.

シアル化糖鎖抗原KL-6 anchor.png

KLの名前の由来は肺癌を意味するドイツ語のKrebs von den Lungenです。1985年に広島大学の教授 河野修興らによりヒト肺腺癌由来細胞株 (VMRC-LCR) をマウスに免疫する事で数種類のモノクローナル抗体が作成され、このモノクローナル抗体のひとつを息者血清と反応させたところ、間質性肺炎に特異性が高いことや間質性肺炎の活動期に高くなることが報告されました。シアル化糖鎖抗原KL-6はその6番目の抗体によって同定された抗原です。

  • 健常人基準範囲
    105~401U/ml
  • 基準値
    500U/ml以下
Page Top

何がわかるのか anchor.png

KL-6は、間質性肺炎と他疾患との鑑別、間質性肺炎の病勢把握(活動性と非活動性の鑑別)、間質性肺炎の治療経過観察に有用な指標と考えられています。

間質性肺炎 では、II型肺胞上皮細胞が過形成されるのでKL-6濃度も上昇します。更に基底膜の傷害によって血管透過性も亢進し、血中にKL-6が出やすくなります。
そこで血中のKL-6の濃度を観察することで、肺胞の状態を観察できると推測されています。

Page Top

どのような検査か anchor.png

血清または血漿(ヘパリン血漿、EDTA血漿、クエン酸血漿、NaF-EDTA血漿)を使用します。

Page Top

検査を受ける時の注意 anchor.png

特にありません。

Page Top

検査結果の判定 anchor.png

Page Top

異常な場合に疑われる病気 anchor.png

間質性肺炎、悪性腫場(肺腺がん、膵臓がん乳がんなど)

スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の効果・副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 4232, today: 1, yesterday: 5
初版日時: 2012-11-26 (月) 00:53:32
最終更新: 2017-06-23 (金) 19:14:05 (JST) (122d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 遅発性ジスキネジア ロンロン 2017/10/18 18:16
  2. Re: アザルフィジンEN錠 ゲスト 2017/10/7 11:54
  3. Re: アザルフィジンEN錠 ゲスト 2017/10/7 11:45
  4. Re: 肢端紅痛症 さっちゃん 2017/9/24 17:45
  5. 眼底三次元画像解析 武田 光夫 2017/9/19 21:53
  6. Re: 甲状腺ホルモン アンク 2017/6/25 23:17
  7. 説明をありがとうございました。 ゲスト 2017/6/17 20:28

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...