.
スポンサーリンク

ワルファリンカリウム (Warfarin potassium) anchor.png

血液凝固阻止剤

  • アレファリン錠 (製薬会社:富士製薬工業株式会社)
    販売中止された医薬品です。
Page Top

作用と効果 anchor.png

ビタミンKの働きを抑えて血液を固まりにくくし、血栓ができるのを防ぎます。通常、血栓塞栓症(静脈血栓症、心筋梗塞症、肺塞栓症、脳梗塞症など)の治療や予防に用いられます。

Page Top

用法・用量 anchor.png

1日の服用量と回数は、血液凝固能検査などの結果に基づいて医師により決められます。通常、成人は初回に20~40錠(主成分として20~40mg)服用します。1、2日服用を止めて薬の効果が十分現れてきたのを検査によって確認したら、次回から1回1~5錠(1~5mg)を維持量として毎日1回服用します。または、初回から5~6錠(5~6mg)を毎日1回服用し、これを数日間続け、十分に効果が現れてきたのを検査によって確認したら、以後は維持量を服用します。小児の場合も血液凝固能検査などの結果に基づいて医師により決められますが、維持投与量の目安は、12ヵ月未満で0.16mg/kg/日、1歳以上15歳未満で0.04~0.10mg/kg/日となっています。必ず指示された服用方法に従ってください。
飲み忘れた場合は気が付いた時点で、すぐに飲んでください。ただし、次に飲む時間が近いときは忘れた分は飲まないで、一回分を飛ばしてください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

Page Top

副作用 anchor.png

主な副作用として、発疹、紅斑、蕁麻疹、皮膚炎、発熱、吐き気、下痢、脱毛などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

Page Top

稀な副作用 anchor.png

  • 出血
    臓器内出血、粘膜出血、皮下出血(あざができやすい)
  • 皮膚壊死
    皮膚の痛み、皮膚の表面が赤く熱がある
  • 肝機能障害、黄疸
    全身倦怠感、食欲不振、皮膚や粘膜が黄色くなる
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1790, today: 2, yesterday: 1
Princeps date: 2011-12-02 (Fri) 19:39:54
Last-modified: 2020-11-09 (Mon) 13:38:03 (JST) (71d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 肢端紅痛症 なん 2020/9/26 22:38
  2. Re: レルミナ錠 ゆりさか 2020/8/8 6:55
  3. Re: 肢端紅痛症 なっちゃん 2020/5/26 22:09
  4. Re: 肢端紅痛症 みーと 2020/5/26 17:57
  5. PCR検査を受けられる条件 ゲスト 2020/4/13 17:50

.
スポンサーリンク

治療日記で病気と向き合う iness


オンライン状況
21 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...