Back to page

− Links

 Print 

ニュープロパッチ :: 医療 Wiki

illness:ニュープロパッチ

Table of contents
  • ロチゴチン(Rotigotine)
    • 作用と効果
    • 用法・用量
      • パーキンソン病
      • 特発性レストレスレッグス症候群
    • 生活上の注意
    • 副作用
      • 稀な副作用
    • ジェネリック医薬品

ロチゴチン(Rotigotine) anchor.png[1]

ドパミン作動性パーキンソン病[2]治療剤

  • ニュープロパッチ (製薬会社:大塚製薬株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png[3]

脳のドパミン受容体を刺激することにより、パーキンソン病[2]症状(手のふるえ、筋肉のこわばり、動作が遅い、姿勢が保持できない)や、特発性レストレスレッグス症候群[4]の症状(安静時に起こる、特に下肢を中心とした異常感覚)を改善します。
通常、パーキンソン病[2]の治療や、特発性レストレスレッグス症候群[4]の治療に用いられます。

Page Top

用法・用量 anchor.png[5]

Page Top

パーキンソン病[2] anchor.png[6]

通常、成人は主成分として1回4.5mgを1日1回からはじめ、以後経過を観察しながら、1週間毎に1日量として4.5mgずつ増量し、維持量(標準1日量9mg~36mg)を、肩、上腕部、腹部、側腹部、臀部、大腿部のいずれかの正常な皮膚に貼付し、24時間毎に貼り替えます。年齢・症状により適宜増減されますが、1日量として36mgを超えないこととします。

Page Top

特発性レストレスレッグス症候群[4] anchor.png[7]

通常、成人は主成分として1回2.25mgを1日1回からはじめ、以後経過を観察しながら、1週間以上の間隔をあけて1日量として2.25mgずつ増量し維持量(標準1日量4.5mg~6.75mg)を、肩、上腕部、腹部、側腹部、臀部、大腿部のいずれかの正常な皮膚に貼付し、24時間毎に貼り替えます。年齢・症状により適宜増減されますが、1日量として6.75mgを超えないこととします。

本剤は1枚中に主成分2.25mgを含有します。いずれの場合も、必ず指示された使用方法に従ってください。

  • 貼る場所の皮膚を清潔にし、乾いたタオルなどで水分を拭き取ってから貼ってください。
  • 貼る時は、20~30秒間手のひらでパッチ全体をしっかり押しつけて、皮膚に完全に密着するように貼り付けてください。
  • はがれやすくなるので、貼る際に貼付面には触らないようにしてください。
  • パッチをハサミなどで切って使用しないでください。
  • 貼り替える際は、前日とは違う場所に貼ってください。
  • 傷口や湿疹のあるところには貼らないでください。
  • 貼り替える際は、前日貼ったパッチをはがしたことを確認してから、新しいパッチを貼ってください。パッチを扱った後は、手を洗い、-手洗い前に眼に触れないでください。
  • 貼り替えるのを忘れたときは、気づいた時に貼り替えてください。
  • 絶対に2回分を一度に貼らないでください。
  • 誤って多く貼った場合、すぐに薬をはがして医師または薬剤師に相談してください。
  • 薬の急激な減量または中止により悪性症候群を誘発することがあるため、医師の指示なしに、自分の判断で減量したり、使用を止めないでください。
Page Top

生活上の注意 anchor.png[8]

前兆のない突発的睡眠や傾眠があらわれることがありますので、自動車の運転や機械の操作、高い所での作業など危険を伴う作業は行わないでください。
生活の破たんなどの社会的に不利な結果を招くにもかかわらず、賭博(ギャンブル)を繰り返す、病的な性欲の亢進、過剰で無計画な買い物を繰り返す、暴食をするなど、衝動が抑えられない症状(衝動制御障害)があらわれることがあります。
これらの症状があらわれた場合は、医師に相談してください。

Page Top

副作用 anchor.png[9]

主な副作用として、貼った場所のかゆみや赤み、吐き気、幻覚、ジスキネジア(自分の意志に反して、手足や首や胴体などがくねくねと勝手に動く)、傾眠、嘔吐、頭痛などが報告されています。

Page Top

稀な副作用 anchor.png[10]

  • 突発的睡眠
    前兆のない急な眠り込み
  • 幻覚、妄想、錯乱、せん妄
    現実にはない物が見えたり、ない音が聞こえる、根拠のない主観的な思い込み、軽い意識障害
  • 悪性症候群
    急激な発熱、意識障害、強い筋肉のこわばり
  • 肝機能障害
    全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる

Last-modified: 2015-07-02 (Thu) 14:47:32 (JST) (2030d) by seriza