.
スポンサーリンク

PH4処理酸性人免疫グロブリン anchor.png

血漿分画製剤(皮下注用人免疫グロブリン製剤)

  • ハイゼントラ皮下注 (製薬会社:CSLベーリング株式会社)
Page Top

作用と効果 anchor.png

  • 無又は低ガンマグロブリン血症
  • 慢性炎症性脱髄性多発根神経炎の運動機能低下の進行抑制(筋力低下の改善が認められた場合)
Page Top

用法・用量 anchor.png

  • 無又は低ガンマグロブリン血症
    通常、人免疫グロブリンGとして50~200mg(0.25〜1mL)/kg体重を週1回皮下投与する。なお、患者の状態に応じて、1週あたりの投与量及び投与回数は適宜増減する。
  • 慢性炎症性脱髄性多発根神経炎の運動機能低下の進行抑制(筋力低下の改善が認められた場合)
    通常、成人には人免疫グロブリンGとして1週あたり200mg(1mL)/kg体重を1日又は連続する2日で分割して皮下投与するが、患者の状態に応じて、最大400mg(2mL)/kg体重から投与を開始することもできる。なお、維持用量は200〜400mg/kg体重で適宜増減する。
Page Top

生活上の注意 anchor.png

Page Top

副作用 anchor.png

主な副作用は、注射部位の局所反応

Page Top

重大な副作用 anchor.png

  • アナフィラキシー反応
    びまん性紅斑を伴う全身潮紅、胸部不快感、頻脈、低血圧、喘鳴、喘息、呼吸困難、チアノーゼ 等
  • 無菌性髄膜炎症候群
    無菌性髄膜炎(項部硬直、頭痛、発熱、羞明、悪心、嘔吐等)があらわれることがある。
  • 血栓塞栓症
    脳梗塞、心筋梗塞、肺塞栓症、深部静脈血栓症等の血栓塞栓症があらわれることがある。
    中枢神経症状(めまい、意識障害、四肢麻痺等)、胸痛、突然の呼吸困難、息切れ、下肢の疼痛・浮腫 等
スポンサーリンク

お気軽に投稿してください。一言でもどうぞ。病気の治療、薬のことなど。

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 93, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2019-04-06 (Sat) 22:34:51
Last-modified: 2019-04-06 (Sat) 22:34:51 (JST) (168d) by kondo
サイト内検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

フォーラム 投稿一覧
  1. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/14 13:08
  2. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/9/5 7:57
  3. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/8/25 10:12
  4. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/8/23 0:06
  5. Re: レルミナ錠 ゲスト 2019/7/31 15:20

.
スポンサーリンク

通院日記を書いて病気と向き合えるの?iness


オンライン状況
19 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが 医療 Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...