Back to page

− Links

 Print 

ラスビック点滴静注 :: 医療 Wiki

illness:ラスビック点滴静注

Table of contents
  • ラスクフロキサシン塩酸塩
    • 作用と効果
    • 用法・用量
    • 使用上の注意
    • 生活上の注意
    • 副作用
      • 重大な副作用

ラスクフロキサシン塩酸塩 anchor.png[1]

ニューキノロン系注射用抗菌剤

  • ラスビック点滴静注 (製薬会社:製造販売元 杏林製薬株式会社/販売元 )
Page Top

作用と効果 anchor.png[2]

  • 適応菌種
    本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎[3]球菌、腸球菌属、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、インフルエンザ菌、レジオネラ・ニューモフィラ、ペプトストレプトコッカス属、ベイヨネラ属、バクテロイデス属、プレボテラ属、ポルフィロモナス属、フソバクテリウム属、肺炎[3]マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ)
  • 適応症
    肺炎[3]、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染
Page Top

用法・用量 anchor.png[4]

通常、成人にはラスクフロキサシンとして、投与初日に300mgを、投与2日目以降は150mgを1日1回点滴静注する。

Page Top

使用上の注意 anchor.png[5]

Page Top

生活上の注意 anchor.png[6]

Page Top

副作用 anchor.png[7]

特に注射部位紅斑等が報告されています。

Page Top

重大な副作用 anchor.png[8]

  • ショック、アナフィラキシー
    呼吸困難、血圧低下、浮腫、発赤等の症状があらわれることがある。
  • 白血球減少症
  • 間質性肺炎[9]
    発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常、好酸球増多等を伴う間質性肺炎[9]があらわれることがある。
  • QT延長、心室頻拍(Torsades de pointesを含む)
  • 血糖[10]
  • 偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎
    腹痛、頻回の下痢等が起こることがある。
  • アキレス腱炎、腱断裂等の腱障害(頻度不明)
    腱周辺の痛み、浮腫、発赤等の症状が起こることがある。
  • 肝機能障害(頻度不明)
    肝機能障害(AST上昇、ALT上昇等)があらわれるおそれがある。
  • 横紋筋融解症[11]
    筋肉痛、脱力感、CK上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇等を特徴とし、急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症[11]があらわれるおそれがある。
  • 痙攣
  • 錯乱、せん妄等の精神症状
  • 重症筋無力症[12]の悪化
  • 大動脈瘤、大動脈解離

Last-modified: 2021-11-17 (Wed) 16:11:27 (JST) (187d) by kondo