Back to page

− Links

 Print 

メロペネム点滴静注用 :: 医療 Wiki

illness:メロペネム点滴静注用

Table of contents
  • メロペネム水和物
    • 作用と効果
    • 用法・用量
    • 生活上の注意
    • 副作用
      • 重大な副作用
      • その他の副作用

メロペネム水和物 anchor.png[1]

カルバペネム系抗生物質製剤

  • メロペネム点滴静注用 (製薬会社:ファイザー株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png[2]

  • 一般感染症
    • 適応菌種
      メロペネムに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎[3]球菌、腸球菌属、髄膜炎[4]菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、大腸菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、プロビデンシア属、インフルエンザ菌、シュードモナス属、緑膿菌、バークホルデリア・セパシア、バクテロイデス属、プレボテラ属
    • 適応症
      敗血症[5]、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、肛門周囲膿瘍、骨髄炎[6]、関節炎、扁桃炎(扁桃周囲膿瘍を含む)、肺炎[3]、肺膿瘍、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染、複雑性膀胱炎、腎盂腎炎、腹膜炎、胆嚢炎、胆管炎、肝膿瘍、子宮内感染、子宮付属器炎、子宮旁結合織炎、化膿性髄膜炎[4]、眼内炎(全眼球炎を含む)、中耳炎、副鼻腔炎、顎骨周辺の蜂巣炎、顎炎
  • 発熱性好中球減少症
Page Top

用法・用量 anchor.png[7]

  • 一般感染症
    • 化膿性髄膜炎[4]以外の一般感染症
      通常、成人にはメロペネムとして、1日0.5〜1g(力価)を2〜3回に分割し、30分以上かけて点滴静注する。なお、年齢・症状に応じて適宜増減するが、重症・難治性感染症には、1回1g(力価)を上限として、1日3g(力価)まで増量することができる。
      通常、小児にはメロペネムとして、1日30〜60mg(力価)/kgを3回に分割し、30分以上かけて点滴静注する。なお、年齢・症状に応じて適宜増減するが、重症・難治性感染症には、1日120mg(力価)/kgまで増量することができる。ただし、成人における1日最大用量3g(力価)を超えないこととする。
    • 化膿性髄膜炎[4]
      通常、成人にはメロペネムとして、1日6g(力価)を3回に分割し、30分以上かけて点滴静注する。なお、年齢・症状に応じて適宜減量する。
      通常、小児にはメロペネムとして、1日120mg(力価)/kgを3回に分割し、30分以上かけて点滴静注する。なお、年齢・症状に応じて適宜減量する。ただし、成人における1日用量6g(力価)を超えないこととする。
  • 発熱性好中球減少症
    通常、成人にはメロペネムとして、1日3g(力価)を3回に分割し、30分以上かけて点滴静注する。
    通常、小児にはメロペネムとして、1日120mg(力価)/kgを3回に分割し、30分以上かけて点滴静注する。ただし、成人における1日用量3g(力価)を超えないこととする。
Page Top

生活上の注意 anchor.png[8]

Page Top

副作用 anchor.png[9]

Page Top

重大な副作用 anchor.png[10]

  • ショック、アナフィラキシー
    観察を十分に行い、呼吸困難、不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴、発汗、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹 等
  • 急性腎不全等の重篤な腎障害
  • 劇症肝炎、肝機能障害、黄疸
  • 偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎
    腹痛、頻回の下痢
  • 間質性肺炎[11]、PIE症候群
    発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常、好酸球増多 等
  • 痙攣、意識障害等の中枢神経症状
  • 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)
  • 汎血球減少、無顆粒球症、溶血性貧血[12]、白血球減少、血小板減少
  • 血栓性静脈炎
Page Top

その他の副作用 anchor.png[13]

副作用5%以上1~5%未満1%未満頻度不明
血液及びリンパ系障害---顆粒球減少、好酸球増多、血小板減少又は増多、赤血球減少、ヘモグロビンの減少、好塩基球増多、リンパ球増多、好中球増多、単球増多、ヘマトクリット[14]の減少、異型リンパ球出現
肝臓---AST(GOT)、ALT(GPT)、LDH、ALP、LAP、γ-GTP[15]、ビリルビン、尿ウロビリノーゲン[16]の上昇、黄疸、コリンエステラーゼ[17]低下
肝胆道系
腎臓---BUN、クレアチニン[18]の上昇、尿中β2-マイクログロブリンの上昇、尿蛋白陽性
泌尿器
生殖系及び乳房
精神系
神経系
感覚器
錐体外路症状
循環器 心臓
血管
呼吸器
消化器---下痢、嘔気、嘔吐、腹痛、食欲不振
菌交代症---口内炎、カンジダ症
ビタミン欠乏症---ビタミンK欠乏症状(低プロトロンビン血症、出血傾向等)、ビタミンB群欠乏症状(舌炎、口内炎、食欲不振、神経炎等)
皮膚・皮下組織系
過敏症---発疹、発熱、蕁麻疹、紅斑、そう痒、発赤、熱感
下垂体[19]・副腎皮質系
免疫系
代謝及び栄養
内分泌
筋骨格系及び結合組織障害
全身
感染症
投与部位
抵抗機構
その他---血清カリウム上昇、頭痛、倦怠感、不穏、血清ナトリウム低下、血清カリウム低下、CK(CPK)上昇、トリグリセリド増加、胸部不快感、血中尿酸[20]減少又は増加、注射部位反応(炎症、疼痛、硬結等)、ミオクローヌス、せん妄
臨床検査

Last-modified: 2018-04-06 (Fri) 17:46:19 (JST) (1588d) by kondo