Back to page

− Links

 Print 

フェントステープ :: 医療 Wiki

illness:フェントステープ

Table of contents
  • フェンタニルクエン酸塩(Fentanyl citrate)
    • 作用と効果
    • 用法・用量
    • 副作用
      • 重大な副作用
      • その他の副作用
        • 癌性疼痛患者における副作用
        • 慢性疼痛患者における副作用

フェンタニルクエン酸塩(Fentanyl citrate) anchor.png[1]

経皮吸収型 持続性癌疼痛治療剤

  • フェントステープ (製薬会社:久光製薬株式会社)
  • フェントステープ (製薬会社:協和キリン株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png[2]

中枢神経系のオピオイド受容体に作用し、強力な鎮痛作用を示します。 通常、持続する強い痛みの緩和に用いられます。

非オピオイド鎮痛剤及び弱オピオイド鎮痛剤で治療困難な下記における鎮痛(ただし、慢性疼痛は他のオピオイド鎮痛剤から切り替えて使用する場合に限る。)

    • 中等度から高度の疼痛を伴う各種がん
    • 中等度から高度の慢性疼痛
Page Top

用法・用量 anchor.png[3]

通常、成人に対し胸部、腹部、上腕部、大腿部等に貼付し、1日(約24時間)毎に貼り替えて使用する。
初回貼付用量は本剤貼付前のオピオイド鎮痛剤の治療有無により、下記のとおり選択する。
その後の貼付用量は患者の症状や状態により適宜増減する。

  • がん疼痛
    本剤貼付前にオピオイド鎮痛剤を使用していない場合、0.5mgより開始する。
    他のオピオイド鎮痛剤から本剤に切り替えて使用する場合、本剤貼付前に使用していたオピオイド鎮痛剤の用法及び用量を勘案して、0.5mg、1mg、2mg、4mg、6mgのいずれかの用量を選択する。
  • 慢性疼痛
    他のオピオイド鎮痛剤から本剤に切り替えて使用する。
    本剤貼付前に使用していたオピオイド鎮痛剤の用法及び用量を勘案して、0.5mg、1mg、2mg、4mg、6mgのいずれかの用量を選択する。
Page Top

副作用 anchor.png[4]

  • 各種癌における鎮痛
    主な副作用は傾眠、悪心、嘔吐、便秘 等。
  • 慢性疼痛における鎮痛
    主な副作用は傾眠、悪心、便秘、嘔吐 等。
Page Top

重大な副作用 anchor.png[5]

  • 呼吸抑制
    無呼吸、呼吸困難、呼吸異常、呼吸緩慢、不規則な呼吸、換気低下 等
    呼吸が浅く速くなり、呼吸をしにくい
  • 意識障害
    意識がうすれる、考えがまとまらない、判断力が低下する
  • 依存性
  • ショック、アナフィラキシー
  • 痙攣
    間代性、大発作型等の痙攣があらわれることがある。
Page Top

その他の副作用 anchor.png[6]

Page Top
癌性疼痛患者における副作用 anchor.png[7]
副作用5%以上1~5%未満1%未満頻度不明
血液及びリンパ系障害-好中球増加、単球増加、白血球数[8]増加、白血球数[8]減少、リンパ球減少血小板数[9]増加、好酸球増加-
肝臓-AL-P上昇γ-GTP[10]増加ALT(GPT)、AST(GOT)、ビリルビンの上昇
腎臓-尿蛋白BUN上昇排尿困難、クレアチニン[11]上昇
精神神経系傾眠めまい、頭痛、不眠、譫妄幻覚、気分変動健忘、不安、易刺激性、振戦、不快気分、感覚鈍麻、アカシジア、失見当識、構語障害、悪夢
循環器 心臓---血圧上昇、動悸、心房細動、上室性期外収縮、徐脈
呼吸器-咽頭痛、呼吸困難-過換気、口腔咽頭不快感
消化器悪心、嘔吐、便秘、下痢食欲不振、胃部不快感腹部膨満感、腹痛、胃炎、味覚異常腹部不快感、消化不良、口内炎、憩室炎
皮膚・皮下組織系貼付部位のそう痒感そう痒、貼付部位の紅斑発疹紅斑、貼付部位の皮膚炎、湿疹、蕁麻疹、貼付部位の湿疹
その他-けん怠感、発熱、発汗、血中カリウム減少しゃっくり口渇、薬剤離脱症候群、異常感、末梢性浮腫、血中カリウム増加、鼻咽頭炎、悪寒、胸部不快感、高血圧[12]、筋痙縮、耳鳴、挫傷
Page Top
慢性疼痛患者における副作用 anchor.png[13]
副作用5%以上1~5%未満1%未満頻度不明
血液及びリンパ系障害-リンパ球減少、白血球数[8]増加、白血球数[8]減少、好酸球増加、好中球増加、単球増加血小板数[9]増加-
肝臓AL-P上昇γ-GTP[10]増加
腎臓-BUN上昇、クレアチニン[11]上昇排尿困難尿蛋白
精神神経系傾眠、めまい頭痛、不眠、不安、易刺激性、振戦不快気分、感覚鈍麻、アカシジア、失見当識、構語障害、悪夢譫妄、幻覚、気分変動、健忘
循環器 心臓---血圧上昇、動悸、心房細動、上室性期外収縮、徐脈
呼吸器--呼吸困難、過換気、口腔咽頭不快感咽頭痛
消化器悪心、嘔吐、食欲不振、便秘腹部不快感、下痢消化不良、口内炎、腹痛、憩室炎胃部不快感、腹部膨満感、胃炎、味覚異常
皮膚・皮下組織系貼付部位のそう痒感そう痒、貼付部位の紅斑、貼付部位の皮膚炎発疹、湿疹、蕁麻疹、貼付部位の湿疹紅斑
その他-けん怠感、異常感、口渇、発汗、末梢性浮腫、血中カリウム増加、鼻咽頭炎血中カリウム減少、悪寒、発熱、胸部不快感、高血圧[12]、筋痙縮、耳鳴、挫傷しゃっくり

Last-modified: 2020-07-09 (Thu) 12:21:29 (JST) (240d) by kondo