.

テガフール(Tegafur) ギメラシル(Gimeracil) オテラシルカリウム(Oteracil potassium) anchor.png

代謝拮抗剤

  • ティーエスワン配合カプセルT (製薬会社:大鵬薬品工業株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png

体内でフルオロウラシル(抗がん剤)に変換され、その濃度を上昇させ抗腫瘍効果を高め、消化器毒性(副作用)を軽減します。 通常、胃がん、結腸・直腸がん、頭頸部がん、非小細胞肺がん、手術不能または再発乳がん、膵がん、胆道がんの治療に用いられます。

Page Top

用法・用量 anchor.png

通常、成人は初回体表面積に合わせてテガフールとして1.25m2未満では40mg、1.25〜1.5m2未満では50mg、1.5m2以上では60mgを基準として1日2回朝食後と夕食後に28日間連続で服用し、その後14日間休みます。これを1クールとして繰り返しますが、状態により適宜増減されます。
増減量の段階は1回40mg、50mg、60mg、75mgとされており、1回75mgが限度、最低量は1回40mgとされています。

この薬は1カプセル中にテガフールとして20mgを含んでいます。必ず指示された服用方法に従ってください。

フッ化ピリミジン系の薬と絶対に一緒に飲んではいけません。服薬状況や、からだの状態、気づいた症状をメモしておき、診察時に医師または薬剤師に見せましょう。

飲み忘れた場合は、次の服用時間に1回分服用してください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。医師の指示なしに、自分の判断で飲む量や服用期間を変更しないでください。

Page Top

副作用 anchor.png

主な副作用として、食欲不振、はきけ、嘔吐、下痢、体がだるい、口内炎、色素沈着、発疹、流涙などが報告されています。

Page Top

稀な副作用 anchor.png

  • 骨髄抑制
    出血が止まりにくい、体がだるい、発熱、のどの痛み
  • 重篤な肝障害
    皮膚が黄色くなる、体がだるい、白目が黄色くなる、食欲不振
  • 重篤な腸炎
    下痢、激しい腹痛
  • 間質性肺炎
    息苦しい、発熱、から咳
  • 消化管潰瘍、消化管出血、消化管穿孔
    血が混じった便、黒色便、血を吐く、腹痛
  • 皮膚粘膜眼症候群
    ひどい口内炎、赤い発疹、まぶたや眼の充血
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の効果・副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 1059, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2012-07-17 (火) 21:16:33
最終更新: 2012-07-17 (火) 21:16:33 (JST) (1922d) by seriza
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 遅発性ジスキネジア ロンロン 2017/10/18 18:16
  2. Re: アザルフィジンEN錠 ゲスト 2017/10/7 11:54
  3. Re: アザルフィジンEN錠 ゲスト 2017/10/7 11:45
  4. Re: 肢端紅痛症 さっちゃん 2017/9/24 17:45
  5. 眼底三次元画像解析 武田 光夫 2017/9/19 21:53
  6. Re: 甲状腺ホルモン アンク 2017/6/25 23:17
  7. 説明をありがとうございました。 ゲスト 2017/6/17 20:28

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 13

もっと...