.

概要 anchor.png

パーキンソン病では、脳幹に属する中脳の黒質という部分と、大脳の大脳基底核にある線条体という部分に異常が起こることで発病します。

パーキンソン病では、黒質に異常が起こって正常な神経細胞を減少させるため、そこでつくられるドパミンの量が低下し、黒質から線条体に向かう情報伝達経路がうまく働かなくなっている状態ということがわかっています。
このため、姿勢の維持や運動の速度調節がうまく行えなくなるなど、パーキンソン病特有の症状が現れると考えられています。

黒質でつくられるドパミンの量が正常な人の20%以下まで低下すると、パーキンソン病の症状が現れるといわれています。

  • 病名の由来
    パーキンソン病は、1817年にこの病気を初めて報告したイギリス人のジェームズ・パーキンソンという医師の名前から由来する病名です。
Page Top

症状 anchor.png

パーキンソン病の主な初期症状は、ふるえ、固縮、無動、姿勢障害です。

Page Top

静止時振戦 (震え) anchor.png

体の力を抜いてリラックスしたときに震えが起こります。逆に力を入れたときに震えることもあります。
例えば、手を膝に置き、じっと座っていると膝の上の手がふるえだします。手を膝から離して何かをしようとするとふるえは消えます。

Page Top

固縮 anchor.png

筋肉がこわばって、手や足の動きからスムーズさが失われ、固く縮んだようになります。

Page Top

無動 anchor.png

椅子に座ったとき、足や手をゆらすことが少なくなります。
人より遅れて歩くようになる、まばたきの回数が減る、字を書くと小さな字になる場合があるというように、健康な人に比べて体の動きが異常に少なくなります。

Page Top

姿勢障害 anchor.png

体の姿勢を変えようとするときにスムーズにできなくなります。立っているだけでは問題がありませんが、人とぶつかったり、押されてバランスを崩したときなど、元の姿勢に戻ることがスムーズにできなくなります。

Page Top

その他の症状 anchor.png

便秘、排尿障害、立ちくらみ、発汗異常といった自律神経症状があります。
また、気持ちが落ち込む、うつ症状もあります。

Page Top

検査 anchor.png

神経疾患の検査には、血液検査、X線検査、CT検査、MRI検査などがありますが、パーキンソン病はこれらの検査で、異常がみられないことが特徴です。

Page Top

診断 anchor.png

Page Top

病期 ステージ anchor.png

症状と徴候および日常生活機能度によって下記のように分類(ヤール分類)されます。

  • ヤール1度
    症状や徴候が一側性である。
  • ヤール2度
    左右両側性に症状や徴候があるが、体幹の症状がない
  • ヤール3度
    姿勢反射障害などの体幹の症状があるが、日常生活には介助が不要
  • ヤール4度 
    日常生活に部分的介助が必要な状態
  • ヤール5度
    日常生活には全介助が必要な状態
    ヤール5度以上の症状では厚生労働省の特定疾患医療制度の対象となります。
Page Top

合併症 anchor.png

パーキンソン病は、高率に認知症を合併します。

Page Top

anchor.png

Page Top

ドーパミン補充 anchor.png

低下したドパミンの量に対して、放出の促進をはかり、ドーパミンの量を増やそうとする薬です。

Page Top

酵素阻害・レボドパ作用 増強 anchor.png

レボドパは、ドパミンの1つ手前の化合物で、脳に入ってドパミンに変わります。脳で不足しているドパミンを補うために飲む薬ですが、ドパミンでは脳に届きません。レボドパで飲むと、その一部が脳に入り、ドパミンに変わってドパミン受容体に作用することが可能となります。

Page Top
末梢性ド-パ脱炭素酵素阻害 anchor.png
Page Top
モノアミン酸化酵素 MAO-B阻害 anchor.png
Page Top
非可逆的特異的 MAO-B酵素阻害 anchor.png
Page Top
ナトリュウム、カルシウムチャンネル阻害 MAO-B酵素阻害 anchor.png
Page Top

レボドパ作用 延長 anchor.png

Page Top
カテコールOメチル基転移酵素 COMT 阻害 anchor.png
Page Top

受容体 刺激(アゴニスト=作動) anchor.png

この薬は、ドパミンを受け止めるドパミン受容体を刺激してレボドパの効果を高めます。レボドパと一緒に使われることの多い薬です。

Page Top
NMDA型グルタミン酸受容体 拮抗作用 anchor.png
Page Top
ド-パミンアゴニスト(非麦角系) ド-パミンD2受容体刺 anchor.png
  • ドミン錠(一般名:タリペキソール塩酸塩)
Page Top
ド-パミンアゴニスト(非麦角系) ド-パミンD2・D3受容体刺激 anchor.png
Page Top
ド-パミンアゴニスト(非麦角系) ド-パミンD2受容体刺激 anchor.png
  • レキップ錠(一般名:ロピニロール塩酸塩)
  • レキップCR錠(一般名:ロピニロール塩酸塩)
Page Top
ド-パミンアゴニスト(非麦角系) ド-パミンD2・D3受容体刺激 anchor.png
Page Top
ド-パミンアゴニスト(非麦角系) ド-パミンD1・D2受容体刺激 anchor.png
Page Top
ド-パミンアゴニスト(麦角系) ド-パミンD2受容体刺激 anchor.png
Page Top
ド-パミンアゴニスト(麦角系) ド-パミンD1・D2受容体刺激 anchor.png
Page Top
ド-パミンアゴニスト(麦角系) ド-パミンD2受容体刺激 anchor.png
Page Top

受容体 遮断(アンタゴニスト=拮抗) anchor.png

Page Top
アデノシンA2A受容体を遮断 anchor.png
Page Top
ムスカリン受容体を遮断(抗コリン薬) anchor.png

パーキンソン病では、脳内のドパミンの量が減っていることでアセチルコリンとのバランスが崩れ、アセチルコリンの作用が強く出ていると考えられます。このため抗コリン薬を投与してアセチルコリンの作用を弱め、ドパミンとのバランスの回復をはかることで症状を改善します。

Page Top

すくみ足に有効 anchor.png

Page Top
ノルアドレナリン補充薬 anchor.png

パーキンソン病では、歩いているうちに足がすくんでスムーズに歩けなくなる「すくみ足」という症状があります。
ノルアドレナリン補充薬は「すくみ足」に対して効果が期待できます。

Page Top

治療法 anchor.png

日本神経学会が作成した「パーキンソン病治療ガイドライン」に従って治療を行います。
パーキンソン病の治療は、脳内のドーパミンを補充することが基本になります。

薬物の効果がみられないなど、一定の条件を満たした場合に手術療法が行われることがあります。
また、運動機能の低下を防ぐためにリハビリテーションも行います。

パーキンソン病の薬物療法では、どの薬でも共通した副作用として幻覚や幻視などの精神症状が起こります。

スポンサーリンク

添付ファイル:

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 5762, today: 1, yesterday: 1
初版日時: 2009-10-15 (木) 21:21:02
最終更新: 2015-07-03 (金) 14:13:18 (JST) (1027d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 遅発性ジスキネジア ゲスト 2018/1/6 12:00
  2. Re: 統合失調症 ゆたか 2017/12/14 18:44
  3. Re: 遅発性ジスキネジア ロンロン 2017/10/18 18:16
  4. Re: アザルフィジンEN錠 ゲスト 2017/10/7 11:54
  5. Re: アザルフィジンEN錠 ゲスト 2017/10/7 11:45

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
15 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...