.
スポンサーリンク

パロキセチン塩酸塩水和物(Paroxetine hydrochloride hydrate) anchor.png

選択的セロトニン再取り込み阻害剤

  • パキシル錠 (製薬会社:グラクソ・スミスクライン株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png

脳内の伝達物質(セロトニン)に作用し、抗うつ作用や抗不安作用を示し、憂うつな気持ち、不安、いらいら感、やる気がなくなる、食欲不振、不眠、突然激しい不安、強迫観念、人前での過度な不安や緊張などの症状を改善します。通常、うつ病・うつ状態、パニック障害強迫性障害、社会不安障害の治療に用いられます。

Page Top

用法・用量 anchor.png

  • うつ病・うつ状態
    通常、成人はパロキセチンとして1回20〜40mgを1日1回夕食後に服用します。1回10〜20mgから服用を始め、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量されますが、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減されます。
  • パニック障害
    通常、成人はパロキセチンとして1回30mgを1日1回夕食後に服用します。1回10mgから服用を始め、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量されますが、症状により1日30mgを超えない範囲で適宜増減されます。
  • 強迫性障害
    通常、成人はパロキセチンとして1回40mgを1日1回夕食後に服用します。1回20mgから服用を始め、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量されますが、症状により1日50mgを超えない範囲で適宜増減されます。
  • 社会不安障害
    通常、成人はパロキセチンとして1回20mgを1日1回夕食後に服用します。1回10mgから服用を始め、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量されますが、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減されます。

本剤は1錠中にパロキセチンとして5mgを含有します。
いずれの場合も、必ず指示された服用方法に従ってください。効果が現れるのに通常2週間前後かかります。効果が現れても服用を続ける必要があります。

Page Top

副作用 anchor.png

主な副作用として、吐き気、眠気、口渇、めまい、便秘、頭痛、食欲不振などが報告されています。

Page Top

稀な副作用 anchor.png

  • セロトニン症候群
    不安、興奮、手足の震え
  • 悪性症候群
    筋肉のこわばり、発汗、急激な発熱
  • 錯乱、幻覚、せん妄、痙攣
    考えがまとまらない、現実には存在しない物が見える、意識がうすれる
  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群
    全身倦怠感、意識の低下、けいれん
  • 肝機能障害
    全身倦怠感、食欲不振、皮膚や結膜が黄色くなる
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 2391, today: 1, yesterday: 1
Princeps date: 2011-12-18 (Sun) 01:57:55
Last-modified: 2018-12-17 (Mon) 13:06:02 (JST) (305d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/10/1 12:22
  2. Re: ProGRP YUMIKO 2019/9/27 8:31
  3. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/14 13:08
  4. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/5 7:57
  5. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/8/25 10:12

.
スポンサーリンク

通院日記を書いて病気と向き合えるの?iness


オンライン状況
21 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...