.
スポンサーリンク

インスリン デグルデク(遺伝子組換え) リラグルチド(遺伝子組換え) anchor.png

持効型溶解インスリンアナログ/ヒトGLP-1アナログ

  • ゾルトファイ配合注フレックスタッチ (製薬会社:ノボ ノルディスク ファーマ株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png

インスリン療法が適応となる2型糖尿病

Page Top

用法・用量 anchor.png

通常、成人では、初期は1日1回10ドーズ(インスリン デグルデク/リラグルチドとして10単位/0.36 mg)を皮下注射する。
投与量は患者の状態に応じて適宜増減するが、1日50ドーズ(インスリン デグルデク/リラグルチドとして50単位/1.8 mg)を超えないこと。
注射時刻は原則として毎日一定とする。なお、本剤の用量単位である1ドーズには、インスリン デグルデク1単位及びリラグルチド0.036 mgが含まれる。

Page Top

生活上の注意 anchor.png

Page Top

副作用 anchor.png

Page Top

重大な副作用 anchor.png

  • 血糖(頻度不明)
    脱力感、倦怠感、高度の空腹感、冷汗、顔面蒼白、動悸、振戦、頭痛、めまい、嘔気、視覚異常、不安、興奮、神経過敏、集中力低下、精神障害、痙攣、意識障害(意識混濁、昏睡)等があらわれることがある。
  • アナフィラキシーショック
    呼吸困難、血圧低下、頻脈、発汗、全身の発疹、血管神経性浮腫 等
  • 膵炎
    嘔吐を伴う持続的な激しい腹痛 等
  • 腸閉塞
    高度の便秘、腹部膨満、持続する腹痛、嘔吐 等
Page Top

その他の副作用 anchor.png

副作用5%以上0.8~5%未満0.8%未満頻度不明
肝胆道系---肝機能異常(AST、ALT の上昇 等)、胆嚢炎、胆石症
神経系---頭痛、浮動性めまい、感覚鈍麻、味覚異常
-糖尿病性網膜症--
循環器・心臓---心拍数増加、心室性期外収縮
血管---高血圧
呼吸器・胸郭および縦隔障害---咳嗽
消化器便秘悪心、下痢、腹部不快感、嘔吐、腹部膨満、胃食道逆流性疾患、胃炎、消化不良-腹痛、鼓腸、おくび
皮膚・皮下組織系---じん麻疹、そう痒症、発疹、リポジストロフィー(皮下脂肪の萎縮・肥厚 等)
免疫系---過敏症
代謝及び栄養-食欲減退-脱水、高脂血症
全身-注射部位反応-倦怠感、胸痛、浮腫、疲労
臨床検査-体重増加、膵酵素(リパーゼアミラーゼ) 増加、遊離脂肪酸減少、血中プロインスリン減少、インスリンCペプチド減少-体重減少、血中ケトン体増加
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 17, today: 4, yesterday: 2
Princeps date: 2019-09-13 (Fri) 23:39:58
Last-modified: 2019-09-13 (Fri) 23:39:58 (JST) (4d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/14 13:08
  2. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/5 7:57
  3. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/8/25 10:12
  4. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/8/23 0:06
  5. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/7/31 15:20

.
スポンサーリンク

通院日記を書いて病気と向き合えるの?iness


オンライン状況
27 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 27

もっと...