.
スポンサーリンク

レニン・アンジオテンシン検査 anchor.png

レニンは腎臓から分泌されるホルモンで、血圧を上昇させる作用を持っています。アンジオテンシンは肝臓でつくられるホルモンで、レニンの作用で血圧を上昇させる作用を持つようになるとともに副腎でつくられるアルドステロンというホルモンの分泌を促進します。アルドステロンは腎臓でナトリウムの再吸収を促進し、血液量を増やして血圧を上昇させます。
血圧が上がれば腎臓の血液量は増えますが、それによってレニンの分泌量が抑制されます。つまり、レニン-アンジオテシン-アルドステロン系(R-A-A)の作用によって、血圧は常に一定に保たれているのです。

  • 基準値
    レニン活性 0.3~2.9ng/ml/時間
    レニン定量(臥位) 2.49~21.4pg/ml
    レニン定量(立位) 3.64~63.7pg/ml
    アンジオテシンI 110pg/ml以下
    アンジオテシンII 22pg/ml以下
Page Top

何がわかるのか anchor.png

レニン-アンジオテシン-アルドステロン系のどこかに異常が生じると、高血圧になったり、水分代謝がうまくいかなくなって浮腫みが出たりします。ですから、高血圧や浮腫みの出る病気の原因を突き止めたり、病状を診断したり、治療法の選択のために、この検査が行われます。

Page Top

どのような検査か anchor.png

血液を採取して遠心分析器にかけて、血漿部分をRIA法(ラジオ・イムノアッセイ法、放射性同位元素を利用した検査法)で調べます。

Page Top

検査を受ける時の注意 anchor.png

前日の夕食後は飲食をしないようにします。
1時間安静にした後に採取します。塩分の摂取について指示されることがあります。
降圧剤の服用、塩分摂取量、年齢、性別、日内変動など、それらを考慮して診断します。必要に応じて再検査することがあります。

Page Top

検査結果の判定 anchor.png

高血圧の有無、レニンの多い少ない、アンジオテンシンの多い少ない、その他の検査結果などを総合して判断します。

Page Top

異常な場合に疑われる病気 anchor.png

スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 4134, today: 3, yesterday: 1
Princeps date: 2011-06-03 (Fri) 13:03:25
Last-modified: 2011-06-09 (Thu) 21:40:32 (JST) (3706d) by seriza
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: セダプランコーワ錠 ゲスト 2021/6/27 1:17
  2. Re: セダプランコーワ錠 ゲスト 2021/6/26 16:23
  3. Re: イブランスカプセル ゲスト 2021/5/24 12:26
  4. Re: ジョイクル関節注 ゲスト 2021/5/24 11:51
  5. Re: ジョイクル関節注 ゲスト 2021/5/23 22:47

.
スポンサーリンク

治療日記で病気と向き合う iness


オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...