Back to page

− Links

 Print 

Backup diff of リマチル錠 vs current(No. 3) :: 医療 Wiki

Backup diff of illness:リマチル錠 vs current(No. 3)

« Prev[4]  Next »[5]
3: 2019-03-24 (Sun) 12:07:06 kondo[6] source[7] Cur: 2020-10-24 (Sat) 20:32:41 kondo[6] source[8]
Line 5: Line 5:
-リマチル錠 (製薬会社:あゆみ製薬株式会社) -リマチル錠 (製薬会社:あゆみ製薬株式会社)
 +
 +--薬価
 +50mg/錠 32.90円(2020年4月1日以降)
 +100mg/錠 49.20円(2020年4月1日以降)
 +//0mg/錠 円(2020年4月1日以降)
 +
 +***語呂合わせ [#r2ecccf2]
 +''リ''ウマチが''マ''ったりと散る(''チル'')
 +
**作用と効果 [#k0de8973] **作用と効果 [#k0de8973]
関節リウマチの免疫異常を正常に近づけることにより、炎症症状を和らげますが、効果が得られるまでにある程度の期間(1~3ヵ月)を要する場合があります。 関節リウマチの免疫異常を正常に近づけることにより、炎症症状を和らげますが、効果が得られるまでにある程度の期間(1~3ヵ月)を要する場合があります。
Line 10: Line 19:
**用法・用量 [#y3af1089] **用法・用量 [#y3af1089]
-通常、成人は1回2錠(主成分として100mg)を1日3回食後に服用します。年齢、症状などにより、また、効果の得られた後には1日量2〜6錠(100〜300mg)の範囲で増減されますが、1日最大用量は6錠(300mg)です。必ず指示された服用方法に従ってください。 
-飲み忘れた場合は忘れた分は飲まずに1回とばして、次の通常の服用時間に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。誤って多く飲んだ場合は、すぐに医師または薬剤師に相談してください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを中止したり、量を変更したりしないでください。+本剤は消炎鎮痛剤などで十分な効果が得られない場合に使用すること。 
 +通常成人、1回ブシラミンとして100mgを1日3回(300mg)食後に経口投与する。なお、患者の年齢、症状、忍容性、本剤に対する反応等に応じ、また、効果の得られた後には1日量100~300mgの範囲で投与する。1日最大用量は300mgとする。
**副作用 [#le034f32] **副作用 [#le034f32]
Line 77: Line 86:
**ジェネリック医薬品 [#r8139fc3] **ジェネリック医薬品 [#r8139fc3]
--ブシレート錠+
-ブシラミン錠 -ブシラミン錠
--ブシラント錠 +-シラミン錠
--レマルク錠 +
--ラルビル錠+
« Prev[4]  Next »[5]