.
スポンサーリンク

乾燥スルホ化人免疫グロブリン anchor.png

血漿分画製剤(静注用人免疫グロブリン製剤)

  • 献血ベニロン-I静注用 (製薬会社:KMバイオロジクス株式会社・帝人ファーマ株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png

  • 低又は無ガンマグロブリン血症
  • 重症感染症における抗生物質との併用
  • 川崎病の急性期(重症であり、冠動脈障害の発生の危険がある場合)
  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症における神経障害の改善(ステロイド剤が効果不十分な場合に限る)
  • 慢性炎症性脱髄性多発根神経炎(多巣性運動ニューロパチーを含む)の筋力低下の改善
  • 視神経炎の急性期(ステロイド剤が効果不十分な場合)
Page Top

用法・用量 anchor.png

本剤は、添付の日局注射用水(500mg製剤では10mL、1,000mg製剤では20mL、2,500mg製剤では50mL、5,000mg製剤では100mL)に溶解して、以下のとおり効能又は効果に応じて投与する。直接静注する場合は、極めて緩徐に行う。

  • 低又は無ガンマグロブリン血症 
    通常、1回にスルホ化人免疫グロブリンG200〜600mg(4〜12mL)/kg体重を3〜4週間隔で点滴静注又は直接静注する。なお、患者の状態に応じて適宜増減する。
  • 重症感染症における抗生物質との併用 
    通常、成人に対しては、1回にスルホ化人免疫グロブリンG2,500〜5,000mg(50〜100mL)を、小児に対しては、1回にスルホ化人免疫グロブリンG50〜150mg(1〜3mL)/kg体重を点滴静注又は直接静注する。なお、年齢及び症状に応じて適宜増減する。
  • 特発性血小板減少性紫斑病 
    通常、1日にスルホ化人免疫グロブリンG200〜400mg(4〜8mL)/kg体重を点滴静注又は直接静注する。なお、5日間投与しても症状の改善が認められない場合は以降の投与を中止すること。年齢及び症状に応じて適宜増減する。
  • 川崎病 
    通常、1日にスルホ化人免疫グロブリンG200mg(4mL)/kg体重を5日間点滴静注又は直接静注、若しくは2,000mg(40mL)/kg体重を1回点滴静注する。なお、年齢及び症状に応じて5日間投与の場合は適宜増減、1回投与の場合は適宜減量する。
  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症における神経障害の改善 
    通常、1日にスルホ化人免疫グロブリンG400mg(8mL)/kg体重を5日間点滴静注する。
  • 慢性炎症性脱髄性多発根神経炎(多巣性運動ニューロパチーを含む)の筋力低下の改善 
    通常、1日にスルホ化人免疫グロブリンG400mg(8mL)/kg体重を5日間連日点滴静注する。なお、年齢及び症状に応じて適宜減量する。
  • 視神経炎の急性期(ステロイド剤が効果不十分な場合) 
    通常、1日にスルホ化人免疫グロブリンG400mg(8mL)/kg体重を5日間点滴静注する。
Page Top

生活上の注意 anchor.png

Page Top

副作用 anchor.png

  • 低又は無ガンマグロブリン血症
    主な副作用は、発熱、悪寒、血圧低下 等
  • 重症感染症における抗生物質との併用
    主な副作用は、発疹、悪寒、発熱、蕁麻疹、呼吸困難、悪心 等
  • 川崎病
    主な副作用は、チアノーゼ、蕁麻疹、ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇、振戦、悪寒、発熱、血圧低下 等
  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症
    主な副作用は、頭痛、ALT(GPT)上昇、血小板減少症、倦怠感、白血球数減少 等
  • 慢性炎症性脱髄性多発根神経炎(多巣性運動ニューロパチーを含む)
    主な副作用は、頭痛 等
  • 川崎病の急性期
    ショック又はショックが疑われる症状(チアノーゼ、血圧低下 等)
  • 視神経炎の急性期
    主な副作用は、頭痛、白血球数減少、ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇、肝機能検査異常、発疹、倦怠感、発熱
Page Top

重大な副作用 anchor.png

  • ショック、アナフィラキシー
    呼吸困難、頻脈、不安感、胸内苦悶、血圧低下、チアノーゼ 等
  • 肝機能障害、黄疸
    AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P、γ-GTP、LDH の著しい上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがある。
  • 無菌性髄膜炎
    大量投与により無菌性髄膜炎(項部硬直、発熱、頭痛、悪心・嘔吐あるいは意識混濁等)があらわれることがある。
  • 急性腎障害
    腎機能検査値(BUN,血清クレアチニン 等)の悪化、尿量減少
  • 血小板減少
  • 肺水腫
  • 血栓塞栓症
    大量投与例で、血液粘度の上昇等により、脳梗塞、心筋梗塞、肺塞栓症、深部静脈血栓症等の血栓塞栓症があらわれることがある。
    中枢神経症状(めまい、意識障害、四肢麻痺等)、胸痛、突然の呼吸困難、息切れ、下肢の疼痛・浮腫 等
  • 心不全
    主として川崎病への大量投与例で、循環血漿量過多により心不全を発症又は悪化させることがある。
    呼吸困難、心雑音、心機能低下、浮腫、尿量減少 等
Page Top

その他の副作用 anchor.png

副作用5%以上0.1~5%未満0.1%未満頻度不明
血液及びリンパ系障害---白血球減少、好中球減少、好酸球増多、溶血性貧血貧血
肝臓-AST(GOT)、ALT(GPT)等の上昇--
循環器・心臓---血圧低下、血圧上昇
血管----
呼吸器・胸郭および縦隔障害----
消化器--悪心、嘔吐、食欲不振、腹痛-
皮膚・皮下組織系----
過敏症-発疹熱感、蕁麻疹、そう痒感、局所性浮腫 等発赤、腫脹、水疱、汗疱
その他-頭痛、発熱、悪寒、戦慄倦怠感胸痛、体温低下、CK(CPK)上昇、喘息様症状
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 162, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2019-10-01 (Tue) 16:15:29
Last-modified: 2019-12-23 (Mon) 18:28:28 (JST) (64d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/11/7 18:37
  2. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/10/1 12:22
  3. Re: ProGRP YUMIKO 2019/9/27 8:31
  4. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/14 13:08
  5. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/5 7:57

.
スポンサーリンク

治療日記で病気と向き合えるの? iness


オンライン状況
15 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...