.
スポンサーリンク

概要 anchor.png

腎臓の上にある副腎やその周りの神経にできる腫瘍です。交感神経に働くカテコラミンと呼ばれるホルモンを腫瘍が過剰に作り出すことで高血圧などの症状が起こります。
多発性内分泌腫瘍やフォン・ヒッペル・リンドウ病、神経線維腺腫といった遺伝病が関係している場合があります。
褐色細胞腫は、良性の場合がほとんどですが、約10%は悪性です。

Page Top

症状 anchor.png

腫瘍が作るホルモンの異常で、頭痛や高血圧症、血糖値の上昇、代謝亢進(だるさなど)、多汗症、体重の減少、顔面蒼白などの症状が起こります。
稀に動悸、視力障害、心不全が起こることがあります。

Page Top

原因 anchor.png

原因の一部は遺伝性であると考えられています。

Page Top

診療科 anchor.png

内分泌内科、消化器外科、泌尿器科で治療が行われます。

Page Top

検査 anchor.png

  • 血液検査
    ホルモン(カテコラミン)の量などを調べます。
  • 尿検査
    発作時のホルモン(カテコラミン)の量などを調べます。
  • 画像検査
    腫瘍の大きさや位置などを調べます。
    • 腹部超音波検査
    • 腹部CT検査
    • 腹部MRI検査
    • シンチグラフィ
Page Top

合併症 anchor.png

糖尿病脂質異常症を合併する場合がある。

Page Top

anchor.png

  • (一般名:)
Page Top

治療法 anchor.png

褐色細胞腫の患者は、最初に高血圧の治療を行います。
まず交感神経を抑えるα遮断薬を用いて血圧を下げます。
次いでβ遮断薬を併用して脈拍を適切な水準まで抑え、不整脈を抑えます。

血圧が安定したところで腫瘍を手術で取り除きます。

腫瘍が両側の副腎にある場合、手術で両側の副腎を取り出すと副腎皮質ホルモンが不足するため、ステロイド薬(副腎皮質ホルモン製剤)を補います。

褐色細胞腫が、転移をしている場合は抗がん剤で治療します。

スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 595, today: 1, yesterday: 1
Princeps date: 2019-04-05 (Fri) 13:03:49
Last-modified: 2019-04-05 (Fri) 13:04:31 (JST) (748d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 間質性肺炎 土井滿保 2021/2/13 11:27
  2. Re: 間質性肺炎 土井滿保 2021/2/9 10:57
  3. Re: 肢端紅痛症 なん 2020/9/26 22:38
  4. Re: レルミナ錠 ゆりさか 2020/8/8 6:55
  5. Re: 肢端紅痛症 なっちゃん 2020/5/26 22:09

.
スポンサーリンク

治療日記で病気と向き合う iness


オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...