.
スポンサーリンク
These search terms have been highlighted:ホジキン病

Return to ホジキン病
  • アドリアシン注用 (2326d) [ ドキソルビシン塩酸塩(Doxorubicin hydrochloride) ]
    ...悪性腫瘍剤 アドリアシン注用 (製薬会社:協和醗酵工業株式会社) 作用と効果 がん細胞のDNAと複合体を形成し、DNAおよびRNA合成酵素の反応を阻害してがん細胞の増殖を抑える働きがあります。 通常、悪性リンパ腫(細網肉腫、リンパ肉腫、ホジキン病)、肺がん、消化器癌、乳がん、膀胱腫瘍、骨肉腫の症状の緩解、また、乳がん(手術可能例における術前、あるいは術後化学療法)、子宮体がん(術後化学療法、転移・再発時化学療法)、悪性骨・軟部腫瘍、悪性骨腫瘍、多発性骨髄腫、小児悪性固形腫瘍、尿路上皮癌に対する...
  • オンコビン注射用 (1127d) [ ビンクリスチン硫酸塩 ]
    ...薬株式会社) 作用と効果 白血病(急性白血病、慢性白血病の急性転化時を含む) 悪性リンパ腫(細網肉腫、リンパ肉腫、ホジキン病) 小児腫瘍(神経芽腫、ウィルムス腫瘍、横紋筋肉腫、睾丸胎児性癌、血管肉腫等) 以下の悪性腫瘍に対する他の抗悪性腫瘍剤...膠腫 褐色細胞腫 用法・用量 白血病(急性白血病、慢性白血病の急性転化時を含む)、悪性リンパ腫(細網肉腫、リンパ肉腫、ホジキン病)及び小児腫瘍(神経芽腫、ウィルムス腫瘍、横紋筋肉腫、睾丸胎児性癌、血管肉腫等)の場合 通常、ビンクリスチン硫酸塩として小...
  • ケナコルト-A筋注用関節腔内用水懸注 (745d) [ トリアムシノロンアセトニド水性懸濁注射液 ]
    ...られ、かつ他剤で効果が不十分なときに短期間用いること)、※末梢神経炎(ギランバレー症候群を含む)、※重症筋無力症、※多発性硬化症(視束脊髄炎を含む)、※小舞踏病、※顔面神経麻痺、※脊髄蜘網膜炎 ※悪性リンパ腫(リンパ肉腫症、細網肉腫症、ホジキン病、皮膚細網症、菌状息肉症)及び類似疾患(近縁疾患)、※好酸性肉芽腫 ※特発性低血糖症 副腎摘除、※臓器・組織移植、※副腎皮質機能不全患者に対する外科的侵襲 ※蛇毒・昆虫毒(重症の虫さされを含む) 強直性脊椎炎(リウマチ性脊椎炎) ※卵管整形術後の癒着防...
  • ソル・コーテフ注射用 (762d) [ 注射用ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウム ]
    ...性間質性肺炎(肺線維症)(放射線肺臓炎を含む) 重症感染症重症感染症(化学療法と併用する) 新陳代謝疾患特発性低血糖症 その他の内科的疾患重症消耗性疾患の全身状態の改善(癌末期、スプルーを含む)、悪性リンパ腫(リンパ肉腫症、細網肉腫症、ホジキン病、皮膚細網症、菌状息肉症)及び類似疾患(近縁疾患)、好酸性肉芽腫、乳癌の再発転移 外科領域 副腎摘除、臓器・組織移植、副腎皮質機能不全患者に対する外科的侵襲、侵襲後肺水腫、外科的ショック及び外科的ショック様状態、脳浮腫、輸血による副作用、気管支痙攣(術...
  • ダカルバジン注用 (750d) [ ダカルバジン ]
    ...作用 ダカルバジン 抗悪性腫瘍剤 ダカルバジン注用 (製薬会社:協和発酵キリン株式会社) 作用と効果 悪性黒色腫 ホジキン病(ホジキンリンパ腫) 褐色細胞腫 用法・用量 悪性黒色腫 通常成人では、ダカルバジンとして1日量100〜200mgを5日間連日静脈内投与し、以後約4週間休薬する。 これを1コースとし繰り返し投与する。 なお、年齢・症状により適宜増減する。 ホジキン病(ホジキンリンパ腫) 通常成人・小児ともに、他の抗悪性腫瘍剤との併用において、ダカルバジンとして1日1回375mg/m2(体...
  • 塩酸プロカルバジンカプセル (1968d) [ プロカルバジン塩酸塩(Procarbazine hydrochloride) ]
    ...ロカルバジン塩酸塩(Procarbazine hydrochloride) 抗悪性腫瘍剤 塩酸プロカルバジンカプセル (製薬会社:中外製薬株式会社) 作用と効果 腫瘍の増殖を抑え、悪性リンパ腫・脳腫瘍を治療します。 通常、悪性リンパ腫(ホジキン病、細網肉腫、リンパ肉腫)の治療、悪性腫瘍(悪性星細胞腫、乏突起膠腫成分を有する神経膠腫)に対する他の抗悪性腫瘍剤(ニムスチン塩酸塩、ビンクリスチン硫酸塩)との併用療法に用いられます。 用法・用量 悪性リンパ腫の場合 通常、成人は1日1~2カプセル(プロ...
  • 白血球分画 (3607d) [ 白血球分画 ]
    ...症、慢性骨髄性白血病、心筋梗塞、悪性腫瘍、外傷、中毒など。 好中球減少 腸チフス、再生不良性貧血、急性白血病、敗血症、強度の感染症など。 好酸球増加 寄生虫症、アレルギー病(気管支ぜんそく、花粉症、蕁麻疹など。)、クラミジア、リンパ種、ホジキン病など。 好酸球減少 クッシング症候群など。 好塩基球増加 慢性骨髄性白血病、甲状腺機能低下症、粘液水腫など。 好塩基球減少 甲状腺機能亢進症、アレルギー反応の急性期など。 リンパ球増加 ウイルス感染症、梅毒、流行性耳下腺炎、甲状腺機能亢進症、その他の甲...
スポンサーリンク

Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 4272, today: 2, yesterday: 1
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 間質性肺炎 土井滿保 2021/2/13 11:27
  2. Re: 間質性肺炎 土井滿保 2021/2/9 10:57
  3. Re: 肢端紅痛症 なん 2020/9/26 22:38
  4. Re: レルミナ錠 ゆりさか 2020/8/8 6:55
  5. Re: 肢端紅痛症 なっちゃん 2020/5/26 22:09

.
スポンサーリンク

治療日記で病気と向き合う iness


オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...