.
スポンサーリンク

卵胞ホルモン 女性ホルモン anchor.png

エストロゲン(米: Estrogen, 英: Oestrogen, 独: Estrogene)は、ステロイドホルモンの一種。一般に卵胞ホルモン、または女性ホルモンとも呼ばれる。

Page Top

種類 anchor.png

一般に以下の3種類が知られている。

Page Top

生成 anchor.png

卵巣の顆粒膜細胞、外卵胞膜細胞、胎盤、副腎皮質、精巣間質細胞で作られる。

Page Top

分解 anchor.png

エストロゲンの分解は、他のステロイドホルモン同様、主に肝臓で行われる。グルクロン酸抱合を受け、胆汁排泄または尿中排泄される。尿中に含まれるのはエストロゲンではなく、分解産物であるプレグナンジオールであり、この濃度による妊娠診断が行われている。

Page Top

植物性卵胞ホルモン様物質 anchor.png

植物の中には、エストロゲンと似ている生理作用を持つ物質(植物エストロゲン)もある。大豆などに含まれるイソフラボンが代表であり、弱いエストロゲン作用から更年期障害や2型糖尿病の改善に効果があるといわれている。

Page Top

生理作用 anchor.png

エストロゲンはステロイドホルモンの一種であり、その受容体(エストロゲン受容体:ER)は細胞内にある。エストロゲン受容体複合体は核内へ移動し、特定の遺伝子の転写を活性化する。エストロゲンの受容体は全身の細胞に存在し、その働きは多岐にわたっている。一般的に知られているのは、乳腺細胞の増殖促進、卵巣排卵制御、脂質代謝制御、インスリン作用、血液凝固作用、中枢神経(意識)女性化、皮膚薄化、LDLの減少とVLDL・HDLの増加による動脈硬化抑制などである。

また、思春期における身長の伸びはエストロゲンの分泌が促進されることで起こっている、同時にエストロゲンは骨端線を閉鎖させる作用もある。その結果女性の場合、思春期における身長の伸びは男性より早いが、骨端線の閉鎖も男性より早いため結果的に成人男性より平均身長が低くなる。一方男性でエストロゲンが作用しない場合は高身長になりやすい。

スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 3148, today: 1, yesterday: 1
Princeps date: 2013-06-03 (Mon) 14:46:40
Last-modified: 2013-06-03 (Mon) 14:49:26 (JST) (2297d) by seriza
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/14 13:08
  2. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/5 7:57
  3. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/8/25 10:12
  4. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/8/23 0:06
  5. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/7/31 15:20

.
スポンサーリンク

通院日記を書いて病気と向き合えるの?iness


オンライン状況
21 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...