.

レバミピド(Rebamipide) anchor.png

胃炎・胃潰瘍治療剤

Page Top

作用と効果 anchor.png

粘膜における活性酸素の消去作用とプラスタグランジン増加作用があり、粘膜血流・粘膜分泌・粘膜増殖を増加させることにより、粘膜を保護し損傷の修復を促進させます。
通常、胃潰瘍の治療、急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善に用いられます。

Page Top

用法・用量 anchor.png

  • 胃潰瘍
    通常、成人は1回1錠(主成分として100mg)を1日3回、朝、夕と就寝前に服用します。
  • 急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善
    通常、成人は1回1錠(主成分として100mg)を1日3回服用します。
Page Top

生活上の注意 anchor.png

Page Top

副作用 anchor.png

副作用として、発疹、かゆみ、薬疹様湿疹などの過敏症状、じん麻疹などが報告されています。

Page Top

重大な副作用 anchor.png

  • ショック
    冷汗、血圧低下、呼吸困難
  • アナフィラキシー様症状
    眼と口唇のまわりのはれ、じん麻疹、呼吸困難
  • 白血球減少
    のどの痛み、発熱、けん怠感
  • 血小板減少
    鼻血、歯ぐきの出血、四肢などの皮下出血
  • 肝機能障害、黄疸
    AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、Al-Pの上昇等
    全身けん怠感、食欲不振、皮膚や粘膜などの黄染(黄色くなる)
スポンサーリンク

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 505, today: 1, yesterday: 1
初版日時: 2015-08-29 (土) 13:22:05
最終更新: 2017-06-19 (月) 11:59:22 (JST) (59d) by seriza
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 甲状腺ホルモン アンク 2017/6/25 23:17
  2. 説明をありがとうございました。 ゲスト 2017/6/17 20:28
  3. Re: ナチュラルブレスト ゲスト 2017/4/7 20:17
  4. Re: サイラムザ点滴静注液 ダンディー 2017/4/5 21:12
  5. Re: ベガモックス点眼液 ゲスト 2017/2/26 12:32
  6. エレルサ錠 リチャード キンブル 2016/11/8 14:18
  7. Re: デルモベート軟膏 はるみ 2016/10/12 6:37

ad

スポンサーリンク


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
22 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 22

もっと...