Back to page

− Links

 Print 

アドリアシン注用 :: 医療 Wiki

illness:アドリアシン注用

Table of contents
  • ドキソルビシン塩酸塩(Doxorubicin hydrochloride)
    • 作用と効果
    • 用法・用量
    • 生活上の注意
    • 副作用
      • 稀な副作用
    • ジェネリック医薬品

ドキソルビシン塩酸塩(Doxorubicin hydrochloride) anchor.png[1]

抗悪性腫瘍剤

  • アドリアシン注用 (製薬会社:協和醗酵工業株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png[2]

がん細胞のDNAと複合体を形成し、DNAおよびRNA合成酵素の反応を阻害してがん細胞の増殖を抑える働きがあります。
通常、悪性リンパ腫[3](細網肉腫、リンパ肉腫、ホジキン病[4])、肺がん[5]、消化器癌、乳がん[6]、膀胱腫瘍、骨肉腫[7]の症状の緩解、また、乳がん[6](手術可能例における術前、あるいは術後化学療法)、子宮体がん[8](術後化学療法、転移・再発時化学療法)、悪性骨・軟部腫瘍、悪性骨腫瘍、多発性骨髄腫、小児悪性固形腫瘍、尿路上皮癌に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法に用いられます。

Page Top

用法・用量 anchor.png[9]

通常、1日1回静脈内に注射し、一定期間休薬することを繰り返します。膀胱腫瘍の場合は、1日1回膀胱腔内に注入します。いずれの場合も、注射の間隔は一緒に使用する他の薬や、患者さんの状態などによって異なりますので、具体的な使用期間については、医師に確認してください。

Page Top

生活上の注意 anchor.png[10]

Page Top

副作用 anchor.png[11]

息切れ、疲れやすい、足がむくむ、発熱、のどが痛い、体がだるい、歯ぐきや鼻からの出血、顔が赤く熱い、脈が乱れる、胸が痛い、発疹などが報告されています。

Page Top

稀な副作用 anchor.png[12]

  • 心筋障害、心不全
    むくみ、胸の痛み、からだがだるい
  • 汎血球減少、貧血[13]、白血球減少、好中球減少、血小板減少などの骨髄機能抑制および出血
    鼻血、からだがだるい、発熱
  • ショック
    冷や汗、めまい、意識がうすれる
  • 間質性肺炎[14]
    から咳、息切れ、発熱
  • 萎縮膀胱
    尿がもれる、尿が近い

Last-modified: 2014-12-09 (Tue) 17:45:29 (JST) (1746d) by kondo