.
スポンサーリンク
3: 2018-09-28 (Fri) 20:29:32 kondo source Cur: 2021-06-17 (Thu) 16:55:23 kondo source
Line 195: Line 195:
-レベミル注(一般名:インスリン デテミル) -レベミル注(一般名:インスリン デテミル)
持効型溶解インスリンアナログ製剤「レベミル注 300フレックスペン」、「レベミル注300」(カートリッジ製剤) 持効型溶解インスリンアナログ製剤「レベミル注 300フレックスペン」、「レベミル注300」(カートリッジ製剤)
-1日1回投与でほぼ1日にわたって血糖降下作用が持続する持効型溶解インスリンアナログ製剤。低血糖、特に夜間低血糖の発現りすくを低減させることができる。+1日1回投与でほぼ1日にわたって血糖降下作用が持続する持効型溶解インスリンアナログ製剤。低血糖、特に夜間低血糖の発現リスクを低減させることができる。
インスリン療法が適応となる1型糖尿病と2型糖尿病の成人と小児の患者に使用される。経口糖尿病治療薬、超速効型インスリンアナログ製剤との併用もできる。 インスリン療法が適応となる1型糖尿病と2型糖尿病の成人と小児の患者に使用される。経口糖尿病治療薬、超速効型インスリンアナログ製剤との併用もできる。
レベミルは、欧州では2004年、米国では2005年に承認された。現在フレックスペン製剤と、カートリッジ製剤のペンフィルで約60か国で供給されている。 レベミルは、欧州では2004年、米国では2005年に承認された。現在フレックスペン製剤と、カートリッジ製剤のペンフィルで約60か国で供給されている。

スポンサーリンク

Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 18023, today: 2, yesterday: 0
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 肢端紅痛症 マック 2021/9/28 15:32
  2. Re: セダプランコーワ錠 ゲスト 2021/6/27 1:17
  3. Re: セダプランコーワ錠 ゲスト 2021/6/26 16:23
  4. Re: イブランスカプセル ゲスト 2021/5/24 12:26
  5. Re: ジョイクル関節注 ゲスト 2021/5/24 11:51

.
スポンサーリンク

医療を受けている人のためのSNS iness


オンライン状況
15 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...