唾液腺ホルモン (Parotin) anchor.png

唾液腺ホルモン

  • パロチン錠 (製薬会社:)
Page Top

作用と効果 anchor.png

弾力繊維や結合組織の発育促進、細網内皮系の賦活化、血清カルシウム低下作用などにより白内障の進行防止などに用いられます。通常、初期老人性白内障、進行性指掌角皮症に使用されます。

Page Top

用法・用量 anchor.png

通常、成人は1日2~6錠(主成分として20~60mg)を2~3回に分けて服用します。なお、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。必ず指示された服用方法に従ってください。

飲み忘れた場合は気がついた時に1回分を飲んでください。ただし、次に飲む時間が近い場合は飲み忘れた分は飲まずに、次に飲む時間に1回分を飲んでください。2回分を一度に飲んではいけません。誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

Page Top

副作用 anchor.png

主な副作用として、発疹などが報告されています。

Page Top

稀な副作用 anchor.png

上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

Page Top

ジェネリック医薬品 anchor.png

  •  (製薬会社:)

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬の効果・副作用のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 1879, today: 2, yesterday: 0
初版日時: 2012-01-06 (金) 18:38:18
最終更新: 2012-01-06 (金) 18:38:18 (JST) (1876d) by seria
サイト内検索

ページの一覧 索引

メインメニュー

更新ページ

ad


病気、特定疾患、難病などの患者さんが集まるSNS iness


オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが 病気・検査・薬 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...