Back to page

− Links

 Print 

ホジキン病 :: 医療 Wiki

illness:ホジキン病

Table of contents
  • 概要
    • 原因
    • 症状
    • 治療法

概要 anchor.png[1]

米国では、毎年新たに約8000人がホジキン病を発症します。 ホジキン病は女性よりも男性に多く、女性2人に対して男性3人の割合でみられます。
10歳以下の小児にみられることはめったになく、15〜34歳と60歳以上の人に最も多くみられます。

Page Top

原因 anchor.png[2]

ホジキン病の原因はわかっていません。
しかし、一部のホジキン病については、エプスタインーバー(EB)ウイルスへの感染によってBリンパ球[3]が癌化し、リード‐シュテルンベルク細胞に転化することを示す有力な証拠があります。 家族にホジキン病の人が複数出る場合もありますが、伝染性ではないと考えられています。

Page Top

症状 anchor.png[4]

ホジキン病では、1か所または複数のリンパ節が腫れて大きくなります。
最もよくみられるのは首のリンパ節の腫れですが、わきの下や足の付け根のリンパ節が腫れることもあります。
痛みはないのが普通ですが、大量の飲酒後に腫大したリンパ節が数時間痛むこともあります。 人によっては、発熱、寝汗、体重減少、かゆみ、疲労などがみられることもあります。
ペル‐エブスタイン熱(数日間の高熱と、数日から数週間の平熱または平熱以下の体温を繰り返す異常な体温パターン)がみられる場合もあります。

Page Top

anchor.png[5]

Page Top

治療法 anchor.png[6]


Last-modified: 2013-05-01 (Wed) 14:29:58 (JST) (2913d) by kondo