜潰瘍、限局性浮腫、注射部位浮腫
感染症肺炎尿路感染、気管支炎、上気道感染、膿瘍、鼻咽頭炎、感染副鼻腔炎、咽頭炎喉頭炎、鼻炎、気管支肺炎
良性、悪性及び詳細不明の新生物(嚢胞及びポリープを含む)--びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫偽リンパ腫
その他-回転性めまい、高ビリルビン血症耳鳴難聴
臨床検査体重減少、サイトメガロウイルス検査陽性、LDH増加体重増加、総蛋白減少、AST(GOT)増加、ALP増加、血中ビリルビン増加、ALT(GPT)増加、血中アルブミン減少ハプトグロビン減少、肝機能検査異常血液学的検査異常、心電図異常
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 97, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2022-01-17 (Mon) 15:12:57
Last-modified: 2022-01-17 (Mon) 15:12:57 (JST) (126d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 肢端紅痛症 マック 2021/9/28 15:32
  2. Re: セダプランコーワ錠 ゲスト 2021/6/27 1:17
  3. Re: セダプランコーワ錠 ゲスト 2021/6/26 16:23
  4. Re: イブランスカプセル ゲスト 2021/5/24 12:26
  5. Re: ジョイクル関節注 ゲスト 2021/5/24 11:51

.
スポンサーリンク

医療を受けている人のためのSNS iness


オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...