Back to page

+ Links

 Print 

化学物質過敏症 :: 医療 Wiki

illness:化学物質過敏症

概要 anchor.png

化学物質過敏症とは、特定の化学物質に接触し続けていると、あとでわずかなその化学物質に接触するだけで、頭痛などのいろいろの症状が出てくる状態である。
環境ホルモンとは異なり、この症状は、動物が体調の異常を言葉で示すことができないため、動物実験で客観的に証明することが困難である。
そのため、世界的にも化学物質過敏症の存在あるいは化学物質との関連を裏付ける証拠がないとされている。
しかし、最近マスコミでも取り上げられているように、ある時期より急に、微量の化学物質に曝露するだけで、体調異常の症状を引き起こす人々が増えています。

Page Top

原因 anchor.png

微量の化学物質の長期間における体内摂取により、体の耐性の限界を越えてしまったことです。
化学物質の曝露は、大気汚染や室内空気汚染、食品の残留農薬などであり、体の耐性の限界を越えることによって、その後は微量の化学物質に曝露するだけで過剰なほどに敏 感となり、アレルギーに似た症状や、情緒不安、神経症、行動過多を引き起こす。

Page Top

症状 anchor.png

Page Top

anchor.png

Page Top

治療法 anchor.png


Last-modified: 2013-05-01 (Wed) 13:00:54 (JST) (2862d) by kondo