.

尿沈渣検査 anchor.png

尿を遠心分析器にかけると、固形成分が沈殿します。この沈殿物を顕微鏡で調べる検査が尿沈渣です。

  • 基準値
    赤血球 1視野に1個以内 毎視野に5個以上を異常値とする
    白血球 1視野に2個以内 毎視野に5個以上を異常値とする
    上皮細胞 1視野に少数 毎視野に多数を異常値とする
    円柱 1視野に0
    結晶 1視野に少数
Page Top

何がわかるのか anchor.png

尿の沈殿物の中に、赤血球や白血球、上皮細胞、結晶成分、円柱(尿の成分が尿細管で円柱状に固まったもの)などが見られたら、腎臓から尿道までの通り道にどこにどのような病変があるかがわかります。
尿タンパクが陽性と出たら必ず行われる検査です。

Page Top

どのような検査か anchor.png

尿を採取して試験管に入れ、遠心分析器にかけて、底に貯まった沈殿物をスライドグラスにのせ、顕微鏡で400倍に拡大して観察します。場所を移動しながら、10回~20回調べます。

Page Top

検査を受ける時の注意 anchor.png

尿を採取する際には、出始めの尿と終わりの尿を避け、中間尿をとります。汚れがまじらないようにすることが大切です。特に女性は、外陰部の汚れや膣の分泌液、月経血などが入らないように注意してください。

Page Top

検査結果の判定 anchor.png

健康な人でも、赤血球やその他の固形物がごく僅かは見られますが、数が多い場合に、どこにどのような異常があるかわかります。
赤血球や白血球は出血があると考えられ、白血球が多い場合には炎症が起きていると考えられます。
上皮細胞は、粘膜などをつくっている細胞で、炎症があると剥がれ落ちて尿中に増えます。
円柱は、腎臓の尿細管を鋳型にして出来たもので、尿細管に異常があると考えられます。
結晶は尿酸などの成分が多いために固まってできます。

Page Top

異常な場合に疑われる病気 anchor.png

それぞれの成分が多いときに考えられる病気です。

  • 赤血球
    急性糸球体腎炎、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎、腎腫瘍、腎結石など。
  • 白血球
    腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎など。
  • 上皮細胞
    膀胱炎、尿道炎など。
  • 円柱
    慢性腎炎、糸球体腎炎、腎盂腎炎、ネフローゼ症候群など。
  • 結晶成分
    腎結石、痛風、重症肝障害など。
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の効果・副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 6653, today: 5, yesterday: 7
初版日時: 2011-05-31 (火) 16:54:16
最終更新: 2011-05-31 (火) 17:54:16 (JST) (2186d) by seriza
サイト内検索

ページの一覧 索引

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: ナチュラルブレスト ゲスト 2017/4/7 20:17
  2. Re: サイラムザ点滴静注液 ダンディー 2017/4/5 21:12
  3. Re: ベガモックス点眼液 ゲスト 2017/2/26 12:32
  4. エレルサ錠 リチャード キンブル 2016/11/8 14:18
  5. Re: デルモベート軟膏 はるみ 2016/10/12 6:37
  6. Re: ウルソ錠 まりな 2016/9/1 20:57
  7. Re: 遅発性ジスキネジア ひまわり 2016/8/7 3:03

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...