.

不安障害 概要 anchor.png

パニック障害は、ある日突然理由もなく、めまい、心悸亢進、呼吸困難、吐き気、手足の震えといった自律神経のような症状とともに激しい不安が発作的に起こる病気です。

このパニック発作は、死んでしまうのではないかと思うほど強くて、自分ではコントロールできないと感じます。そのため、また発作が起きたらどうしようかと不安になり、発作が起きやすい場所や状況を避けるようになります。とくに、電車やエレベーターの中など閉じられた空間では「逃げられない」と感じて、外出ができなくなってしまうことがあります。

医師の診断を受けても身体的にはどこも異常なところは発見されません。ですから、従来は、専門医からは不安神経症とかうつ病と診断されることがあります。
一般医からは自律神経失調症、心身症、心臓神経症、過呼吸症候群、心室性頻脈、狭心症、メニエール症候群、過敏性大腸炎、と診断されていることが多いです。

Page Top

症状 anchor.png

Page Top

パニック発作 anchor.png

パニック発作はなんの前触れもなく突然訪れます。 自律神経の症状として心臓の動機が激しくなって息苦しくなる、めまい、吐き気、手足がしびれたりします。
驚きと同時に不安感、恐怖感に支配され、このままどうにかなってしまうのではないかという、生命の危機まで感じてしまいます。
汗が異常なくらい出て、寒気がしたり反対に火照りを感じたりします。大体は10分ほどで治まりますが、長いと数時間続くこともあります。
最初の発作を起こした場所に近づけなくなる場合がほとんどです。
心臓が苦しくなる、息が詰まったように出来なくなるなどの症状が現れますので、心臓や呼吸器が悪いと思われがちですが、パニック発作は内臓の異常ではありませんので、検査をしても異常が見つかりません。

Page Top

予期不安 anchor.png

パニック発作が再び起るのではないかという不安感が生まれることをいいます。
一度パニック発作を経験していますので、発作が起るごとにこの不安感は強くなっていきます。 パニック発作を繰り返すごとに神経質になり、
自分の体の状態を常に気にするようになることで自律神経症状が生じます。 これが元でパニック発作を何度も繰り返すようになります。
そして徐々に症状が悪化していくのです。

Page Top

広場恐怖症 anchor.png

一度パニック発作を経験した人が、決まった場所や状況を避けるようになることです。
もしまた発作が起きたら逃げられない場所にいられないと不安と恐怖に支配されるものです。特に電車やバスに乗ることが出来なくなります。
その他、美容院や歯科などの長時間同じ場所に座っていなければならない空間にもいられなくなります。 また、高速道路の自動者運転も怖くて出来なくなります。
人によって恐怖を感じる場所は様々です。広場恐怖以外に、外出恐怖、空間恐怖ということもあります。

広場恐怖が強くなると仕事や日常生活ができなくなり、また引きこもりがちになるので友達との人間関係にも影響が出てきます。一人で外出できなくなるので、人に頼っている自分自身を情けなく思う気持ちも強まっていきます。

Page Top

原因 anchor.png

不安障害の原因は、まだ十分には解明されていません。精神障害の発症には、生物学的(身体的)、心理的、および社会的要因がいろいろな度合いで関わっています。

不安障害も、かつては心理的要因(心因)が主な原因であると考えられてきましたが、近年の脳研究の進歩により、今日では、心因だけでなく様々な脳内神経伝達物質系が関係する脳機能異常(身体的要因)があるとする説が有力になってきています。

Page Top

anchor.png

患者それぞれの症状に合わせて処方されますが、最低3ヶ月の服用が必要になります。 それで効果が見られても、そこから更に1年~1年半の薬の服用が必要になってきます。その後、医師の判断により徐々に薬の量が減らされていきます。

Page Top

SSRI 選択的セロトニン再取り込み阻害剤 anchor.png

抗うつ薬の一種で、神経伝達物質でアルセロトニンが、神経細胞への再取り込みを妨げて、うつの症状を抑える薬です。 自己判断でいきなり服用をやめてしまうと、めまいや頭痛、不安感などの症状が出ることがあります。

Page Top

抗不安薬 anchor.png

抗不安剤SSRIが出てくるまでは、パニック障害の治療に広く使われていた薬です。これらの薬は、ふらつき、眠気など副作用が若干強めに出るのが特徴です。

ベンゾジアゼピン系
Page Top

三環系抗うつ薬 anchor.png

鬱病の治療に用いられる薬ですが、パニック障害に対しても効果が認められる薬です。
但し、副作用として眠気や便秘、起立性低血圧、口の渇きなどが出やすい為に、抗不安剤やSSRIなどでも効果がみられない場合にのみ使用されます。

Page Top

てんかんanchor.png

Page Top

β遮断薬 anchor.png

Page Top

治療法  anchor.png

Page Top

薬物療法 anchor.png

薬物による治療の第一目標は、「パニック発作を起きなくさせる」ことです。次に「予期不安や広場恐怖もできるだけ軽減させる」ことが目標になります。
一般に、最初に使われる薬はSSRIをはじめとする抗うつ薬と抗不安薬の一種であるベンゾジアゼピン系薬剤です。

これらの薬の効果は人によって違うため、効果を確認しながら増減したり薬を変更したりする必要があります。正しく効果を確認するためには、医師が定めたとおりの量と回数を守って服用してください。
パニック障害は薬物療法が効果を発揮しやすい障害です。薬に頼らず精神療法だけで治すということは得策ではありません。

Page Top

精神療法 anchor.png

パニック障害では、薬物治療に加えて精神療法の併用が重要です。とくに、認知行動療法という治療法は、薬による治療と同じくらいパニック障害に治療効果があることが認められています。

薬が効き始めて発作が起こらなくなってきたら、苦手だった外出などに少しずつ挑戦することも治療の一環になります。

Page Top
認知行動療法 anchor.png

認知行動療法はパニック発作と自分の置かれた状況や体の感覚が、パニック発作を起こすのにどのように関係しているのかを理解するところにあります。そしてその回避行動をコントロールするためにはどのようにすればいいのかを自身でしっかりと把握して学ぶことを目的としています。

不安の予兆に対し、いつも最悪の事態を予測してしまうクセ(認知の歪み)に気づき、「これはいつもの不安のためだ、時間がたてば自然に治まる」などと、言葉にして自分に言い聞かせることによって認知の修正をはかるようにします。これは自分でできる簡単な認知療法です。

Page Top
曝露療法 anchor.png

広場恐怖に最も効果のある治療法です。通常は「段階的曝露療法」といって、広場恐怖の対象を、その不安の度合いによって0から100までに段階づけし、容易な段階から挑戦して、出来たらその上を目指すというやり方で行動練習を行います。
たとえば一人で電車に乗れない場合は、はじめは家族同伴で乗ってみる、次は家族に別のハコに乗ってもらい、その次は一人で一駅だけ乗ってみる、出来たら二駅三駅と距離と時間をのばしていくといった具合です。無理せず、少しずつ成功体験を積み重ねることによって、自信をつけていくのがコツです。

スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の効果・副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 4626, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2009-10-15 (木) 21:44:47
最終更新: 2014-07-25 (金) 15:37:28 (JST) (1067d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 甲状腺ホルモン アンク 2017/6/25 23:17
  2. 説明をありがとうございました。 ゲスト 2017/6/17 20:28
  3. Re: ナチュラルブレスト ゲスト 2017/4/7 20:17
  4. Re: サイラムザ点滴静注液 ダンディー 2017/4/5 21:12
  5. Re: ベガモックス点眼液 ゲスト 2017/2/26 12:32
  6. エレルサ錠 リチャード キンブル 2016/11/8 14:18
  7. Re: デルモベート軟膏 はるみ 2016/10/12 6:37

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 13

もっと...