Back to page

− Links

 Print 

脊髄小脳変性症 :: 医療 Wiki

illness:脊髄小脳変性症

Table of contents
  • SCD 概要
    • 病態
      • Friedreich病
      • 遺伝性痙性麻痺
      • オリーブ橋小脳萎縮症(OPCA)
      • 晩発性小脳皮質萎縮症(LCCA)
    • 治療法
      • 運動失調の薬物療法
      • 起立性低血圧の薬物療法
      • 排尿障害の治療法
      • 痙攣に対する治療
    • リハビリテーション

SCD 概要 anchor.png[1]

小脳及びそれに関連する神経路の変性を主体とする原因不明の変性疾患の総称でである。
オリーブ橋小脳萎縮症、マシャド・ジョセフ病など種々の疾患が含まれており、英語のspino cerebellar degeneationの頭文字をとり、SCDともいわれます。

Page Top

病態 anchor.png[2]

小脳半球の皮質の障害 ある目標に向け運動を行った際、行きすぎ、足りないなどの測定障害がみられる。 小脳前葉の障害 歩行の失調がみられ、千鳥足となる。

Page Top

Friedreich病 anchor.png[3]

好発症年齢20歳以下、常染色体性劣性。
小脳性運動失調と深部知覚障害による運動障害が合併する。一般的に上肢より下肢に病変が強く認められる。 腱反射消失、断綴性言語、眼球震盪がみられる。 心筋症、不整脈[4]などを伴う。 錐体路徴候はほとんどみられない。

Page Top

遺伝性痙性麻痺 anchor.png[5]

発症年齢15歳以下。常染色体優性または劣性。
下肢の痙性麻痺を主体とする錐体路症状が前面にでる。 小脳症状、知覚障害をみない。 経過は緩徐進行性で、20年ぐらいで車椅子生活となる。

Page Top

オリーブ橋小脳萎縮症(OPCA) anchor.png[6]

好発年齢40~50歳、男性に多いとされている。
小脳性運動失調で発病することが多いが、歩行障害で気づかれる場合もある。 発病後しばらくして錐体外路症状(パーキンソン様症状)をみる。
錐体路徴候、排尿障害、ときに知能低下をみることもある。

Page Top

晩発性小脳皮質萎縮症(LCCA) anchor.png[7]

初老または老年(50~70歳)に好発し、男性に多いとされる。
小脳性歩行障害を主体とする症状を示す。 ときに錐体路徴候、知能低下を伴うが、錐体外路徴候は明らかではない。

Page Top

anchor.png[8]

  • ヒルトニン注射液(一般名:プロチレリン酒石酸[9]塩水和物注射液)
    ヒルトニンは、TRH(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)という人体にもともと存在する成分から作られています。
  • セレジスト錠[10](一般名:タルチレリン水和物)
    一部の人で症状を軽減し、進行を遅らせる効果があります。
Page Top

治療法 anchor.png[11]

Page Top

運動失調の薬物療法 anchor.png[12]

セレジスト錠[10](タルチレリン水和物)TRHの誘導体[13]
オリーブ橋小脳萎縮症(OPCA)を中心とした人の20%で運動失調の改善に有効であったとされています。

Page Top

起立性低血圧の薬物療法 anchor.png[14]

  • リズミック錠[15](一般名:アメジニウムメチル硫酸塩)
    症状に合わせて服用すると症状の改善が期待できます。
  • メトリジン錠[16](一般名:ミドドリン塩酸塩) 
  • ドプスカプセル[17](一般名:ドロキシドパ) 
    ノルアドレナリン前駆体 注意点など ドプスハL-ドパの合剤(カルビドパまたは塩酸ベンゼラジドを含有するもの)と併用すると、昇圧剤としての効果が無くなるので注意を要する。
  • ジヒデルゴット錠(一般名:ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩)
    昇圧剤は冬期に、手足の末端の血行障害を生じることがあるので注意を要する。
    虚血性心疾患などを持つ方も注意が必要
Page Top

排尿障害の治療法 anchor.png[18]

脊髄小脳変性症では、畜尿機能と排尿機能の両方が障害されていることが多いため経過中にいろいろ薬物療法を組み合わせても十分なコントロールが困難なことがあります。そのような場合には間欠的自己導尿法と持続的導尿法が必要です。

  • 膀胱の収縮を強める薬物
  • 膀胱の収縮を弱める薬物
  • 膀胱括約筋の働きを弱める薬物
  • 間歇的自己導尿法
    患者自身や家族により尿道カテーテルを用いて、1日に数回排尿する方法
    持続的導尿法 フォーレ尿道カテーテルを膀胱内に留置し、膀胱から尿を持続的に排出する方法ですが、毎日ないし2~3日毎に膀胱洗浄を行う必要があります。また、フォーレ尿道カテーテルを挿入する代わりに膀胱瘻を作ることも勧められます。
Page Top

痙攣に対する治療 anchor.png[25]

多くの抗痙攣剤があり、発作の型に応じて使い分けられております。

Page Top

リハビリテーション anchor.png[31]

理学療法士、作業療法士による訓練やADL調整により不自由な手足でも日常生活上、使いやすくすることが出来ます。


Last-modified: 2019-03-26 (Tue) 17:53:46 (JST) (859d) by kondo