.
スポンサーリンク

リバーロキサバン(Rivaroxaban) anchor.png

選択的直接作用型第Xa因子阻害剤

  • イグザレルト錠 (製薬会社:バイエル薬品株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png

Page Top

非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中および全身性塞栓症の発症抑制 anchor.png

血液凝固カスケード中の第Xa因子を阻害することで、血液が固まる働きを抑えます。心房で血液が固まりやすくなっている状態を改善することで、血栓が血管に詰まって生じる疾患(血栓塞栓症)が起こるのを防きます。

通常、非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中および全身性塞栓症の発症抑制に用いられます。

Page Top

深部静脈血栓症および肺血栓塞栓症の治療および再発抑制 anchor.png

血液凝固第Xa因子を阻害することで、血液が固まる働きを抑えます。血液が固まりやすくなっている状態を改善し、血栓が血管に詰まって生じる疾患(血栓塞栓症)を治療または予防します。
通常、深部静脈血栓症および肺血栓塞栓症の治療および再発抑制に用いられます。

Page Top

用法・用量 anchor.png

Page Top

非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中および全身性塞栓症の発症抑制 anchor.png

通常、成人は主成分として15mgを1日1回食後に服用します。なお、腎障害がある場合には、10mgを1日1回に減量されます。本剤は1錠中に主成分10mgを含有します。必ず指示された服用方法に従ってください。

Page Top

深部静脈血栓症および肺血栓塞栓症の治療および再発抑制 anchor.png

通常、成人は、最初の3週間は主成分として1回15mgを1日2回食後に服用し、それ以降は1回15mgを1日1回服用します。本剤は1錠中に主成分15mgを含有します。必ず指示された服用方法に従ってください。

Page Top

生活上の注意 anchor.png

歯の治療、内視鏡検査や手術などを受ける場合には、必ず事前にこの薬を服用中であることを医師に伝えてください。

他の医療機関で治療を受ける場合や、薬局などで他の薬を購入する場合には、この薬を服用中であることを、医師、薬剤師に伝えてください。この薬を服用中は、けがをしないように注意してください。

出血した場合、血が止まりにくくなっています。出血が長引く場合やけがの範囲が大きい場合は、すぐに医師に連絡してください。セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)はこの薬の作用を弱めますので、これを含む食品は控えてください。

Page Top

副作用 anchor.png

主な副作用として、鼻血、皮下出血、歯肉出血、血尿、結膜出血、貧血、創傷出血、喀血(せきがでるときに血がでる)、口腔内出血、痔出血、網膜出血、メレナ(黒色便)などが報告されています。

Page Top

重大な副作用 anchor.png

  • 出血
    頭蓋内出血、脳出血、出血性卒中、眼出血、網膜出血、直腸出血、胃腸出血、メレナ、上部消化管出血、下部消化管出血、出血性胃潰瘍、関節内出血、コンパートメント症候群を伴う筋肉内出血 等の重篤な出血があらわれることがある。
    また、出血に伴う合併症として、ショック、腎不全、呼吸困難、浮腫、頭痛、浮動性めまい、蒼白、脱力感があらわれることがある。
  • 肝機能障害・黄疸
    吐き気、からだがだるい、白目や皮膚が黄色くなる
    ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇を伴う肝機能障害
  • 間質性肺疾患
    間質性肺疾患があらわれることがある。
    肺胞出血、咳嗽、血痰、息切れ、呼吸困難、発熱、肺音の異常 等
  • 血小板減少
Page Top

その他の副作用 anchor.png

副作用1~10%未満0.1~1%未満0.1%未満頻度不明
血液及びリンパ系障害貧血INR増加、ヘモグロビン減少、鉄欠乏性貧血血小板増加症(血小板数増加等)-
肝臓-ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇、血中ビリルビン上昇、Al-P上昇γ-GTP上昇、直接ビリルビン上昇LDH上昇
腎臓血尿尿中血陽性尿路出血、腎クレアチニン・クリアランス減少、血中クレアチニン上昇、腎機能障害、BUN上昇-
生殖系及び乳房-性器出血、月経過多--
神経系-頭痛、浮動性めまい、不眠失神-
感覚器結膜出血耳出血--
循環器 心臓血腫-頻脈、低血圧血管偽動脈瘤形成
呼吸器鼻出血、喀血呼吸困難--
消化器歯肉出血肛門出血、下痢、悪心、口腔内出血、血便、腹痛、便潜血、上腹部痛、消化不良、便秘、嘔吐、吐血、口内乾燥、胃食道逆流性疾患、胃炎痔核、アミラーゼ上昇、リパーゼ上昇
皮膚・皮下組織系斑状出血皮下出血、皮下血腫、脱毛、皮膚裂傷擦過傷-
過敏症-発疹、そう痒、アレルギー性皮膚炎蕁麻疹(全身性そう痒症等)、アレルギー反応、血管浮腫-
筋骨格系及び結合組織障害-四肢痛、関節痛筋肉内出血-
その他挫傷創傷出血、処置後出血、無力症、末梢性浮腫、食欲減退、疲労、硬膜下血腫限局性浮腫、倦怠感、創部分泌、発熱-
Page Top

同じ成分の医薬品 anchor.png

スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 3855, today: 4, yesterday: 1
Princeps date: 2012-05-24 (Thu) 19:21:09
Last-modified: 2020-08-25 (Tue) 12:10:40 (JST) (57d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 肢端紅痛症 なん 2020/9/26 22:38
  2. Re: レルミナ錠 ゆりさか 2020/8/8 6:55
  3. Re: 肢端紅痛症 なっちゃん 2020/5/26 22:09
  4. Re: 肢端紅痛症 みーと 2020/5/26 17:57
  5. PCR検査を受けられる条件 ゲスト 2020/4/13 17:50

.
スポンサーリンク

治療日記で病気と向き合えるの? iness


オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...