.
スポンサーリンク

アンブリセンタン(Ambrisentan) anchor.png

エンドセリン受容体拮抗薬

  • ヴォリブリス錠 (製薬会社:製造販売元 グラクソ・スミスクライン株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png

エンドセリン受容体に拮抗し、肺の動脈を収縮させるエンドセリンという物質の働きを抑えることにより、肺動脈の血圧を下げ、同時に肺動脈を流れる血液の量を増やし息切れや疲労感を改善します。
通常、肺動脈性肺高血圧症の治療に用いられます。

Page Top

用法・用量 anchor.png

  • 成人
    通常、成人にはアンブリセンタンとして5mgを1日1回経口投与する。なお、症状に応じて1日10mgを超えない範囲で適宜増量する。
  • 小児
    通常、8歳以上の小児には、体重に応じアンブリセンタンとして下記の投与量を1日1回経口投与する。
    20~35kg未満:通常、2.5mgとし症状に応じて1日5mgを超えない範囲で適宜増量する。
    35~50kg未満:通常、5mgとし症状に応じて1日7.5mgを超えない範囲で適宜増量する。
    50kg以上:通常、5mgとし症状に応じて1日10mgを超えない範囲で適宜増量する。
Page Top

副作用 anchor.png

主な副作用として、頭痛、潮紅、鼻閉、喀血、鼻出血、血管浮腫、発疹などが報告されています。

Page Top

重大な副作用 anchor.png

  • 貧血
    ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少があらわれることがある。
    全身倦怠感、めまい、頭痛
  • 体液貯留
    むくみ、息苦しい、腹がはる
  • 心不全
    からだがだるい、全身のむくみ、息苦しい
  • 間質性肺炎
    咳嗽、呼吸困難、発熱、肺音の異常(捻髪音)等
Page Top

その他の副作用 anchor.png

副作用10%以上-10%未満頻度不明
血液及びリンパ系障害--白血球減少-
肝臓--トランスアミナーゼ上昇-
精神神経系頭痛-めまい-
---視覚障害(霧視等)、眼窩周囲浮腫
循環器・心臓潮紅-動悸、低血圧-
呼吸器・胸郭および縦隔障害鼻閉-鼻出血、喀血、呼吸困難、副鼻腔炎、鼻咽頭炎-
消化器--便秘、悪心、腹痛、嘔吐-
過敏症--過敏症反応(血管性浮腫、発疹等)-
全身末梢性浮腫-疲労無力症
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 2437, today: 2, yesterday: 1
Princeps date: 2012-06-07 (Thu) 14:16:48
Last-modified: 2021-03-30 (Tue) 19:02:12 (JST) (48d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 間質性肺炎 ゲスト 2021/2/9 10:57
  2. Re: 肢端紅痛症 なん 2020/9/26 22:38
  3. Re: レルミナ錠 ゆりさか 2020/8/8 6:55
  4. Re: 肢端紅痛症 なっちゃん 2020/5/26 22:09
  5. Re: 肢端紅痛症 みーと 2020/5/26 17:57

.
スポンサーリンク

治療日記で病気と向き合う iness


オンライン状況
23 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 23

もっと...