.
スポンサーリンク

経静脈排泄性造影(IP) 逆行性造影(RP) anchor.png

腎臓の糸球体と尿細管でつくられた尿は、腎盂に集められて尿管に流れ込み、膀胱、尿道と流れていきます。この尿が流れるルートにX線を通さない造影剤を流してX線撮影するのが腎盂、尿管造影です。
この方法には、造影剤を静脈に注入する経静脈排泄性造影(IP)と尿道からカテーテル(細い管)を挿入して腎盂まで届かせ造影剤を注入する逆行性造影(RP)とがあります。主に経静脈排泄性造影が行われています。

Page Top

何がわかるのか anchor.png

腎臓から尿道までの結石、腫瘍、炎症などと、腎臓の形や位置から遊走腎や水腎症の診断に役立ちます。

Page Top

どのような検査か anchor.png

  • 経静脈排泄性造影(IP)
    検査着に着替えてX線透視台に仰向けに寝ます。まず、腎臓と尿管を造影剤を使わずに単純撮影をします。次に造影剤を100mlを1~2分かけて静脈から注入し、その後5分、10分、15分、20分と時間を追って腎臓と尿管をX線撮影します。その後、排尿して、立った姿勢で膀胱をX線撮影します。30分~40分で終了します。
  • 逆行性造影(RP)
    単純撮影した後、麻酔剤の注射をして、麻酔剤の入ったゼリーを塗った膀胱鏡を尿道から挿入し、それを通じてカテーテルを尿管から腎盂へと挿入し、造影剤を注入、X線撮影をします。排尿した後、立った姿勢で膀胱を撮影します。約1時間かかります。
    逆行性造影では、挿入するときに多少の苦痛があり、検査のあと少量の出血が見られることがあります。
Page Top

検査を受ける時の注意 anchor.png

前日の夕食後から飲食せず、喉が乾いた場合は、うるおす程度の水を飲みます。当日は、なるべく排便を済ませおきます。腸にガスがあると鮮明に写らない場合があるためです。
ヨード剤にアレルギーがある人は予め申し出ておきます。撮影時は、指示に従ってしっかり息を止めます。検査の後は、ヨードを排出するため水分を多めにとるようにします。

Page Top

検査結果の判定 anchor.png

腎盂や尿管、膀胱が形通りに白く写り、結石があるとその部分が抜けて見えます。また、腫瘍があるとその部分が欠けて造影されます。

Page Top

異常な場合に疑われる病気 anchor.png

腎結石、腎腫瘍、腎結核、尿管結石、膀胱がん、遊走腎、水腎症など。

スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 6773, today: 5, yesterday: 1
Princeps date: 2011-06-03 (Fri) 13:42:36
Last-modified: 2011-06-10 (Fri) 20:13:22 (JST) (3600d) by seriza
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 間質性肺炎 土井滿保 2021/2/13 11:27
  2. Re: 間質性肺炎 土井滿保 2021/2/9 10:57
  3. Re: 肢端紅痛症 なん 2020/9/26 22:38
  4. Re: レルミナ錠 ゆりさか 2020/8/8 6:55
  5. Re: 肢端紅痛症 なっちゃん 2020/5/26 22:09

.
スポンサーリンク

治療日記で病気と向き合う iness


オンライン状況
19 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...