.
スポンサーリンク

フェノバルビタール(Phenobarbital) anchor.png

催眠・鎮静・抗けいれん剤

  • フェノバール錠 (製薬会社:第一三共株式会社)
  • フェノバール散 (製薬会社:第一三共株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png

中枢神経系のGABA受容体・ベンゾジアゼピン受容体・Cl-チャネル複合体のCl-チャネルへ働き、Cl-の透過性を上昇し、またCa2+チャネルを抑制することにより、催眠・鎮静作用、抗けいれん作用を示します。通常、不眠症、不安緊張状態の鎮静、てんかんのけいれん発作、自律神経発作、精神運動発作の治療に用いられます。

Page Top

用法・用量 anchor.png

  • フェノバール錠
    通常、成人は1日主成分として30~200mgを1~4回に分けて服用しますが、不眠症では1回30~200mgを寝る前に服用します。治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。この薬は1錠中に主成分30mgを含有します。必ず指示された服用方法に従ってください。
  • フェノバール散
    通常、成人は1日0.3~2g(主成分として30~200mg)を1~4回に分けて服用しますが、不眠症では1回0.3~2g(30~200mg)を寝る前に服用します。治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。必ず指示された服用方法に従ってください。

不眠症の場合は、就寝の直前に飲み、就寝した後、睡眠途中で一時的に起床して仕事などをする可能性があるときは飲まないでください。

飲み忘れた場合は、気がついた時点で1回分を飲んでください。ただし、次の飲む時間が近い場合は、忘れた分を飲まないで、次の飲む時間に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

Page Top

副作用 anchor.png

主な副作用として、猩紅熱様発疹、麻疹様発疹、中毒疹様発疹などが報告されています。

Page Top

稀な副作用 anchor.png

  • 皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、紅皮症
    皮膚・粘膜の腫れ・発疹・水疱、発熱、全身倦怠感
  • 過敏症症候群
    発疹、発熱、リンパ節腫脹
  • 依存性
    この薬の使用を中止しようとしてもやめられずに使用を続けたくなる
  • 顆粒球減少、血小板減少
    のどの痛み、発熱、鼻血・歯ぐきの出血
  • 肝機能障害
    全身倦怠感、吐き気、皮膚や白目が黄色くなる
  • 呼吸抑制
    呼吸が浅く速くなり呼吸をしにくい
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 2907, today: 1, yesterday: 2
Princeps date: 2012-06-07 (Thu) 10:41:47
Last-modified: 2012-06-07 (Thu) 10:46:39 (JST) (3343d) by seriza
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: セダプランコーワ錠 ゲスト 2021/6/27 1:17
  2. Re: セダプランコーワ錠 ゲスト 2021/6/26 16:23
  3. Re: イブランスカプセル ゲスト 2021/5/24 12:26
  4. Re: ジョイクル関節注 ゲスト 2021/5/24 11:51
  5. Re: ジョイクル関節注 ゲスト 2021/5/23 22:47

.
スポンサーリンク

治療日記で病気と向き合う iness


オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...