Back to page

− Links

 Print 

Backlinks for: 脊髄小脳変性症 :: 医療 Wiki

Backlinks for: illness:脊髄小脳変性症

These search terms have been highlighted:脊髄小脳変性症

Return to 脊髄小脳変性症[1]
  • アクアセス数の多いページ[2] (1608d) [ popular 人気ページ ]
    ...392) 大腸がん(12272) 橋本病(12168) 髄液検査(12114) 間質性膀胱炎(12024) 甲状腺機能低下症(11996) SandBox(11986) template(11628) 難治性視神経症(11563) 脊髄小脳変性症(11343) 副腎皮質ステロイド(11145) 身体表現性疼痛障害(10930) うつ病(10874) 統合失調症(10870) リパーゼ(10496) ベーチェット病(10476) 多発性筋炎・皮膚筋炎(10454) サイラムザ点滴静注液(1027...
  • アロフト錠[3] (968d) [ アフロクアロン(Afloqualone) ]
    ...ばり、つっぱり、しびれ感を改善します。 下記疾患における筋緊張状態の改善 頸肩腕症候群、腰痛症 下記疾患による痙性麻痺 脳血管障害、脳性麻痺、痙性脊髄麻痺、脊髄血管障害、頸部脊椎症、後縦靭帯骨化症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、外傷後遺症(脊髄損傷、頭部外傷)、術後後遺症(脳・脊髄腫瘍を含む)、その他の脳脊髄疾患 用法・用量 通常、成人は1回1錠(主成分として20mg)を1日3回服用しますが、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。必ず指示された服用方法に従って...
  • リオレサール錠[4] (447d) [ バクロフェン(Baclofen) ]
    ...通常、脳血管障害、脳性(小児)麻痺、外傷後遺症などによる痙性麻痺の治療に用いられます。 疾患による痙性麻痺 脳血管障害、脳性(小児)麻痺、痙性脊髄麻痺、脊髄血管障害。 頸部脊椎症、後縦靱帯骨化症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症。 脊髄小脳変性症、外傷後遺症(脊髄損傷、頭部外傷)、術後後遺症(脳・脊髄腫瘍を含む)。 その他の脳性疾患、その他のミエロパチー。 用法・用量 通常、成人は主成分として1日5~15mgを1~3回に分けて服用することから始め、標準用量の1日6錠(30mg)まで2~3日毎に...
  • 遺伝子検査[5] (3859d) [ 遺伝子検査 ]
    ...病、脳卒中などのさまざまな病気になりやすい体質も同様にDNAによって決まり、親から子へ引き継がれていきます。 また、DNAの塩基配列の異常が遺伝するために起こる病気もあります。鎌状赤血球症、アルツハイマー症候群、ハッチントン舞踏病、脊髄小脳変性症などがあり遺伝子異常症と呼ばれています。 何がわかるのか どのような検査か 遺伝子検査には、人間の細胞のDNAの異常を調べる検査と病原微生物のDNAを調べる検査があります。人間のDNA検査では遺伝子異常を見つけるだけでなく、遺伝子に原因があって起こって...