.
スポンサーリンク

ルラシドン塩酸塩 anchor.png

非定型抗精神病薬・抗精神病薬・双極性障害のうつ症状治療薬

  • ラツーダ錠(製薬会社:大日本住友製薬株式会社)
  • LATUDA(ラツーダ)(製薬会社:大日本住友製薬株式会社の米国子会社 サノビオン・ファーマシ ューティカルズ・インク)
    米国食品医薬品局(FDA)にて承認
Page Top

作用と効果 anchor.png

ドパミンD2、セロトニン5-HT2A、セロトニン5-HT7受容体にアンタゴニストとして作用します。また、セロトニン5-HT1A受容体にはパーシャルアゴニストとして作用し、ヒスタミンH1およびムスカリンM1受容体に対してはほとんど親和性を示しません。

Page Top

用法・用量 anchor.png

  • 統合失調症
    通常、成人にはルラシドン塩酸塩として40 mgを1日1回食後経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は80 mgを超えないこと。
  • 双極性障害におけるうつ症状の改善
    通常、成人にはルラシドン塩酸塩として20~60 mgを1日1回食後経口投与する。
    なお、開始用量は20 mg、増量幅は1日量として20 mgとし、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は60 mgを超えないこと。
Page Top

生活上の注意 anchor.png

LATUDAを服用している間、グレープフルーツを食べたり、グレープフルーツジュースを飲んだりするのは、血液中のLATUDAの量に影響するため避けてください。
LATUDAを服用したままでアルコールを飲むのは避けてください。

妊娠している場合、または妊娠を計画している場合は、医療提供者に連絡してください。 LATUDAを服用している間、母乳育児を避けてください。

抗うつ薬は、治療の最初の数ヶ月の間に、子供、10代の若者、若年成人の自殺思考や行動を増加させる可能性があります。
うつ病およびその他の深刻な精神疾患は、自殺のリスクの増加と関連しています。抗うつ薬を服用している患者の家族や介護者は、患者のうつ症状の悪化、特に気分、行動、思考、または感情の突然の変化を注視する必要があります。これは、抗うつ薬の投与開始時や投与量の変更時に非常に重要です。

Page Top

副作用 anchor.png

トリグリセリドおよびLDL(不良)コレステロールの増加およびHDL(良好)コレステロールの減少
体重増加
起立時にめまぐるしい気分になる
月経不足、乳房の漏れ、肥大または勃起
脱水症状
眠気
動作が遅くなる、筋肉のこわばり、振戦
鼻水、鼻の炎症
吐き気

Page Top

重大な副作用 anchor.png

  • 悪性症候群
    無動緘黙、強度の筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗 等が発現し引き続き発熱がみられる場合がある。
    悪性症候群を発症時には、白血球の増加や血清CKの上昇がみられることが多く、また、ミオグロビン尿を伴う腎機能の低下がみられることがある。なお、高熱が持続し、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎障害へと移行し、死亡することがある。
  • 遅発性ジスキネジア
    長期投与により、口周部等の不随意運動があらわれることがある。
  • 痙攣
    痙攣(強直間代性、部分発作及びミオクローヌス発作等)があらわれることがある。
  • 血糖糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡
    口渇、多飲、多尿、頻尿 等の症状
  • 肺塞栓症、深部静脈血栓症
    息切れ、胸痛、四肢の疼痛、浮腫 等
  • 横紋筋融解症
    筋肉痛、脱力感、CK上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇 等
Page Top

その他の副作用 anchor.png

副作用5%以上1~5%未満1%未満頻度不明
血液及びリンパ系障害--血小板減少、好中球減少貧血
肝臓--ALT上昇、AST上昇、肝機能異常、ビリルビン上昇、肝障害-
腎臓--排尿困難・排尿異常、尿蛋白陽性腎不全
精神・神経系-統合失調症の悪化、不安、傾眠、不眠、頭痛、浮動性めまい精神症状の悪化、易刺激性、激越、攻撃性、リビドー減退、幻覚・妄想、悪夢、鎮静、うつ症状の悪化・抑うつ、自傷行為、自殺念慮、自殺企図失神、パニック発作、突然死、眉間反射異常
錐体外路症状アカシジア(静坐不能)振戦、ジストニア、パーキンソニズム、筋固縮、ジスキネジア運動緩慢、流涎過多、眼球回転発作、構語障害、筋緊張、筋痙縮、落ち着きのなさ、錐体外路障害開口障害、舌痙攣、嚥下障害、斜頚、運動低下
循環器 心臓--心電図異常(QT延長、PR短縮)、房室ブロック、動悸、頻脈、徐脈、血圧上昇脳血管発作、狭心症、起立性低血圧
消化器-悪心、嘔吐、便秘、腹部不快感胃腸障害、口内乾燥、口渇、上腹部痛、腹痛、食欲減退、食欲亢進、消化不良、腹部膨満、胃炎、下痢-
過敏症-そう痒じん麻疹、湿疹、発疹、血管浮腫、顔面腫脹過敏症、咽頭浮腫、舌腫脹
内分泌-プロラクチン上昇甲状腺機能異常(亢進症・低下症)、乳汁分泌、月経異常乳房腫大、乳房痛、勃起不全
その他体重増加体重減少、多汗、熱感、発熱、脱力、疲労、CK上昇、筋力低下、筋骨格硬直、胸内苦悶感・胸部圧迫感、疼痛、背部痛、耐糖能異常(血糖上昇、HbA1c 上昇、尿糖陽性)、脂質異常症、多飲症、摂食障害症状(拒食・過食)、咳嗽、鼻咽頭炎、アレルギー性鼻炎、色素沈着、脱毛、霧視、回転性めまい、末梢性浮腫低ナトリウム血症、糖尿病
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1438, today: 1, yesterday: 2
Princeps date: 2017-01-30 (Mon) 12:37:43
Last-modified: 2020-06-05 (Fri) 10:47:15 (JST) (40d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: 肢端紅痛症 なっちゃん 2020/5/26 22:09
  2. Re: 肢端紅痛症 みーと 2020/5/26 17:57
  3. PCR検査を受けられる条件 ゲスト 2020/4/13 17:50
  4. 20年もの間うつ病を治すためにした壮絶な体験談をブログにまとめ中 placeboy 2020/4/8 23:33
  5. 肢端紅痛症 しげちゃん 2020/3/20 16:58

.
スポンサーリンク

治療日記で病気と向き合えるの? iness


オンライン状況
24 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが 医療 薬 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 24

もっと...