Back to page

− Links

 Print 

Backup diff of 統合失調症 (No. 5) :: 医療 Wiki

Backup diff of illness:統合失調症(No. 5)

« Prev[4]  Next »[5]
4: 2017-12-14 (Thu) 20:24:46 kondo[6] source[7] 5: 2017-12-21 (Thu) 00:21:01 kondo[6] source[8]
Line 36: Line 36:
下記の1~4のうち、明らかな症状が少なくとも1つ(十分に明らかでない場合は2つ以上)、あるいは5~9のうち少なくとも2つ以上が、1ヶ月以上にわたりほとんどの期間、明らかに存在していること。 下記の1~4のうち、明らかな症状が少なくとも1つ(十分に明らかでない場合は2つ以上)、あるいは5~9のうち少なくとも2つ以上が、1ヶ月以上にわたりほとんどの期間、明らかに存在していること。
-1.考想化声(こうそうかせい)((頭の中で考えたことが声として自分に聞こえる、またはその声が他人にも聞かれていると感じること。))、考想吹込または考想奪取((自分の考えが他人に奪われていると感じること。))、考想伝播((頭の中だけで考えたことが、他人にも知られていると感じること。))。+1.考想化声(こうそうかせい)((考想化声:頭の中で考えたことが声として自分に聞こえる、またはその声が他人にも聞かれていると感じること。))、考想吹込または考想奪取((考想奪取:自分の考えが他人に奪われていると感じること。))、考想伝播((考想伝播:頭の中だけで考えたことが、他人にも知られていると感じること。))。
2.他者に支配される、影響される、あるいは抵抗できないという妄想で、身体や四股の運動、特定の思考・行動や感覚に関連づけられているもの、および妄想知覚。 2.他者に支配される、影響される、あるいは抵抗できないという妄想で、身体や四股の運動、特定の思考・行動や感覚に関連づけられているもの、および妄想知覚。
Line 46: Line 46:
5.持続的な幻覚が、感傷的内容をもたない浮動性あるいは部分的な妄想や支配観念に伴って、継続的(数週間から数ヶ月)に現れる。 5.持続的な幻覚が、感傷的内容をもたない浮動性あるいは部分的な妄想や支配観念に伴って、継続的(数週間から数ヶ月)に現れる。
-6.思考の流れに途絶や挿入があり、その結果、まとまりのない話し方をしたり、言語新作((自分にしか通じない特殊な記号や漢字を使う。))がみられたりする。+6.思考の流れに途絶や挿入があり、その結果、まとまりのない話し方をしたり、言語新作((言語新作:自分にしか通じない特殊な記号や漢字を使う。))がみられたりする。
-7.興奮、常同姿勢、蝋屈症(ろうくつしょう)((受動的にとらされた姿勢を保ち続け、自分の意思で変えようとしない状態。))、拒絶症、緘黙(かんもく)、昏迷などの緊張病性行動。+7.興奮、常同姿勢、蝋屈症(ろうくつしょう)((蝋屈症:受動的にとらされた姿勢を保ち続け、自分の意思で変えようとしない状態。))、拒絶症、緘黙(かんもく)、昏迷などの緊張病性行動。
8.著しい無気力、会話の貧困、情動的反応の鈍麻(どんま)や不適切さのような、社会的引きこもりや社会的能力の低下をもたらさう陰性症状。 8.著しい無気力、会話の貧困、情動的反応の鈍麻(どんま)や不適切さのような、社会的引きこもりや社会的能力の低下をもたらさう陰性症状。
« Prev[4]  Next »[5]