.
スポンサーリンク

ウイルス抗体価検査 anchor.png

ウイルスに感染したとき、血液や分泌物からウイルスを検出できれば確実に診断を下すことが出来ます。しかし、ウイルスそのものを検出することは難しいことが多いので、ウイルス感染したときに体内に生じる抗体を検出することによって、ウイルスの感染の有無を調べる検査が行われます。これがウイルス抗体価検査です。

ウイルス(抗原)が体内に入ってくると間もなく、抗原に対する抗体という物質をつくります。抗体は免疫グロブリンというタンパク質で5種類が明らかにされていますが、そのうち感染の防御に関係しているのはIgMとIgGです。IgMはウイルスが体内に入ってくると間もなく増えはじめ、約2週間でピークに達したあと減少して、1~2ヶ月でほとんどなくなります。

一方、IgGはIgMに数日遅れて出現し、IgMが減少し始めても増え続けウイルスを退治したあとも高い値を続けます。IgGはその後少しづつ減っていきますが、同じウイルスが再び侵入すると、2~3日で急に増加してウイルスを追い払い、そのウイルスに感染することはなくなります。
なお、ウイルス肝炎やエイズなどで、ウイルスの種類を鑑別する検査が開発されているものは、その検査を行われます。

  • 基準値
    ペア血清 発病初期に比べ、2~3週間後の抗体価が4倍以下
    IgM抗体 陰性(-)
Page Top

何がわかるのか anchor.png

ウイルス抗体価検査には、ペア血清検査とIgM抗体検査があります。ペア血清検査は感染した直後と、それから10~14日後に血液を採取して抗体の量を調べます。
IgM抗体検査は、発症してすぐに血液を採取してIgM抗体だけを調べ、その値が高ければ新たにウイルスに感染したということが分ります。
なお、抗体の検査は感染してから約2週間くらい経過しないと検出できないので、潜伏期の診断には役立ちません。

Page Top

どのような検査か anchor.png

血液を採取して、血清を分析器にかけて検出します。

Page Top

検査を受ける時の注意 anchor.png

感染後、数週間経過しないと検出できません。

Page Top

異常な場合に疑われる病気 anchor.png

  • ウイルス性感染症
    風疹、麻疹、ウイルス肝炎、エイズ、成人T細胞白血病、ポリオ、クラミジアなど。
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1934, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2011-06-24 (Fri) 17:44:23
Last-modified: 2011-06-24 (Fri) 18:40:24 (JST) (3011d) by seriza
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/14 13:08
  2. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/5 7:57
  3. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/8/25 10:12
  4. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/8/23 0:06
  5. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/7/31 15:20

.
スポンサーリンク

通院日記を書いて病気と向き合えるの?iness


オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...