.
スポンサーリンク

咽頭がん 中咽頭がん 下咽頭がん 概要 anchor.png

咽頭がんは上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんとに分かれます。

  • 上咽頭
    上咽頭は鼻の突き当たりで、上方は頭蓋骨、上外側は眼があり、外側には耳管咽頭孔があり、前方は鼻腔になります。
    咽頭がんでは頸部リンパ節転移も多く、多様な症状を示します。
  • 中咽頭
    中咽頭は上咽頭の下方で軟口蓋の高さで区切られます。中咽頭には扁桃腺へんとうせんがあり、前壁は舌根部(ぜっこんぶ)*1です。中咽頭がんでは扁桃肥大と間違えられることもあります。また中咽頭には悪性リンパ腫もしばしばみられます。
  • 下咽頭
    下咽頭は中咽頭の下方で、食道入口部までが範囲です。下咽頭の前方には喉頭があります。

咽頭がんや下咽頭がんでは、食道がんとの重複がんが多いのが特徴です。

Page Top

症状 anchor.png

  • 咽頭がん
    頸部腫瘤と耳症状が最も多い症状です。耳症状としては詰まる感じや聞こえが悪いなどがあり、滲出性中耳炎と診断されている場合があります。そのほかに、物が重なって見える眼の症状、鼻出血、鼻閉などの鼻症状、がんこな頭痛などいろいろな症状があります。
  • 咽頭がん
    咽頭痛や嚥下痛、のどのはれた感じなどが多くみられる症状です。頸部リンパ節腫大もあります。
  • 咽頭がん
    のどが詰まった感じや咽頭の違和感に始まり、嚥下痛、咽頭痛、声のかすれなどの症状が出ます。進行すると食事が通らなくなります。頸部リンパ節腫大もあります。
Page Top

原因 anchor.png

  • 咽頭がん
    EBウイルスの関与がいわれています。
    • EBウイルス
      EBウイルスとは、エプスタインとバールという人によって1964年に発見されたウイルスでEBとは発見者の頭文字からつけられています。
      EBウイルスに感染すると、発熱が続く、リンパ節腫脹、咽頭痛などの痛みなどの症状がみられ、体がだるくなったり、発疹なども見られます。予後は2週間前後で沈静に向かいますが、合併症を伴うこともあります。
  • 咽頭がん、下咽頭がん
    アルコールやたばこ、食物、環境因子などと因果関係があるといわれています。

近年、咽頭がんでは、パピローマウイルスの関与が注目されています。

Page Top

診療科 anchor.png

耳鼻咽喉科、歯科口腔外科、形成外科、腫瘍内科、放射線腫瘍科

Page Top

検査 anchor.png

  • 咽頭がん
    鼻咽腔ファイバースコープ(内視鏡)検査で直接がんを観察します。CTやMRIで腫瘍の周囲組織への広がりや浸潤の有無を検査します。
    遠隔転移が多いので肺転移や全身への転移を調べるため、肺CTやPET(ポジトロン放出断層撮影)などが行われます。
  • 咽頭がん
    直接観察ができるので視診と触診が重要です。CT、MRIもがんの範囲やリンパ節転移を診断するのに有用です。
  • 咽頭がん
    直接肉眼的に見ることはできないので、内視鏡検査による観察が必要です。そのほかに食道造影検査、CT、MRIなどを行います。
    特にNBI(狭域帯)内視鏡が有用です。表在がんなど小さいがんも容易に見つけることができます。食道の観察にも用いられています。
    食道がんとの重複がんを調べるためには、上部消化管ファイバースコープ(内視鏡)検査が必要です。
Page Top

診断 anchor.png

  • 咽頭がん
    • 内視鏡検査
      細い内視鏡を鼻から挿入し、組織を採取します。
    • 抗EBV血清抗体価
      その大多数が未分化癌のうちリンパ上皮腫であり、この腫瘍はEBウイルスの感染と深い関係がある為、補助診断として有用です。
    • 画像検査
      X線検査やCT、MRIで腫瘍の広がり、特に頭蓋底への浸潤、破壊、副咽頭間隙への進展度を詳しく判断します。また超音波検査も加え頸部リンパ節転移の有無も総合的に判断します。遠隔転移が高頻度に発生するためシンチ検査も加え遠隔転移の有無もチェックします。
  • 咽頭がん
    中咽頭は視診、触診が容易に出来る部位です。視診でははっきりしなくても触診で疑われることも多いです。局所の組織採取で診断がつかない事も多く、扁桃原発癌の場合、しばしば扁桃摘出で確定診断がつく事があります。
    • 画像検査
      X線検査やCT、MRIで腫瘍の広がり、特に副咽頭間隙への進展度を詳しく判断します。また超音波検査も加え頸部リンパ節転移の有無も総合的に判断します。
    • 消化器内視鏡検査
      気道、消化管を中心とした多発癌や重複癌の頻度が高いので、咽喉頭の内視鏡検査に加え、食道癌の有無を調べるために上部消化管内視鏡検査を行うことが一般的です。
  • 咽頭がん
    下咽頭は喉頭の裏側にあるという解剖学的特長から早期での診断が難しく。早期では喉頭内視鏡検査や上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)でも発見が難しいことがよくあります。
    • 画像検査
      上部消化管透視検査が比較的有効で、このとき食道癌も見つかることがあります。CT、MRIで腫瘍の広がり進展度を詳しく判断します。また超音波検査も加え頸部リンパ節転移の有無も総合的に判断します。
    • 消化器内視鏡検査
      気道、消化管を中心とした多発癌や重複癌の頻度が高いので、咽喉頭の内視鏡検査に加え、食道癌の有無を調べるために上部消化管内視鏡検査を行うことが必須です。
Page Top

病期 ステージ anchor.png

咽頭がんは病巣の広がりの状況で0~IV期に分類されます。

  • 咽頭がん
    • 0期
      癌原発巣が上皮内にとどまる極早期の段階。
    • I期
      癌原発巣が上咽頭に限局し、リンパ節転移を認めない段階。
    • IIA期
      癌原発巣が中咽頭および/または鼻腔に伸展、傍咽頭間隙への伸展を伴わない状態で、リンパ節転移を認めない段階。
    • IIB期
      癌原発巣が傍咽頭間隙への伸展を伴わない状態で、鎖骨上窩より上方で片側6cm以下のリンパ節転移を認める段階。癌原発巣が傍咽頭間隙への伸展を伴う状態で、リンパ節転移を認めないか、あるいは鎖骨上窩より上方で片側6cm以下のリンパ節転移を認める段階。
    • III期
      癌原発巣の伸展が傍咽頭間隙までの状態で、鎖骨上窩より上方で両側に6cm以下のリンパ節転移を認める段階。癌原発巣が骨組織や副鼻腔に伸展した状態で、リンパ節転移を認めないか、あるいは鎖骨上窩より上方で片側6cm以下のリンパ節転移を認める段階。
    • IVA期
      癌原発巣が頭蓋内、脳神経、側頭下窩、下咽頭、眼窩、咀嚼筋間隙に伸展した状態で、6cmより大きいリンパ節転移を認めない段階。
    • IVB期
      癌原発巣の状態とは関係なく、6cmより大きなリンパ節転移を認める段階。
    • IVC期
      癌が他の部位、たとえば肺や肝臓などに転移している段階。
  • 咽頭がん
    • 0期
      癌原発巣が上皮内にとどまる極早期の段階。
    • I期
      癌原発巣が2cm以下で、リンパ節転移を認めない段階。
    • II期
      癌原発巣が2cmより大きく4cm以下で、リンパ節転移を認めない段階。
    • III期
      癌原発巣が4cm以下の状態で、同側に単発で3cm以下のリンパ節転移を認める段階。癌原発巣が4cmより大きい状態で、リンパ節転移を認めないか、あるいは同側に単発で3cm以下のリンパ節転移を認める段階。
    • IVA期
      癌原発巣が喉頭などへ浸潤しない状態で、同側に単発で3cmより大きく6cm以下のリンパ節転移、同側に6cm以下の複数のリンパ節転移、あるいは対側や両側に6cm以下のリンパ節転移を認める段階。癌原発巣が喉頭、舌深層の筋肉、内側翼突筋、硬口蓋、下顎骨のいずれかに浸潤した状態で、6cmより大きいリンパ節転移を認めない段階。
    • IVB期
      リンパ節転移の状態とは関係なく、癌原発巣が外側翼突筋、翼状突起、上咽頭側壁、頭蓋底のいずれかに浸潤、または頚動脈を全周性に取り囲む認める段階。癌原発巣の状態とは関係なく、6cmより大きなリンパ節転移を認める段階。
    • IVC期
      癌が他の部位、たとえば肺や肝臓などに転移している段階。
  • 咽頭がん
    • 0期
      癌原発巣が上皮内にとどまる極早期の段階。
    • I期
      癌原発巣が2cm以下、あるいは下咽頭の1亜部位(輪状後部/梨状陥凹/咽頭後壁)に限局した状態で、リンパ節転移を認めない段階。
    • II期
      癌原発巣が2cmより大きく4cm以下、あるいは下咽頭の1亜部位(輪状後部/梨状陥凹/咽頭後壁)をこえるか、隣接部位に浸潤し喉頭の固定がない状態で、リンパ節転移を認めない段階。
    • III期
      癌原発巣が4cm以下、あるいは喉頭の固定が状態で、同側に単発で3cm以下のリンパ節転移を認める段階。癌原発巣が4cmより大きい、あるいは片側喉頭の固定した状態で、リンパ節転移を認めないか、あるいは同側に単発で3cm以下のリンパ節転移を認める段階。
    • IVA期
      癌原発巣が甲状軟骨や甲状腺、食道など周囲臓器へ浸潤しない状態で、同側に単発で3cmより大きく6cm以下のリンパ節転移、同側に6cm以下の複数のリンパ節転移、あるいは対側や両側に6cm以下のリンパ節転移を認める段階。癌原発巣が甲状軟骨、輪状軟骨、舌骨、甲状腺、食道、頸部正中軟部組織のいずれかに浸潤した状態で、6cmより大きいリンパ節転移を認めない段階。
    • IVB期
      リンパ節転移の状態とは関係なく、癌原発巣が椎前筋膜、縦隔に浸潤、または頚動脈を全周性に取り囲む認める段階。癌原発巣の状態とは関係なく、6cmより大きなリンパ節転移を認める段階。
    • IVC期
      癌が他の部位、たとえば肺や肝臓などに転移している段階。
Page Top

anchor.png

  • (一般名:)
Page Top

治療法 anchor.png

Page Top

咽頭がんの治療 anchor.png

放射線治療と抗がん薬治療(化学療法)を組み合わせて行うのが一般的で、手術が第一選択になることはありません。未分化癌が多いという病理学的特徴から放射線療法が根治治療として施行されます。
放射線治療後に補助化学療法を行う方法や放射線照射に抗がん薬を同時に併用して行う方法、全身的に抗がん薬治療を行い、そのあとに局所の上咽頭を中心に放射線を照射する方法などがありますが、抗がん薬同時併用放射線照射が主流です。
放射線治療と化学療法の2つを組み合わせることにより、治療成績は著しく向上しています。最近ではIMRT(強度変調放射線治療)により口腔乾燥を軽くすることができます。

  • 放射線療法
    第一選択となります。高エネルギーのX線を頸の外から照射し癌細胞を破壊する方法です。1日1回の照射を30~35回(60~70Gy)行います。通常一週間に5日照射しますので、6~7週間かかります。頸部リンパ節転移を起こしやすく、これを基にして遠隔転移を生じる為、明らかなリンパ節転移がなくても全頚部に60Gy前後の照射を行います。副作用として照射部位の火傷症状(皮膚炎、咽頭炎)や味覚障害、口渇、食欲不振を生じることが多くあります。
  • 外科療法
    一時治療に手術は行われません。残存、再発腫瘍に対して、手術を行う場合があります。また、原発病巣が根治し、遠隔転移がない症例でリンパ節転移のみ残存する場合、頸部郭清術が行われます。
  • 化学療法
    咽頭癌頭頸部癌の中で化学療法の効果が最も期待されています。その目的は放射線療法の根治性を向上させることや、遠隔転移を防止、根絶することで、内服あるいは点滴で抗癌剤を投与する方法です。単独で癌を制御することは期待できません。
    副作用としては嘔気、食欲不振などの消化器症状や、白血球減少などの骨髄抑制、手足のしびれなどの末梢神経症状、口内炎や脱毛など様々な症状をきたします。
Page Top

咽頭がんの治療 anchor.png

I期やII期のがんでは放射線治療となります。外照射では治療後の唾液腺の分泌障害による口腔乾燥症が問題となります。また小さいがんでは、口腔内の変形は残りますが、切除もよい治療法です。
一方、III期、IV期の進行がんでは手術治療になり、その場合には再建手術も必要になります。軟口蓋を大きく切除したり、舌根部を大きく切除した場合には嚥下機能障害が術後に生じる場合があるため、嚥下障害に対する手術が必要になります。また舌根がんが下方に進行している場合には、喉頭も合併切除します。

  • 放射線療法
    第一選択となります。高エネルギーのX線を頸の外から照射し癌細胞を破壊する方法です。1日1回の照射を30~35回(60~70Gy)行います。通常一週間に5日照射しますので、6~7週間かかります。副作用として照射部位の火傷症状(皮膚炎、咽頭炎)や味覚障害、口渇、食欲不振を生じることが多くあります。
  • 外科療法
    • 口内法
      機能温存が可能です。表在性の腫瘍、口蓋扁桃の腫瘍が主体となります。
    • 咽頭切開法(下顎骨温存)
      舌根部の腫瘍など、その適応は限定されます。術後の機能は下顎骨離断法よりは温存されます。
    • 下顎骨離断法
      下顎骨の骨切を行い中咽頭の視野を広く確保する方法で、進行癌が多い中咽頭癌では近年最も繁用される方法です。切除後の欠損に対しては再建手術を必要としたり、誤嚥に対する予防手術を併用することが多いです。リンパ節転移がある場合、頸部郭清術が併用されます。
  • 化学療法
    咽頭癌もプラチナ製剤を中心とした多剤併用療法に感受性が高く、機能温存という目的からも、頭頸部癌の中で化学療法の効果が最も期待される癌のひとつです。その目的は放射線療法の根治性を向上させることや、遠隔転移を防止、根絶することで、内服あるいは点滴で抗癌剤を投与する方法です。単独で癌を制御することは期待できません。
    副作用としては嘔気、食欲不振などの消化器症状や、白血球減少などの骨髄抑制、手足のしびれなどの末梢神経症状、口内炎や脱毛など様々な症状をきたします。
Page Top

咽頭がんの治療 anchor.png

手術治療が第一選択となります。初診時にすでに進行がんになっていることが多いので、咽頭喉頭食道摘出術という下咽頭とともに喉頭を摘出する手術を行い、空腸などを用いた遊離皮弁や大胸筋皮弁などで下咽頭を再建します。その場合、喉頭がんと同様に喉頭も全摘するので、永久気管孔となり音声機能を失います。
最近では、限局した下咽頭がんでは、がんを部分的に切除して喉頭を温存し再建する方法や、表在がんでは内視鏡で切除する手術方法もあります。また早期のがんであれば、放射線治療で治癒します。

  • 手術療法
    • 喉頭温存・下咽頭部分切除術
      音声機能が保たれる利点はあるが、根治性が低くなるという欠点もあります。早期の梨状陥凹癌が適応です。ただし最近では再建手術や術前・術後の管理の進歩により、施設によっては少し進行した癌にも、積極的に喉頭温存手術を行っているところもみられます。
    • 喉頭摘出・下咽頭部分切除術
    • 下咽頭・喉頭・頸部食道切除術
      一般的に行われる頻度が最も高い術式です。
    • 下咽頭・喉頭・全食道抜去術
      下咽頭部分切除で咽頭粘膜が全周の1/3以上温存された場合を除き、再建手術が必要です。通常は遊離空腸という術式で、空腸(小腸の一部)を食道の代わりに移植する方法が行われます。
  • 放射線療法
    根治を目的にした放射線療法は早期癌の一部に行われます。1日1回の照射を30~35回(60~70Gy)行います。通常一週間に5日照射しますので、6~7週間かかります。最近では局所制御の向上を目指し、多分割照射という方法がとられることが多くなりました。副作用として照射部位の火傷症状(皮膚炎、咽頭炎)や味覚障害、口渇、食欲不振を生じることが多くあります。
  • 化学療法
    補助療法として使用されます。術前に使用されることが多く、最近では奏功が得られた症例には、手術を回避して放射線療法を行う臓器温存を目的にした試みが行われています。
Page Top

予後 anchor.png

  • 咽頭がん
    放射線単独療法では5年生存率が40%前後ですが、放射線療法に先行して強力な化学療法を行った場合50%以上が観察されています。
  • 咽頭がん
    I~II期癌の5年生存率は50~70%です。
    進行癌の5年生存率は保存的治療(放射線療法+化学療法のみ)では30%以下ですが、広範切除を行った場合には70%以上の原発巣制御率が得られたという報告もあります。
  • 咽頭がん
    放射線療法の局所制御率はI期で70~80%、II期で50~60%ですが、早期がんで発見されることが少なく、5年生存率は20~40%です。

*1 舌根部とは、舌の付け根の部分
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 4268, today: 1, yesterday: 2
Princeps date: 2013-11-29 (Fri) 12:51:57
Last-modified: 2013-11-29 (Fri) 18:46:14 (JST) (2118d) by seriza
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/14 13:08
  2. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/5 7:57
  3. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/8/25 10:12
  4. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/8/23 0:06
  5. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/7/31 15:20

.
スポンサーリンク

通院日記を書いて病気と向き合えるの?iness


オンライン状況
24 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 24

もっと...